2017/06/06

壊れたスクリャービン



 この演奏は2017年5月20日に開催された「クラシックピアノのサークルの会における即興である。会の名前は「第四回Opusぐんま」という。前代の上州音楽会は20回開催されたが、主催者が変わり会のタイトルも変更となった。私が最初に参加したのは2010年からであるが、それ以来、ソロピアノの即興を、「良いピアノ」と「良いホール」で弾くことにはまっている。即興は消耗が激しく、それ以前はソロの即興は2-3年に一度程度であった。

即興前 舞台の袖で

 このスタインウエイのセミコンは比較的相性は良い。そしてこのホールは即興を演奏する上でこの辺りで一番好きな場所のはず。
 少なくとも、最初の一音とモチーフだけは考えておかないといけない。
あまり考え過ぎは禁物。長7度の不協和音から始めることにする。先の展開は考えない。
その後は出た音と、指先と、ピアノに任せる。別に○○風は意識しないでしばらく疾走しよう。
 以前に時計を見ながら演奏して「墜落してしまった」ことがあった。それ以来時計は見ないようにしている。今回は12分間の申告であったが、自身の体内時計に頼るしかない。この時計はピアノと気が合うと速く進み、ピアノと気が合わないと進みが遅くなる問題がある。

即興中

 次第に調子が上がって来る。お、いつもと違う、三連が左手と右手で対立するパターンになっている。
 調子が良い時の例によって、指とピアノが勝手に弾いている感覚になる。音がどんどん湧いて来る。2-3メートル後方から私の指とピアノが勝手に弾いているところを俯瞰している感覚である。頭はあまり使っていない。使っているとすれば、場面のチェンジのところぐらいである。

 あっと言う間に終わってしまった。とても楽しい時間。ピアノとホールとスタッフに感謝します。


演奏のあとで

 申請12分間のところ後で計測してみると、15分を超過していた。あれ?体感12分間だったのに。演奏を振り返ってみると、自分では全く意識していないが、ルートの音が一度ずつ上がったり下がったりしていることに今頃気づく。Ⅱ-Ⅴはほとんど使っていない。一つの与えられたコードに対してその次のコードとなる解は数通りしかない。
途中の調性がよくわからない。3拍子と4拍子を往復する。というか、12拍子か?

ピアノとの相性

 色々なホールのピアノが弾くことができるのがこのサークルの醍醐味である。ピアノによっては意図と指が解離し、空回りすることがある。高崎近辺で苦手なピアノは高崎シンフォニーホールのベーゼンドルファー、夢スタジオのベーゼンドルファーである。前者は問題外。後者は墜落させられたトラウマがある。ベーゼンドルファーが苦手なのかというと、高崎シティギャラリーのベーゼンは相性は悪くない。前橋市民文化会館のスタインウエイは意図が伝わりやすい 夢スタジオの1923年生まれのベヒシュタイン婆さんから出る音は嫌いではないがタッチが微妙。ピアノとホールと私の相性の問題は重要。

即興について

 他人の即興を聞くにはたいてい退屈なものである。原因は左手のコードパターンが2コードまたが4コードに固定されていることによる。極力左手のパターンのバリエーションは自然にでて来るようにする必要がある。
 即興について聞かれることがよくある。即興といっても自分の持っている引出し、部品以外は出て来ない。色々な部品、音楽経験が大切と答えることにしている。もちろん私の場合高校生の時に聞いたKeith JarrettのSolo Concertが原点である。偽物キースが最近壊れたスクリャービンになりつつある。

いただいたコメント

○こっそりopasぐんまを聞きに行かせて頂きました。感動しましたので、この場でちょいと。最初の出だしは、私の好きなバルトークを感じる雰囲気からおー、すごーうい。そして、あの可愛らしい手からなんと、細やかなフレーズ。これまた、おー なんで、あんなに出るんだあ。と、お仕事忙しいのにすごーいなあと。感動しました。以上。大変おこがましいですが。聞きに行かせて行って良かったと。

○9回の心の迷いを感じただけです。とても感動的な演奏です。


○Pretty wonderful!!


Wow, master class performance! Very impressive!


○This is outstanding Hideaki, bravo!!!!


○Superb


○Wow, Great work!


○Bravo Hideaki!!!

---------------------------------------------------------------------------------
 This performance is an improvisation at the circle meeting of the classical piano held on May 20, 2017. The name of the party is "the 4th Opus Gunma". The former Chairman of the Gangsang Concert was held 20 times, but the organizer changed and the title of the meeting changed. I first joined from 2010, but since then I am planning to play improvisation of the solo piano with "good piano" and "good hall". Improvisation was exhausted, and before that time the solo improvisation was about once every two to three years.

Improvisation at the sleeves of the stage before

 Semi-concert Gland Piano of this Steinway is relatively compatible. And this hole should be my favorite place around here to play improvisation.At least, we only have to think about the first sound and motif.  Too much thinking is prohibited. Let's start with a dissonance long 7 degrees. I do not think about the previous deployment.After that, let's leave it to the sound, fingertips, and the piano. Let's run for a while without being conscious of ○ ○ like.
 I was playing while watching the clock before and it sometimes "crashed." I have made sure not to watch the clock since then. This time it was a declaration for 12 minutes, but you have to rely on your own body clock. This watch goes fast as soon as you get in touch with the piano and there is a problem that advance will be delayed if you do not get along with the piano.

During Improvisation

  The tone gradually rises gradually. Unlike usual, triplets are in a pattern that conflicts with left hand and right hand. By the example of good condition, the feeling that the fingers and the piano are playing arbitrarily. Sounds spring up rapidly. It is a sense that I am overlooking the place where my fingers and piano are playing arbitrarily from behind 2-3 meters. I do not use much of my head. If it is using it, it is about the change of the scene.
It ended quite quickly. A very fun time. I appreciate the piano, the hall and the staff.

After the performance

  Applying for 12 minutes later, when we measured it, it exceeded 15 minutes. that? It was a 12-minute experience. Looking back at the performance, I do not recognize myself at all, but now I notice that the sound of the route is rising or decreasing once. I rarely use II-V. There are only a few solutions that become the next code for one given code.
I do not understand the tonality on the way. It makes a round trip between three beat and four beat. Or is it a 12 time signature?

Referring the piano

  The real pleasure of this circle is that I can play the piano of various halls. Depending on the piano, intention and fingers dissociate and may run idle. The piano not good at Takasaki is Besendorfer of Takasaki Symphony Hall and Benzendorfer of Yume Studio. The former is out of the question. The latter has a trauma that was crashed. Whether we are not good at Bösendorfer, Besen of Takasaki City Gallery is not bad for compatibility. The Steinway at Maebashi citizens' cultural hall is an easy-to-transmit intention of a dream studio. Although I do not dislike sounds coming from a 1923 birth-baked Bechstein grandmother, the touch is subtle. The problem of compatibility between piano and hall and me is important.

About improvisation

  It is usually boring to listen to improvisation by others. The reason is that the code pattern of the left hand is fixed to 2 or 4 codes. It is necessary to make variations of the left hand pattern as naturally as possible.
I often hear about improvisation. Even if you say improvisation, we will not come out except drawers and parts that you own. I will say that various parts and music experience are important. Of course, in my case Keith Jarrett 's Solo Concert heard when I was a high school student is the starting point. Fake Keith is becoming a recently broken scuba bin.

Comments received

○ I let you go to listen to the opas umama secretly. I was impressed, so it was a little out of here. The first start is the atmosphere that makes me feel favorite Bartok, it is amazing. And what a lovely phrase from that pretty hand! Again, why are you out so much? Well, I'm busy with work but awesome after that. I was impressed. that's all. I'm pretty obliged. I was glad I let you go and listen.

○ I only felt the 9th heart mind. It is very impressive performance.


○Pretty wonderful!!


Wow, master class performance! Very impressive!


○This is outstanding Hideaki, bravo!!!!


○Superb


○Wow, Great work!


○Bravo Hideaki!!!