2011/10/22

Sakura Sakura Encore / 被災ピアノ復活コンサート



Damaged Bösendorfer Revival Concert - Japan Ganbarou
Piano jazz cafe in Miyako, Iwate Prefecture of victims in the earthquake tsunami East, was revived after the restoration work at the music store in Takasaki. Two days before homecoming concert revival was held at City Welfare Center, and Mr. Shigeki Horiuchi, owner, 230 people watched Takasaki citizens, and change the sound rang before the earthquake
The concert was played by Mr. Hideaki Koga cooperation and pianist who lives in Takasaki, Mayumi Sawada. Mr. Sawada, the music of Schubert and Chopin, Mr. Koga will improvise original music and "Desert Moon" showed a jazz arrangements. Mr. Horiuchi clog voice while wearing a water recall the piano, "but I thought it sounds bad back again, nice of you to open up the concert. Gunma everyone, please come to us Iwate shop" and said. The damaged piano, Bösendorfer was produced in Vienna in 1939. No damage to key parts immersed in water. Horiuchi's house was also destroyed. To encourage him to undertake the repairs for free piano technician Gunma Plaza purchase and resurrected.
Mr. Horiuchi has left the city of Miyako, Morioka resume at the store. The piano returns to Iwate on June 5, which is scheduled to live in the local reconstruction. ( From Jomo-Newspaper, August 3,2011)

●被災ピアノ復活演奏会【がんばろう日本・群馬発】
 東日本大震災で津波被害に遭った岩手県宮古市のジャズ喫茶のピアノが、高崎市の楽器店での修復作業を終えて復活した。里帰り前の復活コンサートが2日、市総合福祉センターで行われ、オーナーの堀内繁喜さんや、高崎市民ら230人が見守る中、震災前と変わらない音色を響き渡った
 コンサートは高崎在住のピアニストの沢田まゆみさんと甲賀英明さんが演奏協力した。沢田さんは、シューベルトとショパンの楽曲、甲賀さんはオリジナル曲の即興演奏や「月の砂漠」のジャズアレンジを披露した。

 堀内さんは海水をかぶったピアノを思い出して声を詰まらせながら、「もう駄目かと思ったけれど音が戻り、コンサートまで開いてもらえてうれしい。群馬の皆さん、ぜひ岩手の店に来てください」と語った。
 被災したピアノは、1939年にウィーンで製造されたベーゼンドルファー。鍵盤まで海水に漬かって部品も損傷。堀内さんの自宅も全壊した。彼を励ますために、購入元のピアノプラザ群馬の技術者が無償で修復を引き受け、復活を遂げた。
 堀内さんは宮古市を離れ、盛岡市で店を再開。ピアノは5日に岩手へ戻り、地元での復興ライブが予定されている。   (2011年8月3日 上毛新聞ニュースより引用)

http://www.47news.jp/localnews/gunma/2011/08/post_20110803084539.html