2014/09/02

2014年9月〜10月のスケジュール

碓氷湖
●ライブ
○リハーサル、レッスン

○9/13(土)1300-1600 榛東/主音求2
 音楽探険隊公開リハーサル 見学歓迎

●9/13(土)1930〜 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project No.114  Live & Jam
K Note Jazz Project
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、岩本次郎(dr)
Part 1 Guest Session :  鈴木拓(As)
Part 2 Jam Session
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

●9/14(土)1400〜 前橋/関口梨勝園  
第13回関口梨勝園Jazz&Blues Festival
1400 甲賀英明(p) 小林里枝(as)、柿沼翔太(b)、荒井雅子(d)、レミン(vo)
1450 サラレクター(vo,g)
1530 奥平真吾(d)Quartet Session 山田穣(sax)、古木圭祐(b)、堀秀彰(p)
1730 Big Jam Session 梨園スーパースターズ参加自由

●9.15 (月祭)1830〜 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(b)
 Guest :細井徳太郎(g)@群大ジャズ研

●9/27(土)2000〜 高崎/ Jazz Pierrot Pierrot Session
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●10.5(日)1300〜 高崎/さやモール 高崎Street Live , Jazz 部門
 くいものや亮Musician`s Club
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(b)
 KRMC オリジナルアレンジ Neo-Standard
 
○10.6(月)2200 前橋/Yume Studio
 福田重男レッスン

●10.11(土)1930〜 高崎/ケイノート K Note Jazz Project, Live & Jam
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、斉藤忠男(dr)
Part 1 Guest Session :  円藤悠野(As, Vib,G)@小諸
Part 2 Jam Session

●10.12(日)1830〜 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(b)
 Guest : 本間正晃(ts)@金沢

●10.19(日)    上里/ウニクス Farmer`s Market and Jazz
 Music Exploration Company 【音楽探険隊】
タイガー小鉄(g)、饗場拓也(as,ss ws)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(d)

●10.25(土)2000〜 高崎/ Jazz Pierrot Pierrot Session
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

2014/08/31

弾き手とピアノの会話 Angst ( Maebashi Tersa Improvisation Part 3 )



2014年7月12日 被災ピアノ復活コンサート (前橋テルサロビー)
Part 3 Angst (Maebashi Tersa Improvisation , July 12, 2014 )
 
 この即興部分は後半の一番調子が上がっていた(らしい)部分である。調律の良いピアノほど所謂不協和音は楽しく美しい。フルコンサートグランドのような豊かな響きとともに、時折頭上から音が降ってくる「不思議な」残響が心地よい。
 
 二分過ぎから1939年製のベーゼンドルファーは私の指に乗り移って暴れ始める。全速力で駆け回りだす。時折大嵐のような不安な中に瞬間瞬間に音が収束して行く。

やがて嵐は去り、次の風景に移って行く。
譜面のない、即興は儚い。動画は即興を「固定」する。

 瞬間瞬間の音に反応しながら進行して行く即興では、常に失速の危険性があり、全体の構成を考え、起承転結を明確にすることは難しい。

増して、時計を見ながらの即興は最も苦手である。
更にバツの悪いことに当日は同じ場所で某研究会があり、職場の仲間に大挙遭遇。
 音楽に仕事を持ち込まない、仕事に音楽を持ち込まないモットーが完全崩壊。

 唯一の救いは滅多に私のピアノを聞きに来ないジャズ嫌い(らしい)超辛口のカミさんがこの部分(だけ)は「良かった」と評していたこと。とても珍しい。

この演奏の解説は文才のある友人のブログで解説されているので、そのリンクを張っておく。
http://blog.goo.ne.jp/eponarink/e/064c8c234e04d53e28bfc303df0f8eb5

ピアノプラザ群馬の技術陣により復活したベーゼンドルファーによるコンサート
http://eustore.jugem.jp/?eid=20


Damaged Bösendorfer Revival Concert
Maebashi Tersa Roby  Part 3 Angst , Piano Solo Improvisation

 This improvisatorial part is the second half which the tune was going up most. ( maybe ), The cacophony of the better piano of tuning is happily more beautiful. The "wonderful" reverberation in which sound comes down from on the head occasionally with rich sound like a full concert ground is comfortable. 

 If it passes over bisection from a performance start, the Bösendorfer made from 1939 will change to my finger, and will begin to riot. It begins to run about at full speed. Sound completes and goes at the moment to uneasy inside occasionally like a terrible storm at a moment. 

 Soon, a storm goes away, and moves and goes to the following scenery. 
Improvisatorial without a musical score is transitory.  An Movie "fixes" improvisatorial. 

 By the improvisatorial music which advances and goes while reacting to an instantaneous sound at the moment, there is always danger of damping. It is difficult to consider the whole composition and to clarify introduction development turn and conclusion. 

 I am poor at performing improvisatorial, looking at a clock. Furthermore, having been troubled has a certain study group at the same place on the day, and it has encountered the friend of a place of work in a body. The motto which does not bring work to music and which does not carry music into work is full collapse. 

 My wife by whom the only help rarely comes to hear my piano commented only this portion "was good." This is a very new thing. 

 Since description of this performance is explained by the blog of my friend with literary talent.









2014/08/06

Color changes in a dazzling spectacle. Damaged Bösendorfer Restoration Concert August 2, 2014.



  This performance is an improvisation in the Damaged Bösendorfer restoration concert by which it was hit by the earthquake disaster held in the Takasaki-shi, Gumma synthesis welfare egg hole on August 2, 2014. I talked with this piano for the first time in three years.
 One after another, color scenery changes only to it being dazzling, and goes as the piano is speaking something. Although the piano had entitled an unstable sound at first, gradually, the dazzling world of rich color is drawn talkatively, and it goes.
 Usually, improvisation comes out only in the range of the technology which self has, and the music which self experienced. If self-analysis of this performance is conducted, a destination exists two to three times to one code. So to speak, it is " chord play" improvisation. A key's converging one on D and another are becoming a triple measure unawares, even if it begins by quadruple measure. This is not conscious of this during a performance.

 この即興演奏は2014年8月2日に群馬県高崎市総合福祉会館たまごホールで開かれた、震災で被災したピアノの修復コンサートでの即興演奏です。私は3年ぶりにこのピアノと会話をしました。
 あたかもピアノが何かを喋っているように次々と色彩風景が目映いばかりに変化して行きます。ピアノは最初は不安定な音を発していたが、次第に饒舌になり、色彩豊かな目映い世界へと変化して行く。

 即興演奏は自身の持っている技術と自身の体験した音楽の範囲でしかoutputできない。
 この演奏を自己解析すると、一つのコードに対して行き先は2−3存在する。そのどちらを選ぶかの繰り返しているに過ぎない。いわば和音進行遊びである。
 そして無意識のうちに様々な癖がでて来る。一つはキーがDに収束すること、もう一つは4拍子で始めてもいつの間にか3拍子になってしまうこと。これは演奏中に意識されない。

2014 年8月2日 被災ピアノ復活コンサート 群馬県高崎市総合福祉会館 たまごホール
演奏 : H. Kohga.

2014/08/03

2014年8月〜9月のスケジュール

復活したベーゼンドルファー


●2014.8.02(土)  1400 高崎/高崎総合福祉会館たまごホール  
被災ベーゼンドルファー復活コンサート2

 出演 甲賀英明(P) 澤田まゆみ(P)

●2014.8.09(土)1930 高崎/ケイノート

 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、水野伸一(d)
 Guest : 小林里枝
 二部ジャムセッション



2014.8.10 (日)1830 高崎/くいものや亮

 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 水野伸一(d)
 Guest : 木村レミン(as)
 終了後セッション


●2014.9.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、岩本次郎(D) Guest : 鈴木拓 二部ジャムセッション

●2014.9.14  1400 前橋/関口梨勝園ジャズフェスティバル
 梨園オールスターズ レミン(vo)、甲賀英明(p)、小林里枝(as)、荒井雅子(d)、柿沼翔太(b)、


2014.9.15(月祭)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d) Guest : 細井徳太郎(g) 終了後セッション

2014.09.27(土)高崎Pierrot 
 小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)富永究理(d)

Improvisatorial Conversation for 14 minutes with Bechstein Full Concert Grand


Eyes, an ear, and a finger carry out shortcut when I am improvising, and I do not consider at all. Is it made into Bechstein whether for me to use a Bösendorfer conversation with Bechstein for 14 minutes, it was wavering.
 However, I listened to the performance of a rich feeling of color of Debussy of Mr. E of the 3 public, and chose Bechstein.
Although it was slightly redundant, it unites with a piano and I fall into a cartridge or the feeling carried out. A fingertip reacts to Bechstein's bright tone and sound is spelled in the state where the head is almost empty. It seems that the old woman of past these 90 years old likes "an easy bright color." This improvisation became contrastive [ the sport-combative system improvisatorial with another Bösendorferr which I flipped ] these two weeks ago.
If a piano changes, improvisatorial will change 180 degrees.
Schedule performance time was exceeded for 2 minutes.
July 27, 2014 The 17th Kamitsuke concert The Maebashi dream studio

まあ、演奏中は目と耳と指がショートカットしているというか。何も考えていない
2014 年7月27日 第17回 上州音楽会 前橋 夢スタジオ
即興 14分間のベヒシュタインとの会話 
ベーゼンドルファーにするか、ベヒシュタインにするか迷っていた。3人前のE君のドビュッシーの色彩感豊かな演奏を聞いてベヒシュタインを選択。やや冗長ながら、ピアノと一体化し、弾かされている感覚に陥る。ベヒシュタインのブライトな音色に、指先が反応し、殆ど頭は空っぽの状態で音が綴られる。この90歳過ぎの婆さんは、「やさしい、明るい色」が好きなようだ。
 この2週間前別のベーゼンドルファーとのの格闘技系即興とは対照的。ピアノが変わると即興も180度変わる。予定2分超過。
演奏 : 甲賀英明

2014/07/22

Acknowledgement, A Love Supreme Part 1. July 17, 2014 , Kyoichiro Morimura Quartet




リーダーの森村先生(ts) の口癖  ”我々は毎年7月17日は Coltraneの追悼コンサートをやらなければならない”という言葉で最初に始まったのは 2006年7月17日でした。
今回は8回目の演奏になります(一回休)。drummerは4人目になりますが、Sax,  Piano、Bassは固定したメンバーでの演奏です。森村先生の危機感迫る、緊張感溢れる演奏は35年前と全く変わらない。

ピアノは相変わらず酔っぱらったマッコイタイナーのようですが、最初のイントロのところで私は既に指がつっておりました。イントロが予想外に長かった。それにしても難しい曲です。

Mr. Morimura, the leader said in this way. " We have to do the mourning concert of John Coltrane on July 17 every year. " It is that I performed " A Love Supreme " first as a mourning concert of John Coltrane on July 17, 2006.  It becomes the 8th trial this time. Mr. Morimura's performance is filled to the urgent feeling of tension.  Although it was a piano like " drunken McCoy"  the finger had already allured me in the place of the first intro. The cause is because the intro was performed for a long time unexpectedly. Even so, it is difficult music. 

July 17, 2014  Takasaki K Note. Gunma, Japan
Kyoichiro Morimura (ts)、Hideaki Kohga (p)、Koichi Yamanaka (b)
Kengo Teshima (dr)

2014/07/17

Reproduction ( Maebashi Tersa Improvisation Part 1 July 12, 2014 )


2014年7月12日 前橋テルサロビーコンサート
このピアノは岩手県宮古市のジャズ喫茶で故本田竹広氏も弾いていたベーゼンドルファーです。2011年3月11日の東日本大震災の津波に襲われ約1メートルの深度ぐらいまで海水をかぶってしまったとのことです。このピアノの修復を依頼されたピアノプラザ群馬のスタッフの熱意で復活コンサートが開かれたのが2011年8月2日 群馬県高崎市の総合福祉会館 たまごホールで開かれた。
http://www.rid2840.jp/ando/archive/disaster23a.pdf
 その時には悲しい音にしか私には聞こえなかったが、今回のメンテナンスで素晴らしい状態に仕上がった。
http://eustore.jugem.jp/?eid=20
小さなベーゼンであるが、もともとの弱音の美しさに加え、フルコンサートグランドのような迫力と響き、そして鍵盤の状態も素晴らしく、まったく別のピアノにReproduction(再生)されていた。
 即興には体調管理と気分と直前1時間半の指慣らしが大切。そして真っ白いキャンバスに向かって無心になるように心がけている。そしてピアノの出た音に反応し音楽が展開する。ピアノとホールと私が噛み合うと勝ってにピアノと指が動き出す感覚に陥る。少なくとも頭で考えていたのではこのような反応系の音楽にはならない。この日は実はまったく指慣らしなしで臨んだのであるが、このピアノは私の指を暴走させた。
 当初、保険としてのケルンコンサートは3分で早々に離脱。ベーゼンドルファーとの会話を楽しんだ。最初の部分(Part 1)は弾いている時には気づかなかったが、私の嫌いな癒し系の音楽になっていた。ベーゼンのせいだ。(笑)しかし、このベーゼンドルファーの本性はとても凶暴であrことがpart 3で暴かれた。私のせいではない。(苦笑)

July 12, 2014  Damaged Bösendorfer Revival Concert

Maebashi Tersa Roby, Maebashi, Gunma.
This piano wore sea water from the tsunami of the Great East Japan Earthquake three years ago.  The reproduction situation of the piano was in the very surprising state. It was begun talkatively to tell this piano.
Although I introduced  " False Köln Concert " , But It has broken away immediately. It was not a problem.
This piano began to tell freely from the middle. A sense of healing music which I hate

2014/07/02

2014年7月〜8月のスケジュール

めがね橋(旧信越本線碓井第三アーチ)

○2014.7.11(金)1900 伊勢崎/蔵
 森村恭一郎カルテット 練習
 至上の愛全曲演奏

●2014.7.12(土) 1230-1330 前橋テルサロビー
 被災ベーゼンドルファー復活コンサート2
    Köln Concert予定 ★追加

●2014.7.12(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 饗場拓也
 二部ジャムセッション
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

2014.7.13 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 堤智恵子(as)
 終了後セッション

●2014.7.17(木)  1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane追悼コンサート 「至上の愛」Part 1〜Part 4  全曲演奏
 森村恭一郎カルテット
 森村恭一郎(ts,ss)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、手嶋健吾(d)
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

○2014.7.18(金)2200 前橋/夢スタジオ
 福田重男ジャズピアノレッスン

●2014.7.26(土)2000 高崎/Pierrot
 小池俊明(ts,as)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)
乱入大歓迎

●2014.7.27(日)午後 前橋/夢スタジオ
 第17回 華麗なる上州音楽会
 ピアノ即興ソロで参戦予定
http://ameblo.jp/joshuongakukai/

○2014.8.02(土)  午後 高崎/高崎総合福祉会館 たまごホール
 被災ベーゼンドルファー復活コンサート2
 出演 甲賀英明(P) 澤田まゆみ(P)

●2014.8.09(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、水野伸一(d)
 Guest : 小林里枝
 二部ジャムセッション
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

2014.8.10 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 水野伸一(d)
 Guest : 木村レミン(as)
 終了後セッション

●2014.8.30(土)2000 高崎/Pierrot
 小池俊明(ts,as)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)
乱入大歓迎


2014/06/08

2014年6月〜7月のスケジュール

高崎シンフォニーホールのベーゼンドルファー
●2014.6.1(日)1400 
前橋/群馬大学医学部刀城会館
 群馬大学医学部Jazz研OB会 (semi-closed)

2014.6.8 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 小泉元樹(ts)
 終了後セッション
https://www.facebook.com/events/846619355366852/?ref_dashboard_filter=upcoming&source=1


●2014.6.14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 洋水(vo)、大森明@東京(as)
 二部ジャムセッション
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

○2014.6.16(月)2200 前橋/夢スタジオ
 福田重男レッスン

●2014.6.28(日)1340 軽井沢/チャーチストリート 銀座テラス
 樫山英人(g)、甲賀英明(p)、柿沼翔太(b)、辻裕亮(d)
 http://www.churchst.jp/

●2014.7.12(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、永究理(d)
 Guest : 饗場拓也
 二部ジャムセッション
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

2014.7.13 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 堤智恵子(as)
 終了後セッション

●2014.7.17(木)  1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane追悼コンサート 「至上の愛」Part 1〜Part 4  全曲演奏
 森村恭一郎カルテット
 森村恭一郎(ts,ss)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、手嶋健吾(d)
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html

●2014.7.26(土)2000 高崎/Pierrot
 小池俊明(ts,as)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)
乱入大歓迎

●2014.7.27(日)午後 前橋/夢スタジオ
 第17回 華麗なる上州音楽会
 ピアノ即興ソロで参戦します。
http://ameblo.jp/joshuongakukai/


2014/05/20

バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」は3小節単位でコードが帰結する構造


2014年5月11日 高崎/くいものや亮

ジャズにした後で原曲を調べてみる
「主よ、人の望みの喜びよ」が含まれる Herz und Mund und Tat und Leben は学生の頃の医学ドイツ語の単語を並べたようなタイトルのカンタータ第147番<心と口と行いと生活で> で、1723年7月2日の礼拝のために書かれている。この時バッハは38歳 タイトルはこの賛美歌の英語訳 " Jesu, The Joy of Man`s Desire "に基づいているが、「主こそわが望み」として教会賛美歌集第29番に収録されている。

8分9拍子の有名な旋律三連音のテーマで、私が馴染んでいるのはマイラ.ヘスによるピアノ編曲版(1920年)であるが、一度聞いたら耳から離れない。
バッハ『主よ人の望みの喜びよ』楽曲分析
http://homepage3.nifty.com/utremi/Records/Records_Writing0112_2.html

さて、原曲をもとにピアノトリオ用に編曲に取りかかる。ジャズ化といってもリハモ(コード変更)という手もあるが、ここでは原曲に忠実に、リズムも忠実にストレートにテーマを演奏することを心がける。

■コード譜に落としてみるとアドリブ困難?
 ベースとドラムにコード譜面を書いてみると、24小節ワンコーラス。いつもの四小節単位で記譜したところ(4小節×6段)4小節単位で帰結してない。このままでは譜面をみてもアドリブがやりにくい。ベートヴェンに似て展開型による分数コードが多い。
G   G  Am7  G/B
Em  G/D C   C
A/C# D  D/F# D
G   G  Am7  G/B
Em  G/D C  A/C# 
D  G  G/D  G

■3小節単位に書き直してみると、 3小節×8段となり
G    G   Am7
G/B  Em   G/D 
C   C   A/C# 
D   D/F#  D
G    G   Am7
G/B  Em   G/D 
C   A/C#  D  
G   G/D   G
きれいに3小節ごとにコードが帰結しました。ふだん殆どの曲が4小節単位で帰結させることになじんでいるジャズ屋としては新鮮な発見でした。でも、よくよく考えると8分の9拍子を譜面化すれば当然のことでした。

本番では、ベースはPedal Gで、ピアノがコードを変化させて遊んで、ベースは「炎のランナー」で遊ぶ。ドラムへの指示は最初はストレート、途中からコテコテに盛り上げて、という指示だけでありましたが、かなりのコテコテ度で面白い。

■ Investigate the original melody.
 " Jesu, The Joy of Man`s Desire " -- Herz und Mund und Tat und Leben contained is the cantata No. 147th of a title which put the word of medicine German as a student in order <the heart, a mouth, a deed, and a life>, and is written for the worship on July 2, 1723. At this time, Bach is 38 years old.   Although the title is based on English Version" Jesu of this hymn, and The Joy of Man`s Desire", it is recorded on the church hymnbook No. 29th as "the Lord is just my wish." Although what I have got used to in the theme of famous melodic 3 連音 of nine rhythm for 8 minutes is the piano arrangement version (1920) by Maira . Hess, once it hears it, it will not separate from an ear. Now, arrangement is begun for piano trios based on the original melody. Even if it calls it jazz-ization, there is also a hand of re-harmonaization (code change), but it tries for a rhythm to also perform a theme straight faithfully to the original melody faithfully here. 

■ When it drops on code music, it is ad lib difficulty? 
When a code musical score is written to a base and a drum, it is 24 vibrant-tune one chorus. 
When account music is carried out per usual 4 vibrant tunes (4 vibrant-tune x6 step), it has not concluded per 4 vibrant tunes. The way things stand, even if it sees a musical score, it is hard to do ad lib. There are many fraction codes depended on a developed type like the music of Bethoven. 
G    G   Am7   G/B 
Em   G/D  C    C 
A/C#  D   D/F#  D
G    G   Am7   G/B 
Em   G/D  C   A/C# 
D   G    G/D   G

■ When it rewrites per 3 vibrant tunes, it becomes 3 vibrant-tune x8 step, and is 
G.      G     Am7 
G/B  Em   G/D
C    C    A/C#
D    D/F#   D
G     G    Am7
G/B   Em   G/D
C    A/C#   D
G    G/D    G

The code was concluded every three vibrant tunes finely. It was the discovery fresh as a jazz store which has adapted itself to the music of most usually making it conclude per 4 vibrant tunes. 
But it was natural, when were considered well and musical-score-izing 9/8 rhythm. 
A base is Pedal G, a piano changes a code, acting before the audience is played, and a base plays it by "Charios of Fire." Although it was only the directions "heap up the directions to a drum from a straight and the middle  at first", it is interesting at remarkable  to the core. 

2014/05/03

2014年5月〜6月のスケジュール

高崎少林山 達磨寺
●2014.5.10(土)1300-1700 高崎/群馬シンフォニーホール
 第四回群馬ツイッターピアノの会
 Piano soloで参戦予定

●2014.5.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 細井徳太郎(g)
 二部ジャムセッション

2014.5.11 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 小林啓一(vib)
 終了後セッション

○2014.5.13(火) 2100 前橋/夢スタジオ
 福田重男Jazz Piano Clinic

●2014.5.16(金)1900  高崎/ JJ&BB Club  ☆追加
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、新井匠(d)

●2014.5.18(日) 15:00〜16:00  埼玉県上里町/ウニクス上里
鈴木明男バンド
 鈴木明男(as)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)、石曽根靖(g)、野村精治(b)

●2014.5.31(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2014.6.1(日)1400 前橋/群馬大学医学部刀城会館
 群馬大学医学部Jazz研OB会 (semi-closed)

2014.6.8 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 小泉元樹(ts)
 終了後セッション

●2014.6.14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 洋水(vo)、大森明@東京(as)
 二部ジャムセッション

桜はもう散ってしまったけれど 「さくらさくら」づくし


2014年4月12日 高崎ケイノート ジャムセッション
饗場拓也(as)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)

まずは曲の由来を調べてみる
日本古謡と表記される場合が多いが、実際は幕末、江戸で子供用の箏の手ほどき曲として作られたもの(作者不明)。もともと「咲いた桜」という歌詞がついていた。その優美なメロディから明治以降、歌として一般に広まり、現在の歌詞が付けられたものである。13小節目以降の違いで3通りのメロディがある。1888年(明治21)に発行された東京音楽学校の「箏曲集」に記載がある。日本の代表的な歌として国際的な場面で歌われることも多い。後世様々な編曲がなされているが、宮城道雄の『さくら変奏曲』が特に有名。      (Wikipediaより引用)
幕末に作られた作者不明の箏の手ほどき曲で、明示時代以後に歌詞が付けられたものだそうです。
歌詞を確認 
 さくらさくら やよいの空は
 見わたす限り
 かすみか雲か 匂いぞ出ずる
 いざやいざや 見にゆかん
 
こりゃ小節数が難しいぞ.......

料理法
 さて、私の頭にある「さくらさくら」を題材として編曲リハモしてみる。ベースは単純な下降ライン。起承転結をつけにくいなあ。原曲には申し訳ないけど、アドリブのしやすいハコ(小節数)に直してみる。演奏後に気づいたことであるが、私の頭の中では「かすみか雲か 匂いぞ出ずる」は何故かカットされていた。後半は印象的な「Bm C♯  Bm   C♯」のラインで色彩感を強調する。最後はMcCoy Tyner風のEm sus4 。
 いつも気をつけているのは原曲のテーマを美しく演奏して、なおかつJazzの語法で嚥下消化すること。前週のピアノのレッスンにF師匠にアレンジ(コード、リズムのアイデア)のチェックを持ち込む。師匠は「またか」と苦笑しながら素晴らしいデモをしていただいた。

 さてこの演奏はジャムセッションに譜面を持ち込んで 練習なしの一発Takeです。私の演奏前の指示は「途中で原曲を離れてごりごりに花吹雪にしちゃいましょう」メンバーが瞬間に判断して音楽を作っていく 饗場君のalto saxはさすが。

こちら翌日別のメンバーでのピアノトリオ版


2014年4月13日 高崎くいものや亮
くいものや亮Musician`s Club
甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)


ベースに五度上のテーマをお願いしたら、やや中華風。
ピアノの我侭によく付き合っていただきました。

さてこちらは以前にもご紹介した2011年の8月に高崎たまごホールでの被災したベーゼンドルファー復活コンサートでのピアノソロ このソロのイメージから脱却するのは少々苦労しました。

April 12, 2014   Takasaki K Note   Jam Session
Takuya Aeba (as), Hideaki Koga (p), Koichi Yamanaka (b), Masami Kamiyama (d)

the origin of music.
what was made from an end of Edo Period and Edo as introduction music of 箏 for children in practice although written as Japanese songs and ballads of the ancient era in many cases (the author -- unknown). The words "the cherry tree which bloomed" stuck from the first. Generally it spreads as a song from the graceful melody after Meiji, and the present words are attached. There are three kinds of melodies by the difference after 13 vibrant-tune eye. "The collection of koto music" of the Tokyo music academy published in 1888 (Meiji 21) has a statement. It is sung in a scene international as a typical song of Japan in many cases. future generations -- although various arrangements are made, especially the Michio Miyagi's "Sakura variation" is famous. (It quotes from Wikipedia) 
the author made at the end of Edo Period -- it is said that words were attached after the clear statement age with the unknown introduction music of Koto

Words are checked. 
The number of vibrant tunes is difficult for this....... 

Recipe 
Now, arrangement is carried out on the topic of "Sakura Sakura" in my head. A base is a simple downward line. It is hard to give introduction development turn and conclusion. Although I am sorry to the original melody, it changes to the number of vibrant tunes which adlib tends to carry out. 
Although it was having noticed after the performance, in my head, "haze, cloud, or   smell " was cut in why. A feeling of color is emphasized with the line of impressive "Bm C♯  BmC♯" the second half. The last is Em sus4 of the McCoy Tyner style. Always taking care should perform the theme of the original melody beautifully, and, moreover, it should carry out swallowing digestion by the usage of Jazz. The check of an arrangement (a code, the idea of a rhythm) in F teacher is carried into the lesson of the piano of the week before. The teacher had the wonderful demonstration carried out, smiling wryly saying "It is again." Now, this performance carries a musical score into a jam.   It is one-shot Take without practice. the directions before my performance -- "-- on the way --" member who needs to come out, needs to leave the original melody and needs to make it  at a shower of falling cherry blossom petals judges at a moment, and makes music   Mr. Aiba's alto sax -- truly . 

Piano trio version April 13, 2014 in the member here another on the next day   The Takasaki Kuimonoya-Ryo Musician`s Club : Hideaki Kohga (p), Yasuyoshi Sakai (b), Yuuki Ito  (d) 

When I ask the theme on 5 times of a base, it is a Chinese wind a little. 
The piano had you associate well selfishly.

Damaged Bösendorfer Revival Concert
http://www.rid2840.jp/takasaki-cent/backnumber/pdf/11_12weekly_report_05.pdf

2014/03/31

2014年4月〜5月のスケジュール

○2014.4.8(火) 2140〜  前橋/夢スタジオ
 福田重男ジャズピアノレッスン

●2014.4.12(土)1930 高崎/ケイノート
浅間山の春
 
K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 阿久津安永(ts)
 二部ジャムセッション

2014.4.13 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 KRMCオリジナル - Neo Standard
 終了後セッション

●2014.4.26(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2014.5.10(土)1300-1700 高崎/群馬シンフォニーホール
 第四回群馬ツイッターピアノの会
 Piano soloで参戦予定

●2014.5.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 細井徳太郎(g)
 二部ジャムセッション

2014.5.11 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 小林啓一(vib)
 終了後セッション

●2014.5.18(土) 15:40〜16:30  埼玉県上里町/ウニクス上里
鈴木明男バンド
 鈴木明男(as)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)、石曽根靖(g)、野村精治(b)

●2014.5.31(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

浜辺の歌は歌詞が難解な恋歌だった。

Hamabe-no-uta / 浜辺の歌 Jazz Piano Trio
写真はグアムの浜辺
(  ↑  Soundcloudにリンク)
January 12, 2013 Kuimonoya Ryo Takasaki
Hideaki Kohga(p)、Yasuo Sakai (b)、Yuuki Ito (d)

作曲者の成田為三については.....
 作曲者の成田為三は1893年 秋田県に生まれ、小学校の教鞭を一年間執ったのち、1914年に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に入学、山田耕筰に教えを受ける。1916年(大正五年)頃「浜辺の歌」を作曲している。1945年没 歌曲、童謡の作曲家という印象が強いが、多くの管弦楽曲やピアノ曲を作曲した本格的な作曲家であったことはあまり知られていない。また殆どの作品が空襲で失われている。     (以上Wikipediaより)

原曲の浜辺の歌の誕生を調べてみる http://econessnet.blog.ocn.ne.jp/song/2006/07/post_3b92.html
 成田為三が東京音楽学校の同窓の女性に送った恋歌であったことが、後年明らかにされている。
 大正五年頃、東京音楽学校でピアノを専攻していた女性に成田から郵便が届き、中には手書きの歌詞付きの楽譜があり、「いとしの正子にささぐ」と記されていた。それが「浜辺の歌」だった。その時すでにその女性は婚約していたため、「私には決まった人がいます」と手紙を添えて楽譜を送り返したという。

歌詞は難解
 作詞者の林古渓は古典文学者で、この詩は1913年(大正二年)に雑誌「音楽」に作曲用試作そして発表され、成田が曲をつけたのは1916年(大正五年)とされている。
3番まであることは知りませんでした。とても難解な歌詞です。

(あした)浜辺を 彷徨(さまよ)えば
昔の事ぞ しの(偲)ばるる
風の音よ 雲の様(さま)
寄する波も 貝の色も

(二)
(ゆうべ)浜辺を 廻(もとお)れば
昔の人ぞ しの(偲)ばるる
寄する波よ 返す波よ
月の色も 星の影も

(三)
疾風(はやち)(たちま)ち 波を吹き
赤裳(あかも)の裾(すそ)ぞ 濡れ漬(ひ)じし
病みし我は 既に癒えて
浜辺の真砂(まさごorまなご) 愛子(まなご)今は

 
■浜辺の歌を題材にJazz化
 この手の童謡は結構 European Jazz Trioがあらかた取り上げています。その他にも
かなりジャズの題材として取り上げられているようです。
 できるだけ原曲のイメージを大切に、原曲から離れないように、ゆったりとしたリズムのなかに暖かさを感じられるアレンジを探していました。
 そして、YouTubeにアップロードされていた 高知のMakiko Trioの演奏に出会いました。
見事な演奏です。リズムのイメージを拝借しました。ですので必ずしもオリジナルアレンジではありません。
 「高知恐るべし」
 この演奏では最初にalto saxで汽笛とカモメが登場します。

■ About Narita Tamezo, composer of " Hamabe no Uta
 Narita Tamezo was born to Akita Prefecture in 1893. After performing the birch of an elementary school for one year, the Tokyo music academy (present Tokyo University of the Arts) was entered in 1914. He receives an instruction in Kosaku Yamada. And he wrote this song around 1916 (Taisho 5) "the song of a beach." Although his impression of the composer of a song and a children's song is strong, it is seldom known that he was the full-scale composer who composed many orchestral works and piano pieces. Moreover, almost all works are lost in the air raid.  (From Wikipedia) 

■ Investigate birth of the song 
It is shown clearly in after years that this music was the love song which Narita sent to the woman of the fellow student of the Tokyo music academy. Around Taisho 5, mail reached from Narita the woman who was majoring in the piano at the Tokyo music academy, and there was a score with handwritten words in inside. "It offers darling Masako." It was described. It was "a song of the beach." It is already then said that the letter was attached, saying "her regular person being in me" since the woman was engaged, and the score was returned. 

■ Words are difficult. 
The songwriter's Kokei Hayashi was a classical literature person, a prototype was composition-business-built and this poetry was announced by the magazine "music" in 1913 (Taisho 2). It is set to 1916 (Taisho 5) for Narita to have attached music. I did not know that there was this music to No. 3. They are very difficult words. 

■ It is Jazz-ization on the topic of the song of a beach. 
European Jazz Trio has almost taken up the children's song very well. It seems that in addition, this music is considerably taken up as a subject matter of jazz. I looked for the arrangement which can feel warmth into a calm rhythm so that the image of the original melody might not be carefully separated as much as possible from the original melody. And I had uploaded to YouTube.   It met with the performance of Makiko Trio of Kochi which had uploaded to YouTube . 
https://www.youtube.com/watch?v=Vw-xoDja96w It is a brilliant performance. 
The image of the rhythm was borrowed.  It is not necessarily hard to call it an original arrangement by that. In this performance, a steam whistle and a sea gull appear by alto sax first. 
 


2014/03/04

" For the rest of us "

それまでのMS-DOSベースの時代(Windowsはまだ存在していなかった。) 
私はコマンドプロンプトに悩まされていた、一太郎のver.3は名ソフトであったが 
OSでつまづくことばかり。 

そんな日に私のappleの師匠とも言うべき現media proの社長に雪草楽器で出会い、Macを勧められた。92年か93年頃か? 

Macに初めて触れたのはピザボックスのLC475 
印象は可愛い。使っていてワクワクする。 
だけど昔過ぎて記憶の彼方だ  確かOSは漢字Talk 7の時代であった 

すぐにduo230も購入して肌身離さず使い始めた。 
私のPCに対する考え方はテキストベースで 
どんどん情報を放り込んでそれを整理しておく。 
それまでMS worksをNECのノートで使っていて、dBASE, 桐とデータベースを渡り歩き、Filemakerに巡り会ったのが94年。これが運命の出会いであった。 

以来、Mac-Filemakerを中心14台のマックを渡り歩く。 

一貫しているuserinterfaceが使いやすい。いじくっているうちにテキトーに使えてしまうマックは可愛さもあってずっと愛情を注いで来た。 
PCが不調になると私の体調もおかしくなる。 
時々macが機嫌が悪い時もわかる。 
そんな時は一日経って慰めるとたいてい復活してくれる。 

これはJobsの功績だけではないけれども、Macに対する一貫したコンセプトは「最初のマックの血」が脈々と受け継がれているのは疑いない。 

現在のOS Xはとても完成度が高い。 
仕事先でF社の電子カルテの根本的な問題は、ユーザーの立場で作られていない、userinterfaceが呆れるほどバラバラ。コンピューター屋さんはなんでもたくさん表示すれは良いと考えていること。 
電子カルテを導入しなければならない立場としては、毎日その軋轢に悩んでいる。 

ばらばらと所感を書いてみただけだが、要するにuserにとってどんなニーズがあって、どのようなコンピューターが使いやすいか、余計なものは付けない、そのような一貫したMacを作り上げたJobsは天才としか言いようがない。 

走り抜けたJobsに合掌。 
脱力してしまい、文章がうまく書けません。

Steve Jobs  2011年10月05日 没

                                              2011年10月06日   Mixiの日記から転載 

 I was afflicted by the time (Windows did not exist) command prompt of the MS-DOS base till then. Only always OS going wrong, although ver.3 of Ichitaro was noted software. I met the president of Expression media pro who should also call it the teacher of my apple on such a day by the Yukigusa  musical instrument, and was able to recommend Mac. Is it around 1992  or 1993? As for LC475 impression of a pizza box, it is lovely to have touched Mac for the first time. It uses and is exciting. however, it passes a long time ago and is that direction of memory -- sure OS was a time of KT 7 duo230 is purchased immediately and it always began to use. The view over my PC throws in information rapidly by text-based one, and arranges it. 
 It is 1994 years which are using MS works for the note of NEC till then, wandered around dBASE, and KIRI and a database, and encountered Filemaker. This was encounter of fate. Since then, Mac-Filemaker has been wandered around the Mac of 14 centers. Consistent userinterface is easy-to-use. 
-- there is also loveliness and it was consistent, and the Mac which can be used for  filled inside with love, and came to it. My condition will also become amusing if PC becomes out of condition. 
It understands, also when mac is sometimes in a bad mood. The first day will pass at such time, and if it comforts, it will revive mostly. Unquestionable [ although this is not only the distinguished services of Jobs / the consistent concept to Mac / that "blood of the first Mac" is inherited continuously ]. 
Present OS X is very highly complete. The fundamental problem of the electronic medical record of F company is so scattering at a work place that userinterface which is not made from a user's position is amazed. Think that which many the quant jock shows [ anything ] in a table is good. 
It worries about the friction every day as a position which must introduce an electronic medical record. Although impressions were only written scatteringly, in short, there are what kind of needs for user, and what kind of computer is easy-to-use, or Jobs which an excessive thing does not attach and which completed such a consistent Mac is nothing less than genius. The palms are joined together to Jobs through which it ran. Strength drains away and it cannot write a text well. 

October 05, 2011 Steve jobs Died.                                                   From Mixi`s Diary  Oct 06,2011