2014/08/31

弾き手とピアノの会話 Angst ( Maebashi Tersa Improvisation Part 3 )



2014年7月12日 被災ピアノ復活コンサート (前橋テルサロビー)
Part 3 Angst (Maebashi Tersa Improvisation , July 12, 2014 )
 
 この即興部分は後半の一番調子が上がっていた(らしい)部分である。調律の良いピアノほど所謂不協和音は楽しく美しい。フルコンサートグランドのような豊かな響きとともに、時折頭上から音が降ってくる「不思議な」残響が心地よい。
 
 二分過ぎから1939年製のベーゼンドルファーは私の指に乗り移って暴れ始める。全速力で駆け回りだす。時折大嵐のような不安な中に瞬間瞬間に音が収束して行く。

やがて嵐は去り、次の風景に移って行く。
譜面のない、即興は儚い。動画は即興を「固定」する。

 瞬間瞬間の音に反応しながら進行して行く即興では、常に失速の危険性があり、全体の構成を考え、起承転結を明確にすることは難しい。

増して、時計を見ながらの即興は最も苦手である。
更にバツの悪いことに当日は同じ場所で某研究会があり、職場の仲間に大挙遭遇。
 音楽に仕事を持ち込まない、仕事に音楽を持ち込まないモットーが完全崩壊。

 唯一の救いは滅多に私のピアノを聞きに来ないジャズ嫌い(らしい)超辛口のカミさんがこの部分(だけ)は「良かった」と評していたこと。とても珍しい。

この演奏の解説は文才のある友人のブログで解説されているので、そのリンクを張っておく。
http://blog.goo.ne.jp/eponarink/e/064c8c234e04d53e28bfc303df0f8eb5

ピアノプラザ群馬の技術陣により復活したベーゼンドルファーによるコンサート
http://eustore.jugem.jp/?eid=20


Damaged Bösendorfer Revival Concert
Maebashi Tersa Roby  Part 3 Angst , Piano Solo Improvisation

 This improvisatorial part is the second half which the tune was going up most. ( maybe ), The cacophony of the better piano of tuning is happily more beautiful. The "wonderful" reverberation in which sound comes down from on the head occasionally with rich sound like a full concert ground is comfortable. 

 If it passes over bisection from a performance start, the Bösendorfer made from 1939 will change to my finger, and will begin to riot. It begins to run about at full speed. Sound completes and goes at the moment to uneasy inside occasionally like a terrible storm at a moment. 

 Soon, a storm goes away, and moves and goes to the following scenery. 
Improvisatorial without a musical score is transitory.  An Movie "fixes" improvisatorial. 

 By the improvisatorial music which advances and goes while reacting to an instantaneous sound at the moment, there is always danger of damping. It is difficult to consider the whole composition and to clarify introduction development turn and conclusion. 

 I am poor at performing improvisatorial, looking at a clock. Furthermore, having been troubled has a certain study group at the same place on the day, and it has encountered the friend of a place of work in a body. The motto which does not bring work to music and which does not carry music into work is full collapse. 

 My wife by whom the only help rarely comes to hear my piano commented only this portion "was good." This is a very new thing. 

 Since description of this performance is explained by the blog of my friend with literary talent.