2016/07/02

ジョージ・シアリング スタイルの「星に願いを」 " George Shearing Style - When you wish wish upon a star "



■ブロックコード
細かく動くメロディに、同期して動くハーモニー部分を加え、分厚いサウンドでメロディを表現することをSoli Voicingといい、主に管楽器やコーラスなど一つの声部を一人が担当する単旋律楽器のアンサンブルで用いられます。これをピアノやギターで正確に行うことは至難の業であるので、内声部を比較的固定的な和音で代用して演奏するスタイルを特にブロック・コードといいます。
内声があまり動かないのを補うため、通常はオクターブ下にメロディを重複させる(Octave Doubling)ことが多い。正式な音楽用語ではないが、ジョージ・シアリング*やオスカー・ピーターソンが効果的に多用する。      (You Play Jazz Jazz用語辞典 より)

基本オクターブの中にぎゅっとコードトーンを4-5音詰め込こむわけで、かなり近接した音が衝突します。ジョージ・シアリングはこれにVibraphoneを重ねています。勝手にジョージ・シアリングスタイルとしましょう。

大学生のころジョージ・シアリングのブロックコードをコピー研究してましたが、
内声がわずかに変化すると微妙に色が変わるのでブロックコードはとても難しい。

2016年4月10日 高崎/くいものや亮 
小林啓一(vib), 甲賀英明(p),山崎隆之(ts), 坂井康良(b), 伊藤勇輝(dr)

本家はこちら



■ Block Chord
A wind instrument and a chorus call to synchronize with the melody which moves small, add the harmony part which moves and express a melody by a thick sound Soli Voicing, and are used by an ensemble of the single melody playing instrument by which one person takes charge of one voice part mainly. It's a difficult art to do this correctly by a piano and a guitar, so I substitute a fixed chord for the inner voice part relatively and call a played style block cable in particular.
To make that inner voice doesn't move so much up, I usually make a melody overlap under the octave (Octave Doubling), often. It isn't formal musical terminology, but George seer ring* and Oscar Peterson use effectively.      (From  You Play Jazz Jazz terminology dictionary)

In the basic octave, firm, the cable tone, including 4-5 sound packing, the sound I approached fairly conflicts by a crowded reason. George Shearing is piling Vibraphone on this. I'll have everything my own way with George Shearing style.

Copying was studying blockChord  of George Shearing around a college student.
When inner voice changes a little, the color turns subtle, so the block cable is very difficult.

April 10, 2016  Takasaki/bite thing and Ryo
Keiichi Kobayashi (vib), Hideaki Kohga(p), Takayuki Yamasaki (ts) and Yasuo Sakai  Ryo (b) and Yuuki Ito (dr)

2016/07/01

2016年7月〜8月のスケジュール

増殖中の高崎ピエロ出演者のサイン 
◯ 7.9 (土)1400 伊勢崎/蔵
 「至上の愛」全楽章 リハーサル

●7.9(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #135 甲賀英明(p)、山中幸一(b)
Guest : 饗場拓也(ss,as)、金澤洋幸(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●7.10(土)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #105
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 平渡圭樹(Violin, Cello),  大藤将人(dr)

●7.16(土)1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane 追悼「至上の愛」全曲演奏コンサート (vol.10)
 森村恭一郎(ts,ss), 甲賀英明(p)  渡辺好造(b), 手嶋健吾(dr) 森村晃大(g)

●7.23(土)  2000 足利/屋根裏
 JamSession 
  Host : 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)


●7.30(土)1800〜2100 北本/香文木
 Fusion Session
荒井雅子(dr)、富永正寿(ts,flu)、長谷川舜(g)、甲賀英明(key)、道木正之(eb)
--------------------------------------------------------------------------------------
●8.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #136  甲賀英明(p)、山中幸一(b)
Guest : 小林里枝(as)、金澤洋幸(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●8.14(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #106
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 岡田嘉満(ts)  斎藤忠男(dr)

◯8.16 2110 前橋/まちなか音楽館
 福田重男Jazz piano Clinic

●8.21(日)1900(要確認)前橋/es cafe
 Story of Songs vol.4
西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b) 金澤洋幸(dr)

●8.27(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(dr)

2016/06/02

Bolivia多民族国とCedar Waltonと....攻略法と謎




曲を演奏する時にはその曲のあれこれを調べてみると楽しい。


■Bolivia多民族国 

 2009年にボリビア共和国(Republic of Bolivia)はボリビア多民族国(Plurinational State of Bolivia)に国名を変更している。  ペルー、チリ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの5カ国に取り囲まれ、国土内に海への出入り口を持たない内陸国。憲法上の首都はスクレだが、政府主要機関はラパスにある。ラパスは標高3593mと世界最高高度にある首都である。 かつて”黄金の玉座に座る乞食”と形容されたように豊かな天然資源を持つにも関わらず貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。経済の主軸はかつて金、銀、現在は錫、石油、天然ガスである。人口は1067万人(20013年) ボリビアの名前は19世紀初頭のボリビア独立戦争後、初代のボリビア大統領「シモン ボリバル」に因んでいる。建国依頼政治的に非常に不安定なため、クーデターは100回以上起きている。参考リンク 
日本ボリビア協会 ボリビアってどんな国? 
外務省ホームページ ボリビア多民族国 
Wikipedia ボリビア

■Cedar Walton 

  シダー・ウォルトンCedar Walton1934年1月17日 - 2013年8月19日
 アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間籍を置きウェイン・ショーターフレディ・ハバードカーティス・フラーらと活動をともにした。1964年にジャズ・メッセンジャーズを脱退。強く弾いても音の美しさが崩れない、「鈴の音」と形容されるピアノタッチが彼の特色。 (WikiPedia )

■この曲の攻略法 
 この曲の攻略法は易しくはない。16小節のG の一発処理の後後半の16小節はベースラインを追いかけてアドリブをしていてはカッコ悪い。ましてはコードスケールトーンを羅列ではダメ。このコード進行の鍵は共通音を探し、あまり「動かずに」微妙に内声を変化させることがポイントだろうと思っている。なかなか気に入ったアドリブの参考音源も見つからないが、ベース・ラインに引きずられずに、シンプルに歌うことができるはず。と薄々感じているが、難しい. 一つのヒントとして、分数コードで解釈してても良いのかもしれない 

つまり
-----------------------------------------------------------------------------------------
E♭maj7    Em7   A7    Dmaj7   A♭7 → E♭maj7    Em7  Em7/A      Dmaj7 

D+5/A♭ Gmaj7     F#7 Bm7 Cm  → Bm/G    B♭dim/F# Bm7 Cm
 
Bm       Bm/A  G#m7(-5)    Gm  C7 → Bm    Bm/A   Bm/A♭ B♭/G B♭/C 

Fmaj7      B7       B♭maj7  A7       → Fmaj7    F7/B     Fsus4 /B♭   A7
-----------------------------------------------------------------------------------------

 トップの和音が驚くほど移動が少ないことに気づきます。もちろん転回形もあり得ますので、解釈はこれだけではなくこの3度上の転回形コードもあり得ます。コードの記譜にあまり自信がありませんが、目からウロコが落ちた人も2-3人いるはず。そりゃどんな曲でも当たりまえだろ、という人もいるかもしれませんが、特にこの曲では重要と思います。●謎 Cedar Waltonが何故この曲にBolivia と名付けたかはわかりませんでした。

動画データYaneura Session, Ashikaga, Tochigi.April 30, 2016.Hideaki Kohga(p)、Kozo Watanabe (b)、Hiroyuki Kanazawa (d), Satoshi Kaneko (Conga)


When it'll be checked variously about the song when playing a song, it's fun.

■ Plurinational State of Bolivia  
 The landlocked country which is rung by 5 countries, Peru, Chile, Argentina, Paraguay and Brazil and doesn't have an entrance and exit way to a sea in the country. The constitutional capital is a sucre, but government major organization is in La Paz. La Paz is the capital in the altitude 3593m and the world most high altitude.  The state that I'm poor continues and is also one of the Latin America poor countries at present though it has abundant natural resources as it was described as" the beggar who sits down on the gold throne" formerly. A financial principal axis is gold and silver formerly, and present is a tin, petroleum and natural gas. The population, 10,670,000 people (2013)

■ Cedar Walton
 Cedar Walton (January 17, 1934- August 19, 2013) was a member for 3 years and made Wayne, the shorter, Freddie Havard, the Curtis hurrahs and the activity  Art Brakey Jazz Messengers together. He withdrew from Jazz  Messengers in 1964.The characteristic by which "the tone of the bell" and the described piano touch with not deformed beauty of the sound are he even if it's played hard.  (WikiPedia)

■ Capture way of this song 
 The capture way of this song isn't easy. Since running after a baseline and doing ad lib, 16 measures in the second half are clumsy after blow processing of 16 measures of G. Much more for, the cord scale tone, it's useless by enumeration. A key of this cord progress looks for common sound, and I think it'll be so important "Without moving." to change inner voice subtly. The liked ad-lib reference source isn't also found easily, but without being dragged to a base line, it should be possible to sing simply. It's felt slightly so, but it's difficult. It may be the one which may be interpreted by a fractional cord as one hint.   I notice that there is little movement so that a top chord is marvellous. A turn-shaped is also possible of course, so the turn-shaped by which interpretation is on these 3 times as well as this, cable is also possible.  There are no itself in transcription of music of cable so much, but 2-or 3 people who fell should need a scale from an eye, too.Why, there may be a person who says that every kind of song is proper, too, but I think it's important by this song in particular.● It's mysterious.

 I didn't know why Cedar Walton named this song Bolivia.

2016/06/01

2016年6月〜7月のスケジュール

軽井沢/大賀ホール
●6.5(土)前橋/刀城会館   群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会 (Closed)

●6.11(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 伊藤学(g, vo harmonica)@新潟、大藤将人(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●6.12(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #104
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●6.25(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、斎藤忠男(d)

◯6.27(月)2240  前橋まちなか音楽館

福田重男レッスン
------------------------------------------------------------------------------
◯7.9(土)1400  伊勢崎/蔵
 「至上の愛」全曲演奏 リハーサル


●7.9(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest: 饗場拓也(ss,as)  金澤洋幸(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●7.10(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #105
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 平渡圭樹(Violin, Cello),  大藤将人(dr)

●7.16(土)1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane 追悼「至上の愛」全曲演奏コンサート (vol.10)
 森村恭一郎(ts,ss), 甲賀英明(p)  渡辺好造(b), 手嶋健吾(dr) 森村晃大(g)

●7.23(土)  2000 足利/屋根裏
 JamSession 
  Host : 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)

●7.30(土)1800〜2100 北本/香文木

 Fusion Session
 荒井雅子(dr)、富永 正寿(ts, fl )、長谷川舜(g)  甲賀英明(key)、道木正之(b)

ただのトモダチ関係も難しい " Just Friends " Jazz Piano Trio May 9 , 2016 Takasaki Kuimonoya Ryo



"Just Friends" is a popular song that has become a jazz standard. The song was written in 1931 by John Klenner with lyrics by Sam M. Lewis. Although introduced by Red McKenzie and His Orchestra in October 1931, it first became a hit when singer Russ Columbo performed it with Leonard Joy’s Orchestra in 1932. It charted again the same year in a version by Ben Selvin and His Orchestra and has been recorded often since by WikiPedia

During playing, it's also important to hear other people, but the rhythm in which one inheres is a problem. Rhythm of a piano is very unstable.
A rehearsal just became faster than the supported tempo, and it's useless, isn't it? An amateur regrettable performance. An animation of the reflection purpose.
I wanted to do more various things, I wanted to make a pitfall and play in particular. A not enough performance.

May 8, 2016 Takasaki Kuimonoya Ryo
Hideaki Kohga (p), Yasuo Sakai (p) Yuki Ito (dr)

演奏中は他の人を聴くことも大切ですが、自分の内在するリズムが問題なのです。とてもピアノのリズムが不安定です。
リハーサルのテンポ支持したテンポより速くなっただけで、だめですね。 アマチュアの悲しい演奏です。と反省目的の動画です。
もっと色々なことをやりたかったのですが、特に落とし穴を作って遊びたかったのですが。余裕がない演奏ですね。

2016/05/14

2016年5月21日(土)1930 水口昌昭 / 高梨道生 / バイソン片山トリオ + /高崎ケイノート

ギターの水口さんのお誘いで 5月21日(土)1930〜 高崎/ケイノートでライブ&セッションを企画しました。

2016年5月21日(土) 1930〜 高崎/ケイノート

Mimi Trio +
水口昌昭(g)、高梨道生(b)、バイソン片山(d)       + ゲスト: 甲賀英明(d)
ライブ&長めのセッションを予定します。是非皆さん楽器を持って集合しましょう
チャージ 2000円 ワンドリンク付きです。

水口昌昭(g)東京都在住 フランスのアコーディオン奏者パトリック・ニュジェ氏にスカウトされギタリ
スト・音楽監督として彼のバンドに7年間在籍。その間パリでのレコーディング、ヨーロッパを中心とした
コンサート活動 クロードチアリ氏、雪村いずみ氏、真梨邑ケイ氏等のバックミュージシャンも勤める。
現在、バイソン片山バンド、ハービートンプソングループ、真梨邑ケイグループに参加中。YAMAHA大人の
音楽教室講師。2012年 2nd album Alon togetherを発表 デトロイトジャズフェスティバル、モントルー
ジャズ・フェスティバル出演

高梨道生(b)
東京生まれ 日本大学芸術学部音楽科コントラバスコース卒業。
クラシックを永島義男氏に学ぶ。90年代にロン・カーター氏と出会い薫陶を受ける。
1996年から数年はNYと日本を行き米し、バードランドなどに,出演。その後は国内でで多くの日本人、
多くの来日ジャズミュージシャンと共演。また、トミー・キャンベル、マイク・プライス、ミッキー・カーチス
We Three Trio などのグループでも活躍。
 
バイソン片山(ドラマー)
宮城県出身 ジャズドラマー、CMタレント、俳優 パール楽器専属講師  
バイソン片山ドラムクリニック主宰 第一回札幌ビールジャズオーディション優勝(89)
海外出演 モントルー・ジャズ・フェスティバル(’89) モンタレー・ジャズ・フェスティバル('90)
L.A.クラシック・ジャズ・フェスティバル(’98)出演

甲賀英明(ピアノ)ゲスト

高崎市在住  群馬大学医学部ジャズ研出身 ジャズが軸足でクラシックの会でピアノソロ即興、Fusion bandまで雑食。2010年YouTube動画コンテスト「Jazz Session on Youtube」ピアノ部門優秀賞。ブルーノート東京に出演 




2016/04/30

2016年5月〜6月のスケジュール

後藤さんちの古いベース オーガスタ前 2006年
●5.8(日)1830 高崎/くいものや亮

Kuimonoya Ryo Musician`s Club #103
江尻雅枝(bs)    山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●5.14 (土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #134 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 西田ますみ(vo) 、吉原秀樹(d) 小池俊明(ts,ss)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.15(日)1125 埼玉県上里町/ウニクス上里
 Farmer`s Market & Jazz
 Story of Songs 西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b), 金澤洋幸(dr)
 https://www.unicus-sc.jp/kamisato/event/

●5.21(土)1730 高崎/ケイノート
 mImi trio +
 水口昌昭(gt)、高梨道生(b)、バイソン片山(d)、甲賀英明(p) 
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.28(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●6.5(土)前橋/刀城会館  
 群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会 (Closed)

●6.11(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 伊藤学(g, vo harmonica)@新潟、大藤将人(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●6.12(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #104
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●6.25(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)


即興のココロ とアナリーゼ / 高崎City Gallery Improvisation April 16,2016


即興の始まり
 それは私が高校1年の時 偶然AMラジオをつけた時に、嵐のようなピアノの音が流れてきた。まるで豪雨のような、いまだかつて聞いたことのない音楽。そしていつしか雨はやみ、景色の明度が増し、わずかに虹が見え余韻を残しながら消えて行く。
 自分の耳の記憶を頼りに探し、後に1973年に録音された「ソロコンサート」Bremen part 1にたどり着く。これがキース・ジャレットとの出会いでした。当時音楽的に多感であった時期なのでしょう。私にとって大変な衝撃で、多大な影響を及ぼしました。

即興の前に
 この日はの相手は高崎シティギャラリーのベーゼンドルファーインペリアル。直前に仲間のピアニストの調律も入り 中低音の豊かな響きが心地よい。しかしリハーサルでも気になったことが、右手の速いパッセージがどうしても転んでしまう。鍵盤を押した時のタッチはやや重めであるが重いことは問題にはならない。ピアノのせいにしてはいけないのだが、問題は中音高音での鍵盤の返りがやや遅く、軽くふわ~と速いパッセージが難しかった。夢スタジオのベーゼンドルファーも鋼鉄のような印象を持っている。週末音楽家にとっては指のトレーニングをしないと弾きこなせない。鬼門である。

最初のモチーフ
 即興を行う時には最初のモチーフ、パターンと調性だけは考えておく必要がある。この日は朝考えた少々どこかで聞いたようなクラシックっぽいモチーフから入る あとで聞くとブリテンの「青少年のための~」ぽいなあ。それから数分はピアノとの探りあいが数分続く。 
 即興というのは出できた音に対して次の音が反応して進行して行く。出てきた音、ピアノのレスポンスに寄る部分が大きく、当然相手のピアノによって展開が変わって来る。
 最初のモチーフのみは事前に考えている。そうでないと始まらない。 しかしあとは指任せ、ピアノ任せである。ここから先は体調とピアノとの相性が大きい。必要なものはまず、第一に良いピアノとホール 第二に良い調律 第三に体調管理 第四に直前の1時間の指の練習(と思うがいつもできていない。)

言い訳
 即興を行う時には私は絶対に時計を見ないようにしている。これは時計が見ていて墜落してしまった経験があるからである。そのため体内時計が頼りとなる。この日の申告予定時間は12分。最近の時特技としてプラスマイナス1分ぐらいで終わらせることが特技になっていたのだが、この演奏は何故か16分半もかかっている。前日の仕事疲れか、体内時計の劣化(老化?)かわからない。これでも12分のつもりであったのに。

幽体離脱
 即興行っているのは両ての指先だけでレスポンスしている感覚である。頭で考えていたのでは間に合うはずがない。調子が良いとピアノと指が勝手に演奏を続け、私の意識は数メートル後方に離脱してやや離れたところから客観的にみている感覚となる。

アナリーゼ
 この即興は 後から見れば大きく3つの部分に分けられる。最初~6分ぐらいまでは冗長である。なかなかピアノが言うこと聞いてくれない 6:35から景色が一変する。ベーゼンドルファーインペリアルの黒鍵盤に誘惑され、工事現場のような音が始まる 中音低音系のピアノ?なのでこういうのを弾いてくれ!とうことだったのか。音が大きければ良いというものでは全くないが、ピアノから要求された と言っておこう。

 私の即興は和音展開系である。ある程度音楽をやっている人は理解してもらえると思うが、一つの与えられた和音(コード)に対して進んで行く先の次のコードパターンは実は通常多くはなく指先で反射的に対応可能である。私の場合は 2-5はほとんど見られない。ルートの音が半音ずつ変化して行くか、またはコードの内声変化させていく。分散和音での処理が多い。そしてそれが8小節~16小節単位で進行して行く。リズムは4拍子と3拍子が頻繁に入れ替わるが、12拍子のアクセントの位置を変化サせているだけのようである。調性は何も考えないとkey= Dにどうしても収束してしまう癖があるようだ。

参考リンク
 http://www.st.rim.or.jp/~success/keith_ye.html


Improvised first
 When I put an accidental AM radio on that when I was a high school for 1 year, the tone of the piano like a storm has been called off. The music the thing heard is never just like a torrential downpour. And only when, I suffer from rain and increase in the brightness of the scenery, and a rainbow looks little and evanesces while leaving a lingering tone.

 After looking for it to depend on a memory of the ear, recorded "solo concert" arrives in Bremen part 1 in 1973. This was an encounter with Keith Jared. The time susceptible musically then. I had a great influence by a serious impact for me.

Before improvised.
 The partner who is this day is BEZENDORUFAINPERIARU in Takasaki city gallery. A ring abundant in a low voice during entering is also pleasant tuning of company's pianist just before. But the fast passage by which a worrisome thing is a right hand also slips on the rehearsal absolutely. The touch when pushing a keyboard, is rather heavy little, but if it's in a problem, a heavy thing is not. You aren't supposed to blame a piano, return of a keyboard by a normally-pitched voice high note was light late little, and FUWA-and a fast passage were difficult for a problem. BEZENDORUFA in a dream studio also has an impression like steel. When I don't do the training of a finger for a weekend musician, you can't play and make up. It's an unlucky quarter.

The first motif
 When doing interest immediately, it's necessary to regard only tonality as the first motif and pattern. This day was considered in the morning, Britain "is for young people"-when it's heard after entering at the motif which looks like the classical music asked somewhere a little, look. And the spying on each other with the piano continues for several minutes for several minutes. 
 I go out to being improvised, and the next sound reacts and progresses to the sound you could hear, and goes. Development turns big of course by partner's piano, and the part where I come near comes to the sound which has come out and the response of the piano.
 Only the first motif is considered beforehand. So, or, it doesn't start. But I leave the back to the finger and leave to the piano. Physical condition and the chemistry with the piano are big from here. The piano and the hole for which something necessary is good at first first  Second, good tuning  Third, physical condition management  Fourth, practice of a just before finger for 1 hour (And, I think, but it's never done.)

Excuse
 When doing interest immediately, I decide never to see a clock. This is because a clock is seeing and has the experience which has fallen. Therefore a biological clock will be a reliance. Declaration schedule time of this day is 12 minutes. It was the specialty to bring to an end in about plus minus 1 minute as the specialty at these days, it takes 16 minutes and a half for this performance for some reason. I don't know whether it's the previous day's work fatigue or degradation of a biological clock (Aging?) Even this will be 12 minutes.

Astral projection
  To need the improvised line, ryou, and, the response is the feeling which is being done only by a fingertip. When thinking, a head can't make. It'll be the sense which is thought to be well objectively from the place where a piano and a finger continued the performance, left my consciousness behind several meters and got away little selfishly.

Analysis
 This, when seeing from later, interest will be shared with 3 parts big immediately. It's redundant until the beginning-around 6 minutes. The scenery changes completely from 6:35 which doesn't hear that a piano says easily. The tone like the construction site is tempted to a black key board of BEZENDORUFAINPERIARU, and starts  Piano of the normally-pitched voice low system? So please play such one! Was it to care? I don't have that at all by the one which should be loud, but I'll say that it was requested from a piano.
   My, interest will be a chord development course immediately. Sound certain degree of, I think a sent person can have them understand easiness, but it's developed to the chord to which one was given (cord), and there aren't usually a lot of cord patterns next to the destination actually, and I'm prepared reflexly by a fingertip. Almost no 2-5 is seen in case of me. Or the tone of the route is changing inner voice of a cord from a halftone changes, and whether you go. There is a lot of processing by a broken chord. 8 measures of that moves forward by-16 measure unit, and I go. Quadruple time and triple time are frequently replaced with rhythm, the location of 12 chances of accent, change SA SE, just, seem. When I think nothing, tonality seems to be in the habit settled absolutely in key = D.

Reference link
 http://www.st.rim.or.jp/~success/keith_ye.html
 

2016/04/02

2016年4〜5月のスケジュール

Herbie Hancockのサイン@ Fazioli 2006
●4.9(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #133 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 森田ちひろ(vo) 、登坂新之助(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●4.10(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #102
小林啓一(vib)   山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●4.16(土)1100-1600 高崎/シティギャラリーコアホール
第二回Opusぐんま(Classic)
即興ソロ参戦予定
http://www.zusaar.com/event/16377004

●4.23(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●4.30(土)2000 足利/屋根裏
ジャムセッション
ホスト 渡辺好造(b)、西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●5.6(金)1900 高崎/くいものや亮
 鳳華はるな(宝塚歌劇団雪組) 坂井健良(b)、甲賀英明

●5.8(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #103
江尻雅枝(bs)    山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●5.14 (土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #134 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 西田ますみ(vo) 、吉原秀樹(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.15(日)1125 埼玉県上里町/ウニクス上里
 Farmer`s Market & Jazz
 Story of Songs 西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b), 金澤洋幸(dr)
 https://www.unicus-sc.jp/kamisato/event/

●5.21(土)1730 高崎/ケイノート
 mImi trio +
 水口昌昭(gt)、高梨道生(b)、バイソン片山(d)、甲賀英明(p) 
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.28(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

*写真の解説はmixi日記にリンク
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=97118354&owner_id=1013689

2016/03/22

熱く激しい " Feelings " Jazz Piano Trio


「愛のフィーリング」(原題は、Feelings)は、ブラジルのシンガーソングライター・モーリス・アルバート(Morris Albert)が1975年にリリースしたシングル。
作詞および作曲は、モーリス・アルバート。ビルボード(Billboard)誌では、1975年10月25日に、週間ランキング最高位の6位を獲得しています。ビルボード誌1975年度年間チャートでは4位。ビルボード誌の集計では、モーリス・アルバート最大のヒット曲となった。ブラジル、ベネズエラ、チリ、メキシコで、週間チャート1位を獲得した。また、ビルボード誌の集計では、ロック時代(1955年7月9日以降)のブラジル人アーティストの曲としては、最高位を記録した。 (ウイキペディアより引用)

この演奏ではピアノのテーマはシンプルに演奏を心がけました。コードの細かいニュアンスをつけるの難しい。ピアノ・トリオを構成するためには、ベースのパターンとドラムパターンのアイデアを話し合うことから始める必要があります。ベースとドラムのイメージができたところにちょこっと乗っかる位がバランス的には良さそうです。
私のアドリブは熱く、激しくなってしまいましたが、ドラムとベースは冷静でした。非定型のリズムですが、ドラムのアイデアとピアノのアドリブに対する反応が素晴らしい。

2016年3月13日 くいものや亮  高崎
甲賀英明 (p),  坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

"Feelings" is a 1974 song with lyrics written by Brazilian singer Morris Albert, set to the tune of "Pour Toi," separately composed by Louis “Loulou” Gasté in 1957. Albert recorded "Feelings" as a single and later included it as the title track of his 1975 debut album. The song's lyrics, recognizable by their "whoa whoa whoa" chorus, concern the singer's inability to "forget my feelings of love". Albert's original recording of the song was very successful, performing well internationally. "Feelings" peaked at #6 on the pop and #2 on the Adult Contemporary charts in America.
                         by Wikipedia 2016.3.21
A theme of a piano provided for a performance simply by this performance. Because an idea with the drum pattern is discussed with the pattern of the base, it's necessary to begin to compose a piano trio. I take the place where you could have a base at an image of a drum a little, to the extent, it seems good in balancing way.My ad lib had become intense hot, but the drum and the base were still. It was difficult to put the small hue of the cord.

March 13,  2016.
Kuimonoya Ryo Takasaki,
Kuimonoya Ryo Musician`s Club, Opening Performance
Hideaki Kohga(p), Sakai Yasuo (b) Yuuki Ito (d)

2016/03/12

2015年の埋もれつつある動画5本

2015年はYouTubeに116本の動画をアップしました。
この中から思い入れがある動画を5本ピックアップします。
これらの動画がview数多いわけではなく、どんどん埋もれているようです。

500 Miles High , (Chick Corea), Satoe Kobayashi & Takuya Aiba Quintet, Yaneura, Ashikaga,Tochigi February 13, 2015. 

Satoe Kobayashi (as), Takuya Aoba (ss) , Hideaki Kohga (p) , Kozo Watanabe (b), Hiroyuki Kanazawa ( dr)

Karuizawa Solo Improvisation May 16, 2015

Karuizawa Twitter Piano Concert at Ohga Hall on May 16, 2015
Piano Steinway & Sons D 277

Bird land ( Weather Report ) , Music Exploration Company【音楽探検隊】Live at es cafe, Nov.21, 2015

November 21, 2015.  Music Exploration Company【音楽探検隊】 live at es cafe
Tigar Kotetsu(g)、Takuya Aiba (as), Hideaki Kohga (key.) Masayuki Doki (eb)、Hiroyuki Kanazawa (dr)

Bolivia(2-1) Jazz Piano Trio, September 20, 2015. at Es Cafe

September 20, 2015. at Es Cafe, Maebashi, Gunma, Japan.
Hideaki Kohga(p), Kozo Watanabe (b),  Hiroyuki Watanabe (dr)
Es Cafe (群馬県前橋市)  2015年9月20日 甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)


Summertime, Jazz Vocal at Tea House Maya, June 7,2015

"Summertime" is an aria composed in 1934 by George Gershwin for the 1935 opera Porgy and Bess. The lyrics are by DuBose Heyward, the author of the novel Porgy on which the opera was based, although the song is also co-credited to Ira Gershwin by ASCAP.
 by Wikipedia
June 7, 2015.  Maebashi Tea House Maya , Maebashi, Gunma, Japan
Kazu Sekine (vo)、Hideaki Kohga (p)、Koichi Yamanaka (b)

2016/03/03

2016年3月〜4月のスケジュール


●3.12(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #132 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 吉野かずみ(vo) 、豊田勝巳(d) 小池俊明(ts ss)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●3.13(日)1330 前橋/中央公民館
ジャズ聴こう会 Jazz Live 
甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豐田勝己(d) Kazu Sekine(vo)

●3.13(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #101
Guest Kazu Sekine (vo) 
山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

◯3.15(火)2100 前橋/前橋まちなか音楽館
福田重男ジャズピアノクリニック(レッスン)

●3.26(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●4.9(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #133 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 森田ちひろ(vo) 、登坂新之助(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●4.10(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #102
小林啓一(vib)   山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●4.16(土)1100-1600 高崎/シティギャラリーコアホール
第二回Opusぐんま(Classic)
即興ソロ参戦予定

●4.23(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●4.30(土)2000 足利/屋根裏
ジャムセッション
ホスト 渡辺好造(b)、西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、金澤洋幸(d)