2016/09/23

黒田節ジャズ

酒は呑め呑め呑むならば 
日の本一のこの槍を
呑みとるほどに呑むならば
これぞまことの黒田武士


黒田節(くろだぶし)は、福岡県福岡市民謡。「〽酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひのもといち)のこの槍を 呑み取るほどに呑むならば これぞ真の黒田武士」の歌詞で有名。酒宴などでよく謡われる定番の唄である。    By Wikipedia 2016.09.23

いつも感心するのですが、清水さんのアレンジのセンスが光ります。
彼のアルバム「Japanese Standard」を聞いた時に 私は「やられた〜」と思いました。
それと、
ドラムの斎藤ちゅうさんがキレキレでした。

2016/09/10

10年目の 至上の愛 「A Love Supreme」

「毎年7月17日は、これを必ずやらなければいけない」
森村大先生に誘われて 2006年の7月17日 Coltrane Tribute Concertに初めて参加した。
ずっと一杯一杯でベース、ドラムスは変わり、本年はベースに好造氏を迎えての10年目のコンサート(2010年は開催できなかったので、10回目になる)
それにしても難しい曲だ。

■至上の愛

Part 1 : Acknowledgement



Part 2 : Resolution



Part 3 : Pursuance



Part 4 : Psalm



2016年9月〜10月のスケジュール

2016.09.04 群馬ジャズ・フェスティバル2016
●9.04(日)  高崎/倉渕 はまゆう山荘 
Tomoko  with K.Y.K.T
我孫子智子(p) 饗場拓也(as,ss), 甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、小川由紀夫(dr)

●9.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #137  甲賀英明(p)渡辺好造(b)   斎藤忠男(dr)
   Guest : 清水賢二@福岡 浦上眞紀@福岡   
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●9.11(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #107
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)
Guest: 橋本潔(g)、金澤洋幸(dr)

●9.24(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Session 饗場拓也(as,ss)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(dr)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●10.2(日)1530ぐらい 前橋/中央広場
 かぜの街音楽祭
 Music Exploration Company【音楽探検隊】
 タイガー小鉄(g),  てつ(g) , 甲賀英明(key)、道木正之(eb)、金澤洋幸(dr)
 
●10.7(金)1800 高崎/メトロポリタンホテル  (Closed)
 小児アレルギー学会 荒川教授招待宴  
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(dr)

●10.8(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #139
 Guest:   Kazu Sekine(vo)    井田 晃頌(dr)
    甲賀英明(p)、山中幸一(b)

●10.10(月祭)12:00~13:00 高崎/さやもーる
 山崎隆之グループ with 江尻雅江
山崎隆之(b.sax)江尻雅江(b.sax), 甲賀英明(piano),坂井康良(bass), 村松廣(drums)

●10.16(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮ミュージシャンズクラブ #108
 豊田悦巳(tb)、山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、小川由紀夫(dr)

●10.22(土) 1200-1730 前橋 / 夢スタジオ 
 第三回Opus 群馬  
 Jazz Piano Duo 甲賀英明(p) 久保園榮一(p) 
 熊谷のピアノの名手 久保園さんと滅多に聞けないpiano duoです。聴衆は無料
 出演は早めです。

●10.30(日)太田 まちなか音楽祭
 森村恭一郎バンド
 森村恭一郎(ts,ss)、甲賀英明(p) 

2016/08/02

2016年8月〜9月のスケジュール

◯8.7(日)1400-1700 前橋/夢スタジオ
 Music Exploration Company【音楽探検隊】リハーサル

◯8.8(月)1930-  榛東村/主音求Ⅱ
 Story of Songs リハーサル

◯8.11(木)1500- 前橋/夢スタジオ
 Tomato Band リハーサル

●8.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #136  甲賀英明(p)、山中幸一(b)
Guest : 小林里枝(as)、金澤洋幸(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●8.14(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #106
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、
Guest : 岡田嘉満(ts)  後藤竜也(b)、斎藤忠男(dr)

◯8.16(火) 2110 前橋/まちなか音楽館
 福田重男Jazz piano Clinic

◯8.18(木)1930 榛東村/主音求Ⅱ
 Story of Songs リハーサル

●8.21(日)1900(要確認)前橋/es cafe
 Story of Songs vol.4
西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b) 金澤洋幸(dr)

●8.27(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(dr)
-------------------------------------------------------------------------------------------
●9.4 高崎市倉渕町 はまゆう山荘 / 群馬ジャズ・フェスティバル2016
Tomato Band 
我孫子智子(p) 饗場拓也(as.ss), 甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、小川由紀夫(dr)

●9.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #137  甲賀英明(p)、渡辺好造(b)
Guest : 清水賢二@福岡 浦上眞紀@福岡  斎藤忠男(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●9.11(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #107
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)
Guest: 橋本潔(g)、金澤洋幸(dr)

●9.25(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(dr)

2016/08/01

〜ロシアより〜

■突発事件
このblogは2011年10月23日に開始されている。こでまでの総計ページビューは本日の時点で10万超。一日平均のページビューは60view程度(103451ビュー/1734日=約60)である。

 更新しないと当然のことながら、view数が低迷する。このBlogはほぼ音楽のことしか話していない。ライブの動画、私のスケジュール、ジャズピアノ講座、などなど。
 基本的に日本語と英語のBilingualで解説している(英語は機会翻訳でかなりいい加減であるが)
Bilingualとしている理由はYoutubeの投稿の経験から、音楽動画は日本以外のビューが多く、コメントも多いためである。

さて、時々ページビューで突発事件が発生する。
これまでも国別でウクライナがしばらくトップであったり集中的豪雨的にページビューが増えることはあった。
 7月28日から一日700ビュー、一週間で1900ページビューという突発大波が発生した。

■さて、どこの国から?
 国別で調べてみると、ほとんどロシアから(1800以上)アクセスされている。しばらく何だろう?と思っていたが、
 アクセス解析を結果は2011年に投稿した「週末鍵盤弾き的ジャズピアノ講座」がほとんどである。。(プロフィール閲覧も多いが)
  Google検索でジャズピアノ講座にたどりついているようだ。しばらく、ウクライナから同様ページビューの増加が認められたが、やはりこの「ジャズピアノ講座」が主体であった。

国が変わるとブラウザも変わる。
トータルでのブラウザ使用率は Chrome(26%)、Safari(22%)、Internはet Explorer(22%)であるが、この一週間のブラウザ比率左の如く、Internet Explorer が91%
という結果となった。


アクセス解析の結果をまとめると、今回の突発事件はロシアの人が、ジャズピアノが勉強を目的として、Internet explorerを用いて google検索を行い、辿り着いたということになる?のだろうか?




■ Outbreak event
 This blog has been begun on October 23, 2011. A total page view in KO is as of today, 100,000 over. A daily mean of page view is the 60view degree (103451 views/1734 days = about 60).
  Though it's a natural thing when it isn't renewed, the number of view hangs over. This Blog is speaking about only music mostly. Live animation, my schedule, jazz piano lecture and and all that.
 I'm explaining basically Japanese in English Bilingual (English is quite irresponsible by chance translation.)The reason that it's made Bilingual is because there are views a lot more than in Japan a musical animation from experience of contribution of Youtube, and there are also a lot of comments.
 Now, an outbreak event sometimes occurs by a page view.
Even this was by country and Ukraine was top-level for a while, and a page view increased like an intensive torrential downpour. An outbreak billow as 700 views a day and 1900 page view a week occurred from July 28.

■ from which country?
 When it'll be checked by country, almost all more than (1800) is accessing from Russia. What is it for a while? I thought so. The "weekend keyboard rod-like jazz piano lecture" to which a result contributed an access analysis in 2011 is most. (There is also a lot of profile reading.)
  They seem to arrive at a jazz piano lecture by a Google search. Increase of a page view was admitted from Ukraine for a while, but this "jazz piano lecture" was a subject as expected.
 When a country changes, a browser also changes.
The browser usage rate by the total is Chrome (26%) and Safari (22%), and Intern is et Explorer (22%), as it is the browser ratio left for this one week, Internet Explorer is 91%.
It was the result which says so.

A jazz piano did a google search using Internet explorer for the purpose of study, and a Russian person arrived at the outbreak event which is this time when a result of the access analysis was gathered, said, will it be? Is it really?

2016/07/02

ジョージ・シアリング スタイルの「星に願いを」 " George Shearing Style - When you wish wish upon a star "



■ブロックコード
細かく動くメロディに、同期して動くハーモニー部分を加え、分厚いサウンドでメロディを表現することをSoli Voicingといい、主に管楽器やコーラスなど一つの声部を一人が担当する単旋律楽器のアンサンブルで用いられます。これをピアノやギターで正確に行うことは至難の業であるので、内声部を比較的固定的な和音で代用して演奏するスタイルを特にブロック・コードといいます。
内声があまり動かないのを補うため、通常はオクターブ下にメロディを重複させる(Octave Doubling)ことが多い。正式な音楽用語ではないが、ジョージ・シアリング*やオスカー・ピーターソンが効果的に多用する。      (You Play Jazz Jazz用語辞典 より)

基本オクターブの中にぎゅっとコードトーンを4-5音詰め込こむわけで、かなり近接した音が衝突します。ジョージ・シアリングはこれにVibraphoneを重ねています。勝手にジョージ・シアリングスタイルとしましょう。

大学生のころジョージ・シアリングのブロックコードをコピー研究してましたが、
内声がわずかに変化すると微妙に色が変わるのでブロックコードはとても難しい。

2016年4月10日 高崎/くいものや亮 
小林啓一(vib), 甲賀英明(p),山崎隆之(ts), 坂井康良(b), 伊藤勇輝(dr)

本家はこちら



■ Block Chord
A wind instrument and a chorus call to synchronize with the melody which moves small, add the harmony part which moves and express a melody by a thick sound Soli Voicing, and are used by an ensemble of the single melody playing instrument by which one person takes charge of one voice part mainly. It's a difficult art to do this correctly by a piano and a guitar, so I substitute a fixed chord for the inner voice part relatively and call a played style block cable in particular.
To make that inner voice doesn't move so much up, I usually make a melody overlap under the octave (Octave Doubling), often. It isn't formal musical terminology, but George seer ring* and Oscar Peterson use effectively.      (From  You Play Jazz Jazz terminology dictionary)

In the basic octave, firm, the cable tone, including 4-5 sound packing, the sound I approached fairly conflicts by a crowded reason. George Shearing is piling Vibraphone on this. I'll have everything my own way with George Shearing style.

Copying was studying blockChord  of George Shearing around a college student.
When inner voice changes a little, the color turns subtle, so the block cable is very difficult.

April 10, 2016  Takasaki/bite thing and Ryo
Keiichi Kobayashi (vib), Hideaki Kohga(p), Takayuki Yamasaki (ts) and Yasuo Sakai  Ryo (b) and Yuuki Ito (dr)

2016/07/01

2016年7月〜8月のスケジュール

増殖中の高崎ピエロ出演者のサイン 
◯ 7.9 (土)1400 伊勢崎/蔵
 「至上の愛」全楽章 リハーサル

●7.9(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #135 甲賀英明(p)、山中幸一(b)
Guest : 饗場拓也(ss,as)、金澤洋幸(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●7.10(土)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #105
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 平渡圭樹(Violin, Cello),  大藤将人(dr)

●7.16(土)1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane 追悼「至上の愛」全曲演奏コンサート (vol.10)
 森村恭一郎(ts,ss), 甲賀英明(p)  渡辺好造(b), 手嶋健吾(dr) 森村晃大(g)

●7.23(土)  2000 足利/屋根裏
 JamSession 
  Host : 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)


●7.30(土)1800〜2100 北本/香文木
 Fusion Session
荒井雅子(dr)、富永正寿(ts,flu)、長谷川舜(g)、甲賀英明(key)、道木正之(eb)
--------------------------------------------------------------------------------------
●8.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #136  甲賀英明(p)、山中幸一(b)
Guest : 小林里枝(as)、金澤洋幸(dr)
Part 1 Guest Session  Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●8.14(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #106
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 岡田嘉満(ts)  斎藤忠男(dr)

◯8.16 2110 前橋/まちなか音楽館
 福田重男Jazz piano Clinic

●8.21(日)1900(要確認)前橋/es cafe
 Story of Songs vol.4
西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b) 金澤洋幸(dr)

●8.27(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(dr)

2016/06/02

Bolivia多民族国とCedar Waltonと....攻略法と謎




曲を演奏する時にはその曲のあれこれを調べてみると楽しい。


■Bolivia多民族国 

 2009年にボリビア共和国(Republic of Bolivia)はボリビア多民族国(Plurinational State of Bolivia)に国名を変更している。  ペルー、チリ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの5カ国に取り囲まれ、国土内に海への出入り口を持たない内陸国。憲法上の首都はスクレだが、政府主要機関はラパスにある。ラパスは標高3593mと世界最高高度にある首都である。 かつて”黄金の玉座に座る乞食”と形容されたように豊かな天然資源を持つにも関わらず貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。経済の主軸はかつて金、銀、現在は錫、石油、天然ガスである。人口は1067万人(20013年) ボリビアの名前は19世紀初頭のボリビア独立戦争後、初代のボリビア大統領「シモン ボリバル」に因んでいる。建国依頼政治的に非常に不安定なため、クーデターは100回以上起きている。参考リンク 
日本ボリビア協会 ボリビアってどんな国? 
外務省ホームページ ボリビア多民族国 
Wikipedia ボリビア

■Cedar Walton 

  シダー・ウォルトンCedar Walton1934年1月17日 - 2013年8月19日
 アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間籍を置きウェイン・ショーターフレディ・ハバードカーティス・フラーらと活動をともにした。1964年にジャズ・メッセンジャーズを脱退。強く弾いても音の美しさが崩れない、「鈴の音」と形容されるピアノタッチが彼の特色。 (WikiPedia )

■この曲の攻略法 
 この曲の攻略法は易しくはない。16小節のG の一発処理の後後半の16小節はベースラインを追いかけてアドリブをしていてはカッコ悪い。ましてはコードスケールトーンを羅列ではダメ。このコード進行の鍵は共通音を探し、あまり「動かずに」微妙に内声を変化させることがポイントだろうと思っている。なかなか気に入ったアドリブの参考音源も見つからないが、ベース・ラインに引きずられずに、シンプルに歌うことができるはず。と薄々感じているが、難しい. 一つのヒントとして、分数コードで解釈してても良いのかもしれない 

つまり
-----------------------------------------------------------------------------------------
E♭maj7    Em7   A7    Dmaj7   A♭7 → E♭maj7    Em7  Em7/A      Dmaj7 

D+5/A♭ Gmaj7     F#7 Bm7 Cm  → Bm/G    B♭dim/F# Bm7 Cm
 
Bm       Bm/A  G#m7(-5)    Gm  C7 → Bm    Bm/A   Bm/A♭ B♭/G B♭/C 

Fmaj7      B7       B♭maj7  A7       → Fmaj7    F7/B     Fsus4 /B♭   A7
-----------------------------------------------------------------------------------------

 トップの和音が驚くほど移動が少ないことに気づきます。もちろん転回形もあり得ますので、解釈はこれだけではなくこの3度上の転回形コードもあり得ます。コードの記譜にあまり自信がありませんが、目からウロコが落ちた人も2-3人いるはず。そりゃどんな曲でも当たりまえだろ、という人もいるかもしれませんが、特にこの曲では重要と思います。●謎 Cedar Waltonが何故この曲にBolivia と名付けたかはわかりませんでした。

動画データYaneura Session, Ashikaga, Tochigi.April 30, 2016.Hideaki Kohga(p)、Kozo Watanabe (b)、Hiroyuki Kanazawa (d), Satoshi Kaneko (Conga)


When it'll be checked variously about the song when playing a song, it's fun.

■ Plurinational State of Bolivia  
 The landlocked country which is rung by 5 countries, Peru, Chile, Argentina, Paraguay and Brazil and doesn't have an entrance and exit way to a sea in the country. The constitutional capital is a sucre, but government major organization is in La Paz. La Paz is the capital in the altitude 3593m and the world most high altitude.  The state that I'm poor continues and is also one of the Latin America poor countries at present though it has abundant natural resources as it was described as" the beggar who sits down on the gold throne" formerly. A financial principal axis is gold and silver formerly, and present is a tin, petroleum and natural gas. The population, 10,670,000 people (2013)

■ Cedar Walton
 Cedar Walton (January 17, 1934- August 19, 2013) was a member for 3 years and made Wayne, the shorter, Freddie Havard, the Curtis hurrahs and the activity  Art Brakey Jazz Messengers together. He withdrew from Jazz  Messengers in 1964.The characteristic by which "the tone of the bell" and the described piano touch with not deformed beauty of the sound are he even if it's played hard.  (WikiPedia)

■ Capture way of this song 
 The capture way of this song isn't easy. Since running after a baseline and doing ad lib, 16 measures in the second half are clumsy after blow processing of 16 measures of G. Much more for, the cord scale tone, it's useless by enumeration. A key of this cord progress looks for common sound, and I think it'll be so important "Without moving." to change inner voice subtly. The liked ad-lib reference source isn't also found easily, but without being dragged to a base line, it should be possible to sing simply. It's felt slightly so, but it's difficult. It may be the one which may be interpreted by a fractional cord as one hint.   I notice that there is little movement so that a top chord is marvellous. A turn-shaped is also possible of course, so the turn-shaped by which interpretation is on these 3 times as well as this, cable is also possible.  There are no itself in transcription of music of cable so much, but 2-or 3 people who fell should need a scale from an eye, too.Why, there may be a person who says that every kind of song is proper, too, but I think it's important by this song in particular.● It's mysterious.

 I didn't know why Cedar Walton named this song Bolivia.

2016/06/01

2016年6月〜7月のスケジュール

軽井沢/大賀ホール
●6.5(土)前橋/刀城会館   群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会 (Closed)

●6.11(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 伊藤学(g, vo harmonica)@新潟、大藤将人(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●6.12(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #104
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●6.25(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、斎藤忠男(d)

◯6.27(月)2240  前橋まちなか音楽館

福田重男レッスン
------------------------------------------------------------------------------
◯7.9(土)1400  伊勢崎/蔵
 「至上の愛」全曲演奏 リハーサル


●7.9(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest: 饗場拓也(ss,as)  金澤洋幸(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●7.10(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #105
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、
Guest : 平渡圭樹(Violin, Cello),  大藤将人(dr)

●7.16(土)1930 高崎/ケイノート
 John Coltrane 追悼「至上の愛」全曲演奏コンサート (vol.10)
 森村恭一郎(ts,ss), 甲賀英明(p)  渡辺好造(b), 手嶋健吾(dr) 森村晃大(g)

●7.23(土)  2000 足利/屋根裏
 JamSession 
  Host : 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)

●7.30(土)1800〜2100 北本/香文木

 Fusion Session
 荒井雅子(dr)、富永 正寿(ts, fl )、長谷川舜(g)  甲賀英明(key)、道木正之(b)

ただのトモダチ関係も難しい " Just Friends " Jazz Piano Trio May 9 , 2016 Takasaki Kuimonoya Ryo



"Just Friends" is a popular song that has become a jazz standard. The song was written in 1931 by John Klenner with lyrics by Sam M. Lewis. Although introduced by Red McKenzie and His Orchestra in October 1931, it first became a hit when singer Russ Columbo performed it with Leonard Joy’s Orchestra in 1932. It charted again the same year in a version by Ben Selvin and His Orchestra and has been recorded often since by WikiPedia

During playing, it's also important to hear other people, but the rhythm in which one inheres is a problem. Rhythm of a piano is very unstable.
A rehearsal just became faster than the supported tempo, and it's useless, isn't it? An amateur regrettable performance. An animation of the reflection purpose.
I wanted to do more various things, I wanted to make a pitfall and play in particular. A not enough performance.

May 8, 2016 Takasaki Kuimonoya Ryo
Hideaki Kohga (p), Yasuo Sakai (p) Yuki Ito (dr)

演奏中は他の人を聴くことも大切ですが、自分の内在するリズムが問題なのです。とてもピアノのリズムが不安定です。
リハーサルのテンポ支持したテンポより速くなっただけで、だめですね。 アマチュアの悲しい演奏です。と反省目的の動画です。
もっと色々なことをやりたかったのですが、特に落とし穴を作って遊びたかったのですが。余裕がない演奏ですね。

2016/05/14

2016年5月21日(土)1930 水口昌昭 / 高梨道生 / バイソン片山トリオ + /高崎ケイノート

ギターの水口さんのお誘いで 5月21日(土)1930〜 高崎/ケイノートでライブ&セッションを企画しました。

2016年5月21日(土) 1930〜 高崎/ケイノート

Mimi Trio +
水口昌昭(g)、高梨道生(b)、バイソン片山(d)       + ゲスト: 甲賀英明(d)
ライブ&長めのセッションを予定します。是非皆さん楽器を持って集合しましょう
チャージ 2000円 ワンドリンク付きです。

水口昌昭(g)東京都在住 フランスのアコーディオン奏者パトリック・ニュジェ氏にスカウトされギタリ
スト・音楽監督として彼のバンドに7年間在籍。その間パリでのレコーディング、ヨーロッパを中心とした
コンサート活動 クロードチアリ氏、雪村いずみ氏、真梨邑ケイ氏等のバックミュージシャンも勤める。
現在、バイソン片山バンド、ハービートンプソングループ、真梨邑ケイグループに参加中。YAMAHA大人の
音楽教室講師。2012年 2nd album Alon togetherを発表 デトロイトジャズフェスティバル、モントルー
ジャズ・フェスティバル出演

高梨道生(b)
東京生まれ 日本大学芸術学部音楽科コントラバスコース卒業。
クラシックを永島義男氏に学ぶ。90年代にロン・カーター氏と出会い薫陶を受ける。
1996年から数年はNYと日本を行き米し、バードランドなどに,出演。その後は国内でで多くの日本人、
多くの来日ジャズミュージシャンと共演。また、トミー・キャンベル、マイク・プライス、ミッキー・カーチス
We Three Trio などのグループでも活躍。
 
バイソン片山(ドラマー)
宮城県出身 ジャズドラマー、CMタレント、俳優 パール楽器専属講師  
バイソン片山ドラムクリニック主宰 第一回札幌ビールジャズオーディション優勝(89)
海外出演 モントルー・ジャズ・フェスティバル(’89) モンタレー・ジャズ・フェスティバル('90)
L.A.クラシック・ジャズ・フェスティバル(’98)出演

甲賀英明(ピアノ)ゲスト

高崎市在住  群馬大学医学部ジャズ研出身 ジャズが軸足でクラシックの会でピアノソロ即興、Fusion bandまで雑食。2010年YouTube動画コンテスト「Jazz Session on Youtube」ピアノ部門優秀賞。ブルーノート東京に出演 




2016/04/30

2016年5月〜6月のスケジュール

後藤さんちの古いベース オーガスタ前 2006年
●5.8(日)1830 高崎/くいものや亮

Kuimonoya Ryo Musician`s Club #103
江尻雅枝(bs)    山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●5.14 (土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #134 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 西田ますみ(vo) 、吉原秀樹(d) 小池俊明(ts,ss)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.15(日)1125 埼玉県上里町/ウニクス上里
 Farmer`s Market & Jazz
 Story of Songs 西澤雅枝(vo) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b), 金澤洋幸(dr)
 https://www.unicus-sc.jp/kamisato/event/

●5.21(土)1730 高崎/ケイノート
 mImi trio +
 水口昌昭(gt)、高梨道生(b)、バイソン片山(d)、甲賀英明(p) 
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●5.28(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●6.5(土)前橋/刀城会館  
 群馬大学医学部ジャズ研究会 OB会 (Closed)

●6.11(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #135  甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 伊藤学(g, vo harmonica)@新潟、大藤将人(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession
http://www.k2.dion.ne.jp/~k-note/yotei16.html

●6.12(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #104
山崎隆之(bs)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●6.25(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)