2014/03/31

2014年4月〜5月のスケジュール

○2014.4.8(火) 2140〜  前橋/夢スタジオ
 福田重男ジャズピアノレッスン

●2014.4.12(土)1930 高崎/ケイノート
浅間山の春
 
K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 阿久津安永(ts)
 二部ジャムセッション

2014.4.13 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 KRMCオリジナル - Neo Standard
 終了後セッション

●2014.4.26(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2014.5.10(土)1300-1700 高崎/群馬シンフォニーホール
 第四回群馬ツイッターピアノの会
 Piano soloで参戦予定

●2014.5.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 細井徳太郎(g)
 二部ジャムセッション

2014.5.11 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 小林啓一(vib)
 終了後セッション

●2014.5.18(土) 15:40〜16:30  埼玉県上里町/ウニクス上里
鈴木明男バンド
 鈴木明男(as)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)、石曽根靖(g)、野村精治(b)

●2014.5.31(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

浜辺の歌は歌詞が難解な恋歌だった。

Hamabe-no-uta / 浜辺の歌 Jazz Piano Trio
写真はグアムの浜辺
(  ↑  Soundcloudにリンク)
January 12, 2013 Kuimonoya Ryo Takasaki
Hideaki Kohga(p)、Yasuo Sakai (b)、Yuuki Ito (d)

作曲者の成田為三については.....
 作曲者の成田為三は1893年 秋田県に生まれ、小学校の教鞭を一年間執ったのち、1914年に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に入学、山田耕筰に教えを受ける。1916年(大正五年)頃「浜辺の歌」を作曲している。1945年没 歌曲、童謡の作曲家という印象が強いが、多くの管弦楽曲やピアノ曲を作曲した本格的な作曲家であったことはあまり知られていない。また殆どの作品が空襲で失われている。     (以上Wikipediaより)

原曲の浜辺の歌の誕生を調べてみる http://econessnet.blog.ocn.ne.jp/song/2006/07/post_3b92.html
 成田為三が東京音楽学校の同窓の女性に送った恋歌であったことが、後年明らかにされている。
 大正五年頃、東京音楽学校でピアノを専攻していた女性に成田から郵便が届き、中には手書きの歌詞付きの楽譜があり、「いとしの正子にささぐ」と記されていた。それが「浜辺の歌」だった。その時すでにその女性は婚約していたため、「私には決まった人がいます」と手紙を添えて楽譜を送り返したという。

歌詞は難解
 作詞者の林古渓は古典文学者で、この詩は1913年(大正二年)に雑誌「音楽」に作曲用試作そして発表され、成田が曲をつけたのは1916年(大正五年)とされている。
3番まであることは知りませんでした。とても難解な歌詞です。

(あした)浜辺を 彷徨(さまよ)えば
昔の事ぞ しの(偲)ばるる
風の音よ 雲の様(さま)
寄する波も 貝の色も

(二)
(ゆうべ)浜辺を 廻(もとお)れば
昔の人ぞ しの(偲)ばるる
寄する波よ 返す波よ
月の色も 星の影も

(三)
疾風(はやち)(たちま)ち 波を吹き
赤裳(あかも)の裾(すそ)ぞ 濡れ漬(ひ)じし
病みし我は 既に癒えて
浜辺の真砂(まさごorまなご) 愛子(まなご)今は

 
■浜辺の歌を題材にJazz化
 この手の童謡は結構 European Jazz Trioがあらかた取り上げています。その他にも
かなりジャズの題材として取り上げられているようです。
 できるだけ原曲のイメージを大切に、原曲から離れないように、ゆったりとしたリズムのなかに暖かさを感じられるアレンジを探していました。
 そして、YouTubeにアップロードされていた 高知のMakiko Trioの演奏に出会いました。
見事な演奏です。リズムのイメージを拝借しました。ですので必ずしもオリジナルアレンジではありません。
 「高知恐るべし」
 この演奏では最初にalto saxで汽笛とカモメが登場します。

■ About Narita Tamezo, composer of " Hamabe no Uta
 Narita Tamezo was born to Akita Prefecture in 1893. After performing the birch of an elementary school for one year, the Tokyo music academy (present Tokyo University of the Arts) was entered in 1914. He receives an instruction in Kosaku Yamada. And he wrote this song around 1916 (Taisho 5) "the song of a beach." Although his impression of the composer of a song and a children's song is strong, it is seldom known that he was the full-scale composer who composed many orchestral works and piano pieces. Moreover, almost all works are lost in the air raid.  (From Wikipedia) 

■ Investigate birth of the song 
It is shown clearly in after years that this music was the love song which Narita sent to the woman of the fellow student of the Tokyo music academy. Around Taisho 5, mail reached from Narita the woman who was majoring in the piano at the Tokyo music academy, and there was a score with handwritten words in inside. "It offers darling Masako." It was described. It was "a song of the beach." It is already then said that the letter was attached, saying "her regular person being in me" since the woman was engaged, and the score was returned. 

■ Words are difficult. 
The songwriter's Kokei Hayashi was a classical literature person, a prototype was composition-business-built and this poetry was announced by the magazine "music" in 1913 (Taisho 2). It is set to 1916 (Taisho 5) for Narita to have attached music. I did not know that there was this music to No. 3. They are very difficult words. 

■ It is Jazz-ization on the topic of the song of a beach. 
European Jazz Trio has almost taken up the children's song very well. It seems that in addition, this music is considerably taken up as a subject matter of jazz. I looked for the arrangement which can feel warmth into a calm rhythm so that the image of the original melody might not be carefully separated as much as possible from the original melody. And I had uploaded to YouTube.   It met with the performance of Makiko Trio of Kochi which had uploaded to YouTube . 
https://www.youtube.com/watch?v=Vw-xoDja96w It is a brilliant performance. 
The image of the rhythm was borrowed.  It is not necessarily hard to call it an original arrangement by that. In this performance, a steam whistle and a sea gull appear by alto sax first. 
 


2014/03/04

" For the rest of us "

それまでのMS-DOSベースの時代(Windowsはまだ存在していなかった。) 
私はコマンドプロンプトに悩まされていた、一太郎のver.3は名ソフトであったが 
OSでつまづくことばかり。 

そんな日に私のappleの師匠とも言うべき現media proの社長に雪草楽器で出会い、Macを勧められた。92年か93年頃か? 

Macに初めて触れたのはピザボックスのLC475 
印象は可愛い。使っていてワクワクする。 
だけど昔過ぎて記憶の彼方だ  確かOSは漢字Talk 7の時代であった 

すぐにduo230も購入して肌身離さず使い始めた。 
私のPCに対する考え方はテキストベースで 
どんどん情報を放り込んでそれを整理しておく。 
それまでMS worksをNECのノートで使っていて、dBASE, 桐とデータベースを渡り歩き、Filemakerに巡り会ったのが94年。これが運命の出会いであった。 

以来、Mac-Filemakerを中心14台のマックを渡り歩く。 

一貫しているuserinterfaceが使いやすい。いじくっているうちにテキトーに使えてしまうマックは可愛さもあってずっと愛情を注いで来た。 
PCが不調になると私の体調もおかしくなる。 
時々macが機嫌が悪い時もわかる。 
そんな時は一日経って慰めるとたいてい復活してくれる。 

これはJobsの功績だけではないけれども、Macに対する一貫したコンセプトは「最初のマックの血」が脈々と受け継がれているのは疑いない。 

現在のOS Xはとても完成度が高い。 
仕事先でF社の電子カルテの根本的な問題は、ユーザーの立場で作られていない、userinterfaceが呆れるほどバラバラ。コンピューター屋さんはなんでもたくさん表示すれは良いと考えていること。 
電子カルテを導入しなければならない立場としては、毎日その軋轢に悩んでいる。 

ばらばらと所感を書いてみただけだが、要するにuserにとってどんなニーズがあって、どのようなコンピューターが使いやすいか、余計なものは付けない、そのような一貫したMacを作り上げたJobsは天才としか言いようがない。 

走り抜けたJobsに合掌。 
脱力してしまい、文章がうまく書けません。

Steve Jobs  2011年10月05日 没

                                              2011年10月06日   Mixiの日記から転載 

 I was afflicted by the time (Windows did not exist) command prompt of the MS-DOS base till then. Only always OS going wrong, although ver.3 of Ichitaro was noted software. I met the president of Expression media pro who should also call it the teacher of my apple on such a day by the Yukigusa  musical instrument, and was able to recommend Mac. Is it around 1992  or 1993? As for LC475 impression of a pizza box, it is lovely to have touched Mac for the first time. It uses and is exciting. however, it passes a long time ago and is that direction of memory -- sure OS was a time of KT 7 duo230 is purchased immediately and it always began to use. The view over my PC throws in information rapidly by text-based one, and arranges it. 
 It is 1994 years which are using MS works for the note of NEC till then, wandered around dBASE, and KIRI and a database, and encountered Filemaker. This was encounter of fate. Since then, Mac-Filemaker has been wandered around the Mac of 14 centers. Consistent userinterface is easy-to-use. 
-- there is also loveliness and it was consistent, and the Mac which can be used for  filled inside with love, and came to it. My condition will also become amusing if PC becomes out of condition. 
It understands, also when mac is sometimes in a bad mood. The first day will pass at such time, and if it comforts, it will revive mostly. Unquestionable [ although this is not only the distinguished services of Jobs / the consistent concept to Mac / that "blood of the first Mac" is inherited continuously ]. 
Present OS X is very highly complete. The fundamental problem of the electronic medical record of F company is so scattering at a work place that userinterface which is not made from a user's position is amazed. Think that which many the quant jock shows [ anything ] in a table is good. 
It worries about the friction every day as a position which must introduce an electronic medical record. Although impressions were only written scatteringly, in short, there are what kind of needs for user, and what kind of computer is easy-to-use, or Jobs which an excessive thing does not attach and which completed such a consistent Mac is nothing less than genius. The palms are joined together to Jobs through which it ran. Strength drains away and it cannot write a text well. 

October 05, 2011 Steve jobs Died.                                                   From Mixi`s Diary  Oct 06,2011

2014/03/02

2014年3月〜4月のスケジュール

前橋オーガスタの守護神
○2014.3.2 1930 前橋/オーガスタ     
 AJFB練習

●2014.3.8(土) 1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 西澤雅枝(vo)
 二部はジャムセッション

●2014.3.9(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 Guest : 阿久津安永(ts)
 終了後セッション

●2014.3.15(土) 2000 前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band #128 & Music Exploration Company
 道木正之(eb)、甲賀英明(key)、小池俊明(ts,ss)、道木裕子(s)
 タイガー小鉄(g)、饗場拓也(as,ss)、金澤洋幸(d)

●2014.3.21(金祭) 1300-1700 浦和/埼玉会館 ラウンジ
 埼玉ツイッターピアノの会 即興ソロ参戦予定

●2014.3.29(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2014.4.12(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 阿久津安永(ts)
 二部ジャムセッション

2014.4.13 (日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts, ss, bc) 甲賀英明(p)坂井康良(b) 伊藤勇輝(d)
 KRMCオリジナル - Neo Standard
 終了後セッション

●2014.4.26(土)2000 高崎/ピエロ
 小池俊明(ts ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

2014/01/06

2014年1月〜2月のスケジュール

1/11 水口昌昭(g)
1/12樫山英人(g)
----  2014年(平成26年)----------------------------------------
●1月11日(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、
 
●1月12日(日) 1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Gesut : 樫山英人(g) @佐久
 Candy, Jazz Guitar Quartet

●1月18日(土) 2000 前橋/オーガスタ
1/18 Augusta Jazz Funk Band
Augusta Jazz Funk Band #127 & Session
 小池俊明(ts as) 甲賀英明(key) 道木正之(b) 道木裕子(d)
  Rhapsody in Blue, Augusta Jazz Funk Trio

●2月8日(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 洋水(vo)、大森明(as)
 The Lady is a Tramp 
 高崎ケイノートのスケジュール
 K Note Jazz Projectの紹介
2/9 新井憲治(vo)

●2月9日(日) 1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Gesut : 新井憲治(vo)
 Over the Rainbow / Monument House Live 2003.12.28 at Maebashi Lovesong : 新井憲治(vo)

●2月15日(土) 2000 前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band #128 & Session
  小池俊明(ts as) 甲賀英明(key) 道木正之(b) 道木裕子(d)
2/8 大森明(sax)
2/8 洋水(vo)

●2月22日(土)2000-2400 高崎/Pierrot
 高崎ピエロセッション 飛び込み大歓迎
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

高崎のジャズ虎の穴「Pierrot」



















2013/12/22

もう一つの Rhapsody in Blue (Jazz Funk Trio)


Dec.21 2013. Jazz House Augusta / Augusta Jazz Funk Band #126
Hideaki Kohga(key), Masayuki Doki(eb), Yuuko Doki (dr)

 曲のアレンジで問題になるのはどのようなリズムパターンでテーマを演奏するか、そしてアドリブのコードはテーマに追従するのか、一発なのか…. いつも悩むところです。

 このアレンジはDeodato版です。最初に取り上げなかったのは、アドリブがone chordになっていたこと、キメの世界に入ってしまっていることが、他のアレンジに走った理由でありました。
 それにしてもドラムさんが嬉しそうに叩いています。
「この曲大好き」…….
とても大切なことです。
 曲とそのイメージが三人で共有できれば、良いのです。私は途中でもう少しイメージを壊したかった 明るめのモードは難しい。

It is about whether by what kind of rhythm pattern does becoming a problem when carrying out the arrangement of music perform a theme, or the code of ad lib follows a theme, and whether it is one shot.
It is just always going to worry.
This arrangement is the Deodato version.
What was not taken up first was the reason which that ad lib was set to one chord and going into the world of dressing up ran to other arrangements.
Even so, Mr. Drum has struck joyfully.
"-- This music favorite" .... . it is very important.
It is good if music and its image can share between three persons.
I wanted to break an image to a slight degree on the way.   The brighter mode is difficult.

2013/12/17

ありそうで意外になかった" Rhapsody in Blue " のJazz 化


Dec. 15, 2013 Takasaki Kuimonoya Ryo  Hideaki Kohga (p )、Yasuo Sakai (b)、Yuuki Ito (d)
友人のお題から 

" ガーシュインはクラシックかジャズか? ではカプースチンは? という書き込みに私は釈然としない気分であった。
「譜面があるのがクラシック、ないのがジャズ」という落ちになったようです。私に言わせれば、ジャズは言語
です。Rhapsody in blueは壮大なクラシック曲でジャズとしてあまり消化されていない(だって皆やらない)
 → Jazz言語にしてしまおう、ということになった。

さてさて、私はまず曲のアレンジをする時は曲の背景を調べてみる。
 ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)は、アメリカ作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲、
ファーディ・グローフェ編曲したピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品である。ラプソディ・イン・ブルーと
いうタイトルは「ジャズの語法によるラプソディ」といった程度の意味がある。ところでラプソディ(狂詩曲
とは「民族音楽風な叙事詩的な特に形式がなく、自由奔放なファンタジー風の楽曲」という意味があるので、
このタイトルから、ガーシュウィンはジャズをアメリカにおけるある種の「民族音楽」と捉えていたことが伺え
る。

 ガーシュウインは、自信が弾くピアノと小編成のジャズバンド向けの曲として約2週間で一気に書き上げた。
その際、当時未だ管弦楽に通じていなかったガーシュウィンに代わってファーディ・グローフェ
オーケストレーションを行なっている。グローフェはガーシュウィンの死後、大編成の交響楽団向けに
オーケストレーションし直しており、その後は主にこの判が演奏される (fromWikipedia)
 私の興味は、譜面通りに演奏することではなくて、その " 優れた印象的なテーマ" を用いて、一度消化嚥下し
(というか分解)し別のNew Productを生み出すことなのであるが、探してみると 小編成のコンボやトリオで
演奏して演奏は意外に見つからない。
Fusion華やかりし、1977年にClassicのJazz化で一世を風靡した Eumir Deidatoはレコードの時代にアレンジして
いました。さすがです。ちなみにDeodatoは今年(2013年)70歳で健在だそうです。
このPyramid 3は面子は少々驚きましたが、基本Deodato版のリメイクと言ってよいでしょう。

友人からお題が出てから構想3日  前日まではDeodato/ Pyeamid3版を通勤の車で繰り返し研究する。だいたい
自分の場合鍵盤に向かわずに頭の中で悶々とアレンジを考えるのであるが、8ビートでアドリブは一発処理、
も良いが しかし、最初のシンコペーションがどうも馴染めずに私は一度退却。あのテーマはゆったりした
ゴージャスな気分にしなければ。一発でなく、原曲のコードでそのままアドリブに持っていけないか?
と演奏当日に気が変わって、オーソドックスなピアノトリオでアドリブし易いように料理する。
テーマのAの部分が5小節ー12小節ではアドリブでロストの危険があるので、一小節追加し。コードも変更し
 譜面を作成した。
 
 そしてこの演奏は当日一発リハーサル約20分の打ち合わせで行った演奏です。こういった曲はテーマが美しく
弾けないといけないのであるが、冒頭からすっ飛ばしてしまった。原因はアドリブの(やり易い)スピードに
合わせたらテーマが忙しい感じになってしまったこと。Deodato版を聞きすぎたこと(苦笑)

bassのSakai先生に、
「始まる前に5分位ソロがあるんでしょ」
「いや、そこ全然コピーしてこなかった…..」
Michel Camillo教授も小曽根真教授も長ーいソロを素敵に弾いていましたが、そこまで手が回らなかった。
だってあの部分はは反復練習しないと無理。クラシックとして。

From a friend's question,  Is "Gershwin a classic or jazz!?  Then, Kapustin?
This made me worried at the writing to say. "it is a classic that there is a musical score and it is jazz that there is nothing."
In my opinion, jazz is a language. Rhapsody in blue is seldom digested as jazz with grand classic music (all are not done). It is to make it -> Jazz language.
Now, the background of music is investigated when carrying out the arrangement of music first.

As for (Rhapsody in Blue), American composer George Gershwin is a musical composition for the piano solo which composition and the Ferdy グローフェ arranged, and orchestral music.
Rhapsody in and the title of being blue have a meaning of the grade of "the rhapsody by the usage of jazz."
by the way, a rhapsody (rhapsody) the epic poetry of the ethnic music style like there is no form in particular -- freedom -- since there is a meaning called the wild musical piece " of the fantasy style, Gershwin can observe having realized jazz to be the "ethnic music" of a certain kind in the United States from this title.
Gershwin finished writing at a stretch in about two weeks as music for the jazz bands of the piano which self plays, and small organization.
In that case, the Ferdy Grophe is performing the orchestration instead of Gershwin who was not yet well versed in orchestral music those days.
The orchestration of the Grophe is recarried out for [ of Gershwin's postmortem and large organization ] symphony orchestras, and this version is mainly performed after that.
(from Wikipedia)

Although it is my being interested not being performing as a musical score, and carrying out digestive swallowing once (it is decomposed whether it saying), carrying out using the "outstanding impressive theme", and producing another New Product, If it searches   It performs by the combo and trio of small organization, and does not find a performance unexpectedly.
Rhapsody in Blue , Eumir Deodato Trio
Trio Fusion flower and Eumir Deidato which carried out the loan and took the world by storm by Jazz-ization of Classic in 1977 were arranged in the time of the record.
It is true. It is said that Deodato is incidentally living this year (2013) at the age of 70.
Rhapsody in Blue , Pyramid 3
Probably, this Pyramid 3 may call it the remake of the basic Deodato version, although face was a little surprised.

Concept three days after a title comes out from a friend    The 3rd edition of Deodato/ Pyeamid is repeatedly studied by the car of commuting till the previous day.
although an arrangement is worriedly considered in the head, without going to a keyboard generally in the case of and one-shot processing and も of ad lib are good in eight beats   however, the に which cannot get used the first syncopation somehow -- me -- once -- retreat.
If the bottom does not make that theme into a gorgeous feeling calmly.
it cannot bring to ad lib as it is not in one shot but in code of the original melody -- it is -- mind changes at ? and performance that day, and it cooks so that it may be easy to carry out ad lib by an orthodox piano trio.
Since the danger of lost has a portion of A of a theme adlib by 5 vibrant-tune-12 vibrant tune, a 1 vibrant-tune addition is carried out, and it is 。.
A code is also changed.   The musical score was created.
And this performance is a performance performed on the day in the previous arrangement for one-shot rehearsal about 20 minutes.
Although such music must be able to flip a theme beautifully, it has been missed from the beginning.
A cause is that a theme will be busy touch if it unites with the speed (it is easy to do) of ad lib.
Mr. Sakai of bass -- "-- since a solo is for about 5 minutes before starting -- しょ "
"-- disagreeableness and there -- All the  copies were not carried out. -- .. "
Although there long - Was also Professor Professor Michel Camillo and smallness Makoto Sone and he was flipping the solo strikingly, a hand did not turn to there.
Impossible, if Allais does not practice repeatedly as classic. 

2013/12/01

45人のがんばれセッション


 2005年8月5日 開店3年目のケイノートのマスターが入院した際、45人の群馬のミュージシャンが集結した「マスター頑張れセッション」の記録
      (mixi日記 2005年 8月6日)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 昨日(注 2005年8月5日)は高崎のケイノートで入院中の店主松井さんへの「がんばれセッション」が今年一番の熱い日に行われました。
県内のアマチュアミュージシャンが大集合。出演者45名の一大セッションとなりました。 


18時過ぎにスタッフが集合。50人以上の人がくるであろうとのことで、店の中の椅子をかき集めて、最前列にソファーまでかつぎ出して、50席を確保。 

19時の開始時にはまだ空席が目立ったものの、時間がたつにつれてどんどんとお客さん(というか、ミュージシャン)が増えて店内は異様な熱気状態に包まれ、超満員状態。

 基本的にフロント2人+リズムセクションでどんどんセットを交代、hata君とtsusimaさんのカドソンセットでスタート、と思ったらこの後誤算? 

 私以外のピアノの人がなかなか来ない→後ろで「進行役」が出来ない→次のセットが組めない ということでyamaさん(ほんとはb)にしばらくpianoをお願いした。 そのうちpianistはゆうこりんとkarasawaさん、阿部さんと相次いで駆けつけてくれてなんとか一息をつく。 

 心配していたbassも続々と駆けつけて hirakata君、ほそやん、nakajimaさん、sudaさん、kozoさん(すでにできあがっていた)、gotoさんが交代で演奏  大御所morimuraさんの熱い演奏で一気に室温は上昇、dream voiceの5人の歌姫も駆けつけてくれた。 

3時間半の熱演の後。最後は「Now's the Time」まわしで終了。入場者数71名、出演者45人のガんばれセッションでした。当初の予想を上回る大盛況でした。

---------------
front 14 (SAX 9, tp3、tb2)
VOCAL 9
PIANO 5
DRUM 9
BASS 7
GUITAR 2
---------------
合計45名

出演者の皆さん、時間の関係で一人一人十分な演奏時間がとれずごめんなさい。聴衆のみなさん。人数が多すぎて冷房が追いつかず、椅子もたりず みんな忍耐セッション気味でした。とにかく色々な意味で熱かった。

店主松井さんへのみなさんの熱い思いが伝わったでしょうか? 


(写真はケイノートのHPに掲載されたものを借用しました。店主のいとこの方が撮影されました。すごく雰囲気が出てますね。)  

Takasaki K Note -- Master under hospitalization, Mr. Matsui, --  he could do his best and the session " was performed this year on the first hot day. An amateur musician within the prefecture is a large set.
It became 45 performers' 1 large session.
 The staff gathers past 18:00. By a thing that 50 or more persons will come, the chair in a store is gathered up, even a sofa is carried out to the front row, and 50 seats is secured. The visitors (or it says, musician) increase in number rapidly, and inside of a shop is wrapped in a strange heat state as time is formed, although the vacant seat was still conspicuous at the time of the start at 19:00, and it is a super-no vacancy state. If a set is rapidly regarded as a start by a shift and the Cadoson set of Mr. hata and Mr. tsusima by a two front + rhythm section with it being fundamental, it will miscalculate after this?
me -- -> which cannot do "the role of advance" in -> back to which the person of the piano of an except does not come easily -- the following set cannot be constructed   と -- I asked piano of Mr. yama (true : b) for a while by saying.

 Before long, pianist runs successively with Mr. Yuuko , and Mr. karasawa and Mr. Abe, and attaches a breath somehow. Worried bass also runs one after another. Mr. hirakata, Hosoyan, Mr. nakajima, Mr. suda, Mr. kozo (already done), and Mr. goto perform by turns.
As for room temperature, a rise and five divas of dream voice also ran at a stretch by the magnate morimura hot performance. After enthusiastic performance for 3 hours and a half.
the last -- "-- Now's the Time, " turning and coming out -- an end.

 They were 71 attendance figures and 45 performers' Ganbare session.
It was the roaring business which exceeds the original anticipation.
---------------
front 14 (SAX 9, tp3, tb2)
VOCAL 9
PIANO 5
DRUM 9
BASS 7
GUITAR 2
---------------
A total of 45 persons
I am sorry that you, performers, cannot take performance time sufficient one by one by the relation of time. You, audiences. There was too much number, and air conditioning did not catch up, but the chair was also lacking, and it was liable to a patience session wholly. It was hot in anyhow various meanings.
Was the ardent love of you, storekeepers, Mr. Matsui, transmitted?
(The photograph borrowed what was published at HP of K Note.) The storekeeper's cousins were photoed. Has atmosphere come out very?

2013年12月〜2014年1月のスケジュール

Nobember 2.2013 前橋テルサホール

○12/1(日)1930 前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band 公開リハーサル

●12/14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 松井健@店主 (ts)
 http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html
 http://choro2648.blogspot.jp/2011/11/k-note-jazz-project-introduction-and.html

●12/15(日) 1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Special Gesut : 佐藤達哉(ts,ss)

●12/21(土)前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band #126 & Session
 小池俊明(Ts,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、道木裕子(d)
 二部はJamSession

●12.28(土)(土)高崎/ピエロ
 Pierront Session
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

----  2014年(平成26年)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●1月11日(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、
 Guest : 水口昌昭(g)、金澤洋幸(D)
 http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html
 http://choro2648.blogspot.jp/2011/11/k-note-jazz-project-introduction-and.html

●1月12日(日) 1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Gesut : 

●1月18日(土) 2000 前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band #127 & Session

2013/11/20

ケルンコンサートのコピーで始めたけれど、途中で癇癪を起こしたの巻



 ケルンコンサートをやります!と予告したものの、譜面を見ながら悶々とした日が続くこと数日。譜面を見て、譜面を見ながら演奏するものじゃない。言葉にならない。と諦めの境地で臨んだ演奏会であった。
 巷にケルンコンサートの譜面は出回っている。そしてその譜面をめくりながら演奏している動画もYouTubeに散見される。こんな動画をみてKeithはきっと 「あなたの言葉で話なさい」と言うに違いない。
 ピアノの即興ソロはピアノから出た音に反応しながら、ピアノと対話しながら展開してゆく。この前橋テルサのSteinwayは(私好みの)タッチはやや重め、しかし指先が勝手に動く感覚にはほど遠かった。
 ケルンコンサートのコピーを3分ほど経過してつまらなくなり、さっさと離脱。あまりにピアノが言うことを聞いてくれないのでついに6分ぐらいで私の指(というか手)は癇癪を起こす。そのあとはスタインウエイとの冗長な会話が続く。起承転結も何もなかった。
 まあそれが即興、されど即興というところか。
 さてこの演奏は12分の予定申告で行った即興である。以前時計とにらめっこをしながら即興を行ったこともあるが、時間が気になって集中できなかったことから、時計をみないで演奏するようにしている。最近即興ソロを12分の予定に対しプラスマイナス30秒でできるようになったのが収穫かもしれない。

2013年11月2日 前橋テルサホール 第15回華麗なる上州音楽会

Although I warned that the Koln concert was done, a worried day continues looking at the musical score -- it passed [ thing ] on several. This music is not performed seeing a musical score or looking at a musical score. Then, it does not become language. I was the concert faced in the fresh ground of abandonment. The musical score of the Cologne concert has appeared on the market in public.
And the animation currently performed while turning over the musical score also appears here and there to YouTube. seeing such an animation -- Keith -- surely --   it says, "he talk-does in your words" -- a mistake is made in being alike and there is nothing. The improvisatorial solo of a piano is developed having a dialog with a piano reacting to the sound which came out of the piano. Steinway of the touch (I liking) of this Maebashi Tersa was slightly far from the feeling to which a fingertip moves the performance of heaviness, however that day freely.
I performed about 3 minutes, passed, become less boring and seceded from the copy of the Cologne concert quickly. Since what a piano says too much is not listened to, my finger (or it says, hand) loses temper in about 6 minutes at last.  A redundant conversation with Steinway continues after it.
Introduction development turn and conclusion did not have anything, either.
It is [ improvisatorial and ] just going to say that it is carried out with Improvisation well.
Now, this performance is improvisatorial [ which was performed by the provisional declaration for 12 minutes ].
 I was trying to perform, since time could be worrisome and was not able to concentrate although it has performed improvisatorial, carrying out a clock and a staring contest before without seeing a clock.
It may be harvest that an improvisatorial solo came made in plus-or-minus 30 seconds to the schedule for 12 minutes recently.
November 2, 2013   The Maebashi Tersa Hall/    Joshu  concert the 15th time .

2013/11/18

Norwegian Wood / ノルウェイの森 Piano Trioでもう一息



NORWEGIAN WOOD (This Bird Has Flown)

  I once had a girl
  or should I say she once had me
  She showed me her room
  Isn't it good, Norwegian wood

  She asked me to stay
  And she told me to sit anywhere
  So I looked around
  And I noticed there wasn't a chair

  I sat on a rug, biding my time
  Drinking her wine
  We talked until two
  And then she said, it's time for bed

  She told me she worked in the morning
  And started to laugh
  I told her I didn't
  And crawled off to sleep in the bath

  And when I awoke I was alone
  This bird has flown
  So I lit a fire
  Isn't it good, Norwegian wood

「ノルウェイの森」 大ベストセラーの題名として知られるこの「ノルウェイの森」というフレーズは、ビートルズの人気曲 Norwegian Wood[ノーウィージェン・ウッド] の邦題としても有名である。ただ、Norwegian Wood は「ノルウェイの森」という意味ではない。これは「ノルウェイ産の材木」とでも訳すのが正しい。ビートルズのこの歌は、ノルウェイ産の材木を使って作られた部屋を舞台にした一夜の物語であり、歌の主人公は最後にこの部屋に火をつけてしまうという内容である。ちなみに、「ノルウェイの森」を英語で言うとすれば、woods in Norway か a forest in Norway となる』
          (『外国人を笑わせろ!・ジョークで覚える爆笑英会話』)より

Norwegian Woodという曲の歌詞には どうやら、
 ”彼は、自分を部屋に誘っておきながら、同じベッドではなく、風呂場で一夜を過ごさせた彼女への腹いせに、あるいは、一杯食わされたことへの復讐として、彼女の部屋に、つまりノルウェーの木材に火をつけたのだろう。”
http://ameblo.jp/assistantprofkeyaki/theme-10032872867.html
 このあたりが結論のようです。

さてさて、最近はこの曲を少しずつ色々な試みでアレンジしている。
前回は Augusta Jazz Funk Bandでのアレンジ
http://choro2648.blogspot.jp/2013/09/hancock-arrangenorway.html 小池氏のsoprano saxが素晴らしい。まだコードのつなぎ、解釈がスムーズにいかない。
今回はピアノトリオでのアレンジ。だいたいこのトリオは選曲やアイデアを事前に連絡して置く程度で、本番前一発練習のみなのであるが、おのおの解釈してきたようです。それにしても難しい曲(アレンジ)だ。もう一息。(ため息)
 
 

2013/10/31

2013年11月〜12月のスケジュール

●11/2(土) 前橋/テルサホール  1100ー1600         
第15回 華麗なる上州音楽会 今回も即興ソロで参戦予定 14時過ぎぐらい

●11/3(日)1830 高崎/ケイノート
藤井学(dr) /斎藤慎一(b) 地元ミュージシャンとの共演ツアー in 高崎
藤井学(dr) /斎藤慎一(b) 樫山英人(g)、甲賀英明(p)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=432608166848008&set=a.373036002805225.1073741826.100002964867795&type=1&theater


○11/9(土)1300-1700 前橋/オーガスタ
 Music Exploration Company【音楽探険隊】公開リハーサル
http://choro2648.blogspot.jp/2013/03/music-exploration-company.html

●11/9(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 小泉元樹 (ts)
 http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html
 http://choro2648.blogspot.jp/2011/11/k-note-jazz-project-introduction-and.html

●11/10(日)1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Gesut : 饗場拓也 (as,ss,EWI)

●11/16(土)前橋/オーガスタ  AFB & MEC
 Augusta Jazz Funk Band #125
 小池俊明(Ts,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、道木裕子(d)
 Music Exploration Company【音楽探検隊】#13
 タイガー小鉄(g)、饗場拓也(as,ss EWI)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(d)
 http://choro2648.blogspot.jp/2013/03/music-exploration-company.html

□11/19

●11/23(土)高崎/ケイノート
 鈴木明男2nd album 発売記念ライブ
 鈴木明男(as)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)、石曽根靖(g)、野村精治(b)

●11/30(土)高崎/ピエロ
 Pierront Session
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

○12/1(日)1930 前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band 公開リハーサル

●12/14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project   甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)
 Guest : 松井健@店主 (ts)
 http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/schedule.html
 http://choro2648.blogspot.jp/2011/11/k-note-jazz-project-introduction-and.html

●12/15(日) 1830 高崎/くいものや亮 
 くいものや亮Musician`s Club 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Special Gesut : 佐藤達哉(ts,ss)

●12/21(土)前橋/オーガスタ
 Augusta Jazz Funk Band #126 & Session
 小池俊明(Ts,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、道木裕子(d)
 二部はJamSession

●12.28(土)(土)高崎/ピエロ
 Pierront Session
 小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

2013/10/30

「おとなのピアノ」... て何だろう。


少なくとも「子供のピアノ」と違いは..... この日記を呼んで不愉快になるかたもいらっしゃるかも知れませんが、 
昔、子供の時、ピアノを習っていて練習が厭だったころとは違うはず。 

音楽を楽しんでいること。 
色々なジャンルがあること。 
他人と比較するものではないこと 
上手下手でもない。 
機械的な、正確な 譜面通りの演奏はこどもに任せましょう。 

私の大人のピアノのこだわりは 
「思い入れ」と「楽しさ」と「演奏前の言い訳」とついでに「しっかり飲み会」 

どうも、この前の「冬のパン祭り」はどうかな~ と思いました。 
上手下手という問題ではなくで、 
極端に狭いベクトルの中で音楽を感じている人が多いことが 
とても気になりました。 
こどものピアノの延長線上じゃ............. 

この世の中に 
もっともっと素晴らしい音楽が たくさんたくさんあることに
気づいていないんじゃないんでしょうか? 

子供の時のピアノは 
どんどん脱落して出口が音大しかないという構造。 
それで音楽をやめてしまうんですね。何故だろう。

本来、一生音楽を楽しむ上でとても大切な要素は 
ピアノの基礎的なある程度のテクニック(適当な)と 
コードの知識と、リズムの勉強をすることだと思います。 

しかし巷のピアノの先生は大切な後の2要素はほとんど教えてくれません。 
だいたい先生がそのように習っていないからでしょう。 

少なくとも、色々な音楽があること、コードの重要性、リズムの重要性に気づくともっともっとピアノが楽しいものになると思います。 

私の軸足である「ジャズ」も決して広くありませんが、いわゆる「クラシック」の方向性は極端に狭いですね。もっと自由な音楽があるはずです。 

饒舌な言葉(音)より、も一音一音の心のこもった言葉(音)に惹かれるのは 
年をとったせいかな....(苦笑)                       

                                   2012年1月4日 Mixi日記からの引っ越し

They are "a child's piano" and a difference at least..... It is although this diary may be called, and it may become unpleasant may also come, A long time ago, at the time of a child, the piano is learned, and when practice was disagreeable, it must be different.

Enjoy music. There need to be various genres. It is not a thing in comparison with others.
It is not the skillful lower part, either. mechanical -- exact   Let's leave the performance as a musical score to a child. "A prejudice of my adult's piano is a drinking session firmly to "intensity", "pleasure", "the excuse before a performance", and the occasion." Somehow, how isn't last "pan festival of winter"?

I considered. it was very worrisome that there are not the problems of the skillful lower part but many people who come out and feel music in the extremely narrow vector. On the extension of a child's piano .........…. In this world More wonderful music   Has not he noticed that it is in large numbers?
The piano at the time of a child Structure where it drops out rapidly and an exit has only a college of music. Then, will music be stopped? It will be why.

Originally, I think that a very important element is carrying out a certain amount of fundamental technique (it is suitable) of a piano, the knowledge of a code, and study of a rhythm when enjoying music throughout life. However, two elements of the back where the teacher of a public piano is important are hardly taught.

It will be because the teacher is not learning such generally. I think that it will become what has a more pleasant piano if you recognize that there is various music at least, the importance of a code, and the importance of a rhythm. Although the "jazz" which is my pivoting foot is by no means large, the so-called directivity of a "classic" is extremely narrow. There must be freer music. Being charmed from talkative language (sound) by the language (sound) by means of which it was filled with the heart of も 1 sound 1 sound is the cause kana which grew old.... (bitter smile)

2013/10/28

Lecture <講義>

先日のmixi動画の突然の消滅に多大な危機感を感じてmixiの日記のアーカイブをこちらに少しずつ移動します。
2010年01月22日のmixi日記より。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

非常勤講師を二箇所で頼まれていて、年に合計5回だけ、講義に出掛ける。

昨日は母校での4年生の講義でした。 以前は少人数の実習担当だったので、

気楽に楽しく,,,でしたが。大教室での講義は難しい。学生が寝てしまう。 

 世の中の先生、大変ですね。出席率は事前の連絡どおり5割程度。だいたい自分が学生の

時にあまり系統講義に出席しなかったので文句は言えない。 

年に一度の非常勤講師のため、プレッシャーが結構かかる。 

大講義室が新しくなり、以前は大きな階段教室で、一番後ろは相当に高い、遠い印象でし

たが、高低差が解消されたのでお互いやりやすいようです。 


昨年の講義が空回りし(学生にウケなかった感)自分でもイマイチでした。だいたい講義

担当のテーマが難しすぎる。学生の興味を引くのが難しい。 

理解するポイントを1時間で5つにしぼり、ビデオを多目に入れる。昨年の試験問題を解

説しながらすすめる。スライドバチバチは最小限に。 

講義しやすい教室になったことに助けられて(?)割と今年は寝ている人は少なかった

(笑)かも。 

終了後に質問に結構来たので少しほっとしました。昨年よりましか。 

しかし、教員って大変ですね。 

系統講義(教科書の勉強)の学習効率の低さってなんとかならないのでしょうか?。だか

らと言って、最小限教科書の勉強は必要でしょうが。

The part-time teacher is asked for me at two places, and I go out for a lecture only a total of 5 times for a year. I gave a lecture on the fourth grader in my alma mater yesterday. since I was training charge of a small number of people before, although it came out happily in comfort and carried out. The lecture in a lecture hall is difficult. A student will go to sleep. I think that the teacher of a world is serious. The percentage of attendance was about 50 percent as a prior connection. Since he seldom attended the system lecture when he was a student generally, it cannot be complained. It is under pressure for a year very well for me for a one-time part-time teacher. although the large lecture room became new, it was a big lecture theater and the very back was a far, fairly high impression before, since the vertical interval was canceled -- each other -- it seems that I am easy The lecture last year idled and a one (admiration which did not appeal to the student) was not quite satisfactory, either. The theme for a lecture is too difficult generally. It is difficult to pull a student's interest. The point to understand is extracted to five in 1 hour, and video is put into many eyes. He recommends explaining the test question last year. a slide -- punishment -- punishment -- the minimum. Also or [ that there were few people who were helped by having become a classroom on which it is easy to give a lecture, and are sleeping the (?) rate and this year ] (smile). Since it came to the question very well after the end, he felt relieved for a while. Is it better than last year? However, a teacher is serious. Doesn't the lowness of the study efficiency of a system lecture (study of a textbook) become somehow? . therefore -- although it says and the study of a textbook at worst will be required.