2011/11/10

Keith Jarrett Fake Piano Improvisation when I was 28 years old


This piano solo improvisation was played when I was 28 years old. (July 21, 1985)
Whopping 26 years ago!  At that time, I had had Keith Jarette strongly influenced.
At the end of this song  The explosive part is worth listening to now be moved
I am a weekend amateur musician.
Blessed with a musical partner for many, many more opportunities to play the piano here, I think it was well past the piano at age 50.
However, playing this 26 years ago, no doubt, I think it's something straight.

Keith Jarrett fake piano solo improvisation  at Jazz House " Swing " Takasaki, Gunma. Japan
Piano Solo : Hideaki Kohga

この演奏は” 真田バンド”のライブの途中で行ったものです。このピアノソロ即興は私が28歳の時でした。高崎の今はない" Swing "での演奏です。おそろしいことに26年前のもの。当時私は(現在もそうですが)キースジャレットに心底傾倒していました。右手に高崎ケイノートのマスターが座っています。(ケイノートのマスターは真田バンドで一緒に演奏していました。
とてもストレートな演奏で、最後の爆発的な部分は現在聞いても2度とできません。(苦笑) 反復練習を行ってできるものではなく、その時の会場の雰囲気、体調、気分が影響してで発生する音楽です。この当時は私は結婚直後、埼玉がんセンター勤務のころでした。

キースジャレット" もどき"のピアノソロ即興 高崎/スイング 1985年7月21日