2018/08/04

Chopin Prelude C minor Op.28 - No.20 Jazz Piano Trio くいものや亮トリオ

 ショパンの前奏曲集は 24曲がすべて異なる調性で書かれていますが、これはJ.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集に敬意を表したものといわれています。 ただし曲の配列は異なっており、ハ長調 - イ短調 - ト長調 - ホ短調 …と平行短調を間に挟みながら5度ずつ上がっていくという順序になっています。
 作品28-第20番 ラルゴ、4分の4拍子。コルトーに「葬送」と評されている。単純なコラールの中にショパンらしい半音階的和声の進行があって、興味を惹く作品である。後に、これに基づいて、フェルッチョ・ブゾーニが「ショパンの前奏曲第20番による変奏曲とフーガ」を、セルゲイ・ラフマニノフが「ショパンの主題による変奏曲」を作曲しています。 by Wikipedia 2018-07-31


 この曲のジャズ化を研究中。今回はリハーサル有で更に手を加える。リハで私が出した指示は........ bassへ。テーマはbassでとるととても印象的になる。ピアノアドリブ1-2コーラスは4ビートで刻まないで、上の方で遊んでいてください。ピアノと対等に遊んでいる感じ。 dsへ イントロは苦肉の末。ドラムソロ16小節で 最初はブラシで、途中からガンガンの4beatで。8バース、4バース、2バースまで入ります。むしろ元曲を知らないほうが良いでしょう。最後はritのみ。 
 Pianoの反省 アドリブコードのつながりに難渋しギクシャクしてている。ドラムがステイックに持ち替えてから持ち直す。でも面白かった。  
 平成30年7月8日 高崎/くいものや亮 甲賀英明(p)、坂井康良(b)、小川由紀夫(ds)  
 
 Chopin's prelude collection contains 24 songs with different tonality, but this is said to pay tribute to JS Bach's average class Clavier collection. However, the arrangement of the songs is different, and it is in the order that it goes up by 5 degrees while sandwiching C major minus a minor g major minus h major ... and so on.  
 Op 28 - No. 20 Largo, four quarters of a beat. It is described as "funeral" in Colto. In the simple chorale, Chopin's prominent chromatic harmony progresses, and it is an interesting work. Later on, based on this, Ferrucio Buzoni composes "Chopin's Prelude 20th Variation with Fugue", Sergei Rachmaninoff "Composition Variations by Chopin's Theme". by Wikipedia 2018-07-39 I'm getting into trouble with the connection of this song, ad lib code which is studying jazz here.

 I am studying jazz conversion of this song. This time with rehearsal, we will make more work. Instructions I issued at rehears ........ to bass. The theme is very impressive when taken with bass. Piano ad lib 1-2 Do not carve the chorus with 4 beats, please play on the upper side. Feeling playing equal with the piano. The introduction to ds is the end of the meat. In 16 bars of drum solo, with a brush at the beginning, with 4 beat of gangan from the middle. We will enter 8 berths, 4 berths and 2 bars. Rather it is better not to know the original song. The last is rit only. Piano's reflections It is difficult to connect with the ad lib code, and it is tough. Recover from the drum after switching to the stick. But it was fun.

 July 8, 2018. Takasaki / Kuimonoya  Ryo   Hideaki Kohga (p), Yasuo Sakai (b), Yukio Ogawa (ds)

2018/07/29

A Love Supreme Part 1〜4 全楽章演奏 森村恭一郎カルテット

■アルバム 至上の愛について     
 J Coltraneは1926年生まれ、Miles Davisと同年生まれである。(ちなみに私の父も大正元年生まれで同級であるが)要するに私の親父世代。
 人の3倍ぐらいで疾走し、1967年7月17日に肝臓癌で40歳の若さで亡くなった。本年で没後51年になる。
 至上の愛は1964年12月9日の録音、リリースは1965年である。以下Wikipediaから引用する。

 コルトレーンが神に捧げた、全4パート構成による組曲のアルバム。作曲に当たって、カバラの書物の影響を受けたという。異なるリズムを並走させるポリリズムはメロディーと和音、音階を軸とする西洋音楽ではなく、インドやアフリカといった地域の他にはないリズムから大きく影響を受けたと言われている。レギュラー・カルテットの渾身の演奏が高く評価された。本作でひとつの境地に達したコルトレーンは、その後より先鋭的でアバンギャルドなフリー・ジャズの領域に挑戦することとなる。 by Wikipedia 2018.07.29


■初体験


時は今から41年前 私は大学1年生に入ってジャズをやりたい思っていた矢先、赤城山のPEPEというレストランに森村恭一郎カルテットの演奏を聞きに行った。
演奏は森村恭一郎先生(ts)、森村哲也(ds)、牧野元昭(g) 渡辺好造(b)

https://ja.wikipedia.org/wiki/牧野元昭
この時に10年に一度レベルの音楽的ショックを受けた 以来「いつかこのバンドでやりたい」が私の一つの目標となった。
同じ大学の先輩で主席卒業という相澤さんの存在を知ったのもこの時である。
ジャズも勉強も頑張らねば、と10代の私は純粋に思いました。

■至上の愛

今回は12回目の参加となる。それなり「理解は進む」はずなのであるが、かえって遠ざかる不思議な曲
森村先生がいつも渾身の集客で当日41名の入りでした。
始まる前から呪いがかかったような異様な雰囲気。

最近は他Musicianの演奏は皆なぜか気に入らない。本家のみを聞いている。

明るいというか雰囲気が違いすぎる。

至上の愛を第四楽章まで全曲は大変にきつい。 

個人的に大尊敬している森村大先生と演奏する僥倖。 
音楽的に尊敬する仲間と共演できる喜び。 

林氏の素晴らしいドラミングでまた解釈が変わってくる。演奏はマッコイが酔っぱらっていましたが。 

しかし、もう少しピアノがうまくなりたい。 頭を冷やして反省。

師匠のレッスンに持って行き復習した。
ちょっとアドバイスをもらって反省。来年忘れないように。
次の本番は一年後のはず。
現在の心境は、一週間の試験が終わって、夏休みになって気抜け(苦笑)。 

About " A Love Supreme "

 J Coltrane was born in 1926, born the same year as Miles Davis. (By the way my father was also the same class as I was born in Taisho Era in the first year.) In short it is my father generation.
He sprinted about three times as many people as he died, and on July 17, 1967 he died of liver cancer at the age of 40. It is 51 years after death this year.The supreme love is the recording release on December 9, 1964 is 1965. Below is quoted from Wikipedia.
 An album of suite for all four parts composed by Coltrane dedicated to God. It was said that he was influenced by Kabbala's books when composing. It is said that poly rhythms that run different rhythms in parallel are influenced largely by rhythms other than melody, chords, Western music centered on the scale, other than in regions such as India and Africa. The performance of the whole body of the regular quartet was highly appreciated. Coltrane who reached one point in this work will challenge the area of ​​more acute and avant-garde free jazz afterwards. By Wikipedia 2018.07.29

First experience
 Sometimes 41 years ago I went to a university first grader and I wanted to do jazz and I went to ask the play of Morimura Kyoichiro Quartet in a restaurant named PEPE at Akagiyama.
Mr. Kyoichiro Morimura (ts), Tetsuya Morimura (ds), Masaaki Makino (g) Kazuzo Watanabe (b)
https://en.wikipedia.org/wiki/Makino Motohisa
Ever since I received a level musical shock every ten years at this time "I want to do it in this band someday" became one of my goals.
It was also this time that I learned that Aizawa-san was a senior at the same university and graduated from the main level.
I purely thought that jazz and study should do their best.

The supreme love
 This time will be the 12th participation. As it is, "understanding is going forward" should be, but it is rather a mysterious song that goes away
Professor Morimura was always attracted by the whole body and 41 people came on the day.
An unusual atmosphere like a curse that started before it started.
 Recently other musician 's performance somehow does not like somehow. I heard only the original family.It is bright or the atmosphere is too different.The supreme love to the fourth movement All songs are very tight.
Mr. Morimura, who is highly respected personally, is a cheerleader who plays music.
A pleasure to play with musically respected fellows.
Mr. Hayashi 's wonderful drumming also changes interpretation.
McCoy was drunk in the performance.
 However, I want to improve the piano a little more. I chill down my head and reflect on.
I brought it to the teacher 's lesson and reviewed.
I got a little advice and reflected. Do not forget next year.
The next production should be after one year.
The current feeling is endless after the exam of one week is over, summer holidays are coming up

2018年8月〜9月のSchedule

高崎ケイノートの壁面
 8.11(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #159 Guest : 小林里枝(alto sax) 
甲賀英明(p)、甘粕はるみ(b)、金沢洋幸(ds) 
Part 1 Guest Session Part 2はJamSession
大学生以下ドリンク代のみ

8.12(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musicians Club #130
 Guest: 小林啓一(vib)
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

8.18(土)1900 榛東村/主音求Ⅱ
 Jam Session 渡辺好造(b), 甲賀英明(p)

8.25(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Jazz Session
 天田隆(b), 小池俊明(ts), 甲賀英明(p), 斉藤忠男(ds)

9.1(日)1500 高崎城山地区夏祭り
くいものや亮Musicians Club
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、小川由紀夫(ds)

9.1 (日)2100 高崎/Red Lion (Closed)
 相澤先生とのセッション

9.8(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #160 Guest : 阿久津安永(ts)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみでOK

9.17(月祭)1500 高崎/ケイノート 
 Holiday Afternoon Session #4
 host : 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

9.22(土)2000 足利/屋根裏
 Night JamSession
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

9.23(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musicians Club #129
 Guest : 未定
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)
 終了後Sessionあり

9.30(日)15時ごろ 前橋/中央通り
 前橋/風のまち音楽祭
 小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃(ds)

2018/07/08

2018年7月〜8月のスケジュール

沼田祭り(2000年)

7.8(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #129
 Guest: 吉野かずみ(vo)
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

7.14(土)1930 高崎/ケイノート 
 K Note Jazz Project #158 Guest : 大井悠平(trombone)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃頌(ds)  
 Part 1 JamSession Part 2はJamSession

7.16(月祭)1500 高崎/ケイノート
 K Note Holiday Afternoon Session #3
 Host: 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

7.17(火)1930 高崎/ケイノート
 J Coltrane追悼コンサート 「A love Supreme」全楽章演奏
 森村恭一郎(ts)、甲賀英明(p)、林伸一郎(ds)、渡辺好造(b)、森村晃大(g)

7.28(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)
------------------------------------------------------------------------------------------------ 8.11(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #159 Guest : 小林里枝(alto sax)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、金沢洋幸(ds)  
 Part 1 JamSession Part 2はJamSession

8.12(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #129
 Guest: 小林啓一(vib)
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

8.18(土)1900 榛東村/主音求Ⅱ
 Jam Session 渡辺好造(b), 甲賀英明(p)

8.25(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Jazz
 天田隆(b), 小池俊明(ts), 甲賀英明(p), 富永究理(ds)

2018/06/30

Chopin Jazz

YouTubeで" Chopin Jazz "で検索すると
 山のように動画が出て来るのですが、聞いて見るとsolo pianoのなんちゃってJazz 風のものが多い。そこで 今度は" Chopin Jazz Piano Trio"で検索をしてみると。。。。
https://www.youtube.com/results?search_query=Chopin+Jazz+Piano+Trio
あれれ?トップに自分の動画がでてきた。

 ベース+ドラムのフォーマットできちんとジャズ化するにはリズムの問題が壁となる。アドリブがきちんと展開できるリズムにするのはなかなか難しい。

Chopin を多く取り上げているMusician
 Peter Beets 、サカモトテル大先生, European Jazz Trio, Eugen Cicero 大御所がたくさんいまして 私なんぞおこがましいのですが、皆アプローチの仕方が違うのが興味深い。




Chopin Prelude C Minor Op28-No.20 
ベースのリフが印象的です。
私のアプローチはショパンの曲をコード化し、ジャズの言語とすること、そして 4beatのジャズとして再構築すること。ベートベンのジャズ化も同じ傾向になるが、分数コードが多くなってしまう。さらにフェイクしないこと。これは格好が悪いと思っている。
 ピアノが頑張りすぎて他の楽器とのバランスが悪い演奏が多いように思います。

実はこの曲幼少時に弾いていない。印象の薄い曲であるが、他の人があまり演奏していないところがツボである。唯一、Pascal Wintz版は参考にはしたが、あくまでもアドリブとその展開(再構築)が勝負と思っている。


  When you search on "Chopin Jazz" on YouTube. There are plenty of movies coming in like a mountain fine, as I heard it seems that there are many Jazz-style things by solo piano. So searching for "Chopin Jazz Piano Trio"
 https://www.youtube.com/results search_query=Chopin+Jazz+Piano+Trio 
 I am surprised to find my own video on top.

  The problem of rhythm is definitely a barrier to properly jazzing in the base + drum format. It is quite difficult to make a rhythm where ad libs can develop properly.

  Musician with many Chopin
Peter Beets, Professor Sakamoto Tel, European Jazz Trio, Eugen Cicero There are lots of big places and I'm restricted, but it is interesting that everyone's approach is different.  My approach is to encode Chopin's songs and make it a jazz language, (which is commonplace) and rebuild it as a 4 beat jazz. It seems to be the case with Beatben, but the fraction code will inevitably increase. Also, do not fake. This is bad-looking

  Actually this song I do not remember when I was young. Although it is a song with a light impression, the key point is that the other person does not play much. Although I refer to Pascal Wintz version as the only one, I think that ad lib and its deployment is a game to the last.

2018/06/03

2018年6月〜7月のスケジュール


40チャンネル ミキサー@N氏

6/3(日)1400 前橋/ 群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会(Closed)
 医学部刀城会館

6/9(土)1930 高崎/ケイノート 
 K Note Jazz Project #157 Guest : 小池俊明(ts) 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、大藤将人(ds)
 Part 1 JamSession Part 2はJamSession

6/10(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #128
 年にに一度のNonStandardじゃなくってNeostandard live
 普段ジャズでやらない曲をジャズ化するレギュラーカルテットのみの企画
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

6/16(土)1830、1930  高崎・OPA7階
 KKYトリオ 
 小池俊明(ts) 甲賀英明(key)山中幸一(b)

6/23(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)
-----------------------------------------------------------------------------------
7.8(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #129
 Guest: 吉野かずみ(vo)
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

7.14(土)1930 高崎/ケイノート 
 K Note Jazz Project #158 Guest : 大井悠平(trombone)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃頌(ds)  
 Part 1 JamSession Part 2はJamSession

7.16(月祭)1500 高崎/ケイノート
 K Note Holiday Afternoon Session #3
 Host: 渡部好造(b)、甲賀英明(p)

7.17(火)1930 高崎/ケイノート
 J Coltrane追悼コンサート 「A love Supreme」全楽章演奏
 森村恭一郎(ts)、甲賀英明(p)、林伸一郎(ds)、渡辺好造(b)、森村晃大(g)

7.28(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

2018/05/04

2018年5月〜6月のスケジュール


5/4(木祭)1930 高崎/ケイノート
 高崎経済大モダンジャズ研究会同窓会セッション?
真田秀樹(gt)、松井健(ts)@ケイノート店主、磯金弘(b) @山口在住、佐藤篤(ds)@前橋、甲賀英明(p)

5/12(土) 1930 高崎 / ケイノート 
 ラテン・セッション 
 吉田敦(p)、市島美恵子(tb) 大木悠(timbaless), 渡辺好造(b)  金子智(perc),  甲賀英明(key)  東京よりラテンピアノの名手吉田敦さん&市島美恵子さん(tb),大木悠氏(timbaless)を招いてラテンセッションを行います。ライブの後スタンダード曲もラテンのリズムで料理します。 ケイノート ライブ予定

5/13(日)1830 高崎 / くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 
 Geust : 阿久津安永(ts)
 山崎隆之(ts), 甲賀英明(p),坂井康良(b), 小川由紀夫(ds) 

5/19(土)1300 軽井沢 辻裕亮君と渡邊和子さんの結婚式 (Closed) 

5/26(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session
 渡辺好造(b)、甲賀英明(b)
 https://www.facebook.com/JazzYaneura/


5/27(日)1330〜 前橋中央公民館 げんき21 三階ホール
 ジャズを聞こう会「ジャズ・ライブ」Kazu Sekine+甲賀英明グループ
 Kazu Sekine(Vo)小池俊明(Sax)甲賀英明(Pf)山中幸一(b)豊田勝己(ds)
 広報まえばし(5月1日号)掲載 入場整理券必要で中央公民館で配布中
 入場無料 一般先着400名 前橋中央公民館 027-210-2199

6/3(日)群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会 (Closed)
 医学部刀城会館

6/9(土)1930 高崎/ケイノート 
 K Note Jazz Project #157 Guest : 小池俊明(ts)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、大藤将人(ds)
 Part 1 JamSession Part 2はJamSession

6/10(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #128
 年にに一度のNonStandardじゃなくってNeostandard live
 普段ジャズでやらない曲をジャズ化するレギュラーカルテットのみの企画
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)

6/16(土)1830、1930  高崎・OPA7階
 KKYトリオ 
 小池俊明(ts) 甲賀英明(key)山中幸一(b)

6/30(日)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

2018/03/29

2018年4月〜5月のスケジュール

富岡 県立自然史博物館
4.7(土)1200〜 藤岡/キッチン楓
 Kazu Sekine(vo), 甲賀英明(key)、山中幸一(b)

4.8(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 
 Geust : 宮原美絵(vo)
 山崎隆之(ts), 甲賀英明(p),坂井康良(b), 小川由紀夫(ds) 

4.14(土)1930 高崎/ケイノート  K Note Jazz Project #156
Guest : 花園ジョニー ( harmonica )
甲賀英明(p)、山中幸一(b) 、山上信樹(ds)
Part 1 Guest Session  Part 2 Jam Session  

4.15(日) 1330  高崎/創価学会高崎平和会館 (CLosed)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)  富永究理(ds) 

4.15(日)1500-  熊谷/スペース1927 
 JamSession , Host : 渡辺好造(b)、甲賀英明
 https://ameblo.jp/space1497/

4.21(土) 11301700 前橋市民文化会館 昌賢学園前橋ホール 
 第6Opus ぐんま https://eventon.jp/10661/
 Piano Solo Improvisation  ここのSteinwayは相性が良い

4.28(土)2000-2300 足利/屋根裏 Nihjt Jam Session
 ホスト:渡辺好造(b)甲賀英明(p)
 https://www.facebook.com/JazzYaneura/
 http://www.ekip.net/yaneura/index1.html

4/30(月祭)1500-1800 高崎/ケイノート ケイノート Holiday Session
 ホスト:渡辺好造(b)、甲賀英明
 2018年からの企画です。ケイノート祭日午後セッション。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5/12(土) 1930 高崎 / ケイノート 
 ラテン・セッション 詳細未定
 吉田敦(p)、市島美恵子(tb) 渡辺好造(b)  金子智(perc),  甲賀英明(key)   
5/13(日)1830 高崎 / くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 
 Geust : 阿久津安永(ts)
 山崎隆之(ts), 甲賀英明(p),坂井康良(b), 小川由紀夫(ds) 
 After Sessionあり
 https://www.facebook.com/KRMCforJAZZ/

5/26(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session