2017/02/01

2017年2月〜3月のスケジュール

納浩一Session at 高崎 / Sangam 
2.11(土)1930〜 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #143
 Guest: 安孫子智子(vo), 井田聡明(dr)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)
第一部はGuest Session、第二部はJamSession

2.12(日)1830〜 高崎/くいものや亮 Kuimonoya Ryo Mo
 Guest: 西沢雅枝(vo&P)
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)坂井康良(b), 田島和俊(dr)

2.25(土)2000〜 高崎/ピエロ Pierrot Session → 延期になりました。
 
3.11(土)1930〜 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #144
 Guest : 櫻井智則(as, p)@宇都宮 岩本次郎(d)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)
第一部はGuest Session、第二部はJamSession

3.12(日)1830 高崎/くいものや亮
 Guest: 小林里枝(as)
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)坂井康良(b)伊藤勇輝(dr)

3.25(土)2000 足利/屋根裏
 Jam Session 渡辺好造(b)、甲賀英明(dr)、羽鳥文仁 (dr)
 *羽鳥君とは初顔合わせ

3.26(日)1500-1700 前橋/げんき21 前橋中央公民館 401スタジオ
 ジャズを聞こう会
 Kazu Sekine (vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(d)
 *前回好評だった企画。2時間の単独ライブです。


 

2017/01/08

私はYouTuber? (2016年の動画投稿のまとめ)

私はYouTuber?
 ”YouTuber”とは Youtubeクリエイターは、主にYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する人物や集団を指す名称。
 狭義では「YouTubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活する」人物を指す。英語圏ではYouTuber」以外に、「YouTube Personality」「YouTube Star」「YouTube Celebrity」などの表記も使われる。2011年4月にパートナー・プログラムが一般ユーザーに開放され、広告収入を得られるようにになった。
 YouTuber ( Jan.5,2006, 1:05 UTC) in Wikipedia ; The Free Encyclopedia. Retrieved from https://ja.wikipedia.org/wiki/YouTuber   → Wikipediaの正式な引用文形式で

 私は継続的に動画を投稿しているが、広告は排除しているので狭義のYouTuberではない。自分達の演奏している音楽をより多くの人に見てもらいたい。2007年6月にYouTubeに登録し、動画投稿にはすっかりまってもうすぐ10年になる。

消費者の自己露出意識について
 以下は広告プランナーの本多忠房氏のブログからの引用である。「消費者の自己露出意識について」という意味深なタイトルであるが、私の動画が取り上げられたことがある。” PLUG 2009.12.15  現在このブログは閲覧できない)
”テレビに比べて限られた予算で結果的に限られたリーチでこれだけのものができるということ” ”そしてその要因をしっかり認識しないといけないな、と。” ”消費者の目立ちたがり屋意識が上がっているのか” ”インセンティブ設計がうまかったのか” ”はたまた別の理由か” ”いずれにせよちゃんと考えよう”
 
 音楽は饒舌な言語である。それを良い音で、動画で表現したいと思っている。
表現したいものがあって、それを伝えたい。音楽という瞬間で過ぎてしまうものを固定したい。技術的に稚拙であっても表現したいものがあるかどうか、と考える。
もちろん、コメントを期待して動画を投稿しているのであるが、主観と客観の違いは大きい。

以前にも紹介しているが、私がYouTubeにはまったのは とある投稿動画のコメントに感激したことが大きい。
 Piano Solo Improvisation / Hong Solo  本庄のクエストブルースで行った8分余りの即興演奏に対するコメントにははまった。

 I'm really happy,to see,and hear someone not being afraid of improvisation.
More - he is a real musician,playing real music!
Cause YouTube is full of amateurs,and tired stars,playing mainless routine,but I can't make a point of wiew unless hurting someone's feelings...
Really hard to find such a great musician,and really sad to see,how much views he's got,while stupid rockers ruling with their's four easyest guitar chords!

昨年のYouTubeの視聴解析より
登録日 2007/06/28 からの累計
累計動画投稿数 628動画 (公開動画 606  非公開22)
合計視聴回数 1,680431 回  
高評価 4657 低評価 363 コメント 942 登録者数 1265名

2016年1月1日〜12月31日
動画投稿数 101動画
視聴回数 199,321 高評価  1030 低評価 131 コメント 105 
新規登録者 211名

昨年最も視聴回数の多かった動画 

Chopin Nocturne Op9-2 , Jazz Piano Trio 

視聴回数 15,216回 高評価 126   低評価 0
何故か視聴回数が多いのです。

昨年投稿した動画で個人的に気に入っているのは

Symbiosis. Ist Movement (Claus Ogerman / Bill Evans Trio ) Piano Trio, Takasaki Kuimonoya Rio 

視聴回数 940回 高評価 11 低評価 1 
Bill Evans / Claus Ogermanの隠れた?名曲。これは渾身の?一作

島唄 ( The Boom ) / Jazz Tenor Sax Quartet, 犬塚悠太、Feb. 13, 2016 Takasaki K Note  視

聴回数 823 高評価 4 低評価 1 
高崎シティバンドの名サックス犬塚君が素晴らしい。


Takasaki City Gallery Improvisation April 16, 2016

視聴回数 759 高評価2 低評価0
第二回Opus群馬での即興演奏 途中で癇癪を起こしてしまった。でも良い記念です。

Palladium ( Weather Report ), Music Exploration Company 【音楽探検隊】. 前橋 風のまち音楽祭2016

音楽探検隊の10月のコンサート PalladiumはWeather Report曲の中で難易度は高くはにのですが、それもムズい。

Bluesette, Jazz Piano Duet. Bösendorfer vs Bechstein Full Concert Gland Piano.

熊谷の名手久保園さんとのduo Bubi Chenのようにはいかない。

Am I youTuber?
What is "YouTuber" Youtube creator is a name that refers to people and groups who continuously publish videos that were produced independently on YouTube.
In a narrow sense, it refers to a person who "lives on advertising revenue obtained by YouTube video playback as a main source of income". In addition to "YouTuber in English-speaking countries", notations such as "YouTube Personality", "YouTube Star", "YouTube Celebrity" are used. In April 2011 Partner Program was opened to general users, and advertisement revenue became available.
YouTuber (Jan.5, 2006, 1: 05 UTC) in Wikipedia; The Free Encyclopedia. Retrieved from https://en.wikipedia.org/wiki/YouTuber → In the formal quotation form of Wikipedia

I continuously post videos, but because it excludes advertisements, it is not YouTuber in a narrow sense. I would like more people to see the music I'm playing. Registered on YouTube in June 2007, it is nearly ten years to completely post a video post.

Consumer's self-exposure awareness
The following is quotation from Mr. Tadashi Honda's blog of advertisement planner. It is a meaningful title of "Consumer's self-exposure awareness", but my video has been taken up. "This blog can not be viewed as of PLUG 2009.12.15)
"The fact that we can only do this with a limited reach as a result with a limited budget compared to television," and "I must recognize that factor firmly." "Consumer conspicuous attention "Is the incentive design good?" "" Another reason? "" Let 's think properly anyway "
In the case of
Music is a verbal language. I want to express it with a good sound and a moving picture.
I want to express and I want to tell it. I want to fix what I pass by moment of music. I think whether there is something I want to express even if technically childish.
Of course, I am posting a video with expectation of comment, but the difference between subjectivity and objective is big.

As I mentioned earlier, I was touched on YouTube because I was deeply impressed by the comments of a certain posted video.
Piano Solo Improvisation / Hong Solo I got a comment on the more than 8 minutes of improvisation performed in Honjo 's quest blues.

I'm really happy, to see, and hear someone not being afraid of improvisation.
More - he is a real musician, playing real music!
Cause YouTube is full of amateurs, and tired stars, playing mainless routine, but I can not make a point of wiew unless hurting someone's feelings ...
Really hard to find such a great musician, and really sad to see, how much views he's got, while stupid rockers ruling with their four easyest guitar chords!

From viewing analysis of YouTube last year
Registration date Cumulative since 2007/06/28
Total number of video posted 628 video (public video 628 not disclosed 22)
Total viewing count 1,680,431 times
High likelihood 4657 Low rating 363 Comments 942 Number of registrants 1265 people

January 1 - 2016 to December 31
Number of video posts 101 video
Views 199, 321 High Rating 1030 Low Rating 131 Comments 105
211 new registrants

2017/01/03

2016年の音楽活動のまとめ

2016.4.30 屋根裏セッション
【はじめに】    
 週末鍵盤弾きは平日の活動は不可なので、現在演奏回数はほぼ飽和状態である。そんな中で、2016年の演奏活動を分析し、2017年の対策を考える。あくまでも自分の記録を目的とし、5年後に参考となるように。

【対象と方法】
 演奏データベースを元に、対象期間、2016年1月~12月の演奏活動 ライブ、演奏、他を含む 後日閲覧した場合に参考となるようにできるだけ数字を記載する。傾向と反省と対策を考える。

【結果】  総公演数     62回
 レギュラーセッション                    34回
 イレギュラーセッション& 単発企画  16回
 クラシック関係                       3回
 セッション                                     9回

1)レギュラーセッション (合計34回)
 ◯ケイノート  K Note Jazz Project  (#130 - #141)  12回皆勤
  プロのゲストは犬塚悠太 清水賢二、浦上眞紀  ゲストは Sax 7名 Vocal  6名 Guitar 1名
  ドラマーは月変わりで金澤君3回、山上さん2回 豊田君、登坂君、吉原先生、大藤君、斎藤さん、井田君 田村さん 一づ 
  つ。ベースは9月の好造さんに依頼。  集客は8名ー23名 (平均14.3名 最高は7月の饗場君 23名)
  →まあよく続いている。「継続は力」となっているかどうかは疑問がある。山中氏が疲れないように配慮が必要。ヴォーカ 
  ル6名は意外。ドラマー月替り依頼が少々大変であるが、ドラマーが変わると音楽が変わるのが面白い。群馬は優秀なドラマ
  ーが多い。

 ◯くいものや亮 くいものや亮Musician`s Club (#99 - #110)  12回皆勤
  Saxは5名、Vocal3名、vib1名、Guitar1名 tb一名 cello&Violin 1名  プロのゲストは 佐藤達哉、堤智恵子、岡田嘉満
  伊藤君(Dr)が7月~12月まで休み 2017年1月から復帰予定 ドラムは斎藤さん2回、大藤君、金澤君、小川さん、久井君
  1回ずつ。集客は7-21名(平均16.3名  最高は4月の小林啓一さん21名)
  →1000円プレート月で投げ銭でやって来たが資金不足になり、来年から1500円プレート付きになる予定 山崎さんの負担は
  とても大きいが、リーダーセッションでないだけに私は楽をしている。月一回の前座トリオはとても楽しい

 ◯ピエロセッション(#201-210)   10回参加(7月10月は休み)
  フロントは小池さん7回、饗場君1回、小泉君2回
  →集客は7-11名 (平均8.2人 10名入ると一杯の店ではあるが。 最近やや少ない)
  →私も1992年以来お世話になっているが、マスターが疲れたのか来年から毎月定例でなくなる

<イレギュラーセッション, 単発イベント>    14回               
 ◯屋根裏セッションホスト(1/23、4/30、7/23)3回
 ◯Story of Songs (5/15上里  8.21 es cafe)    2回
 ◯音楽探検隊 (前橋かぜの街音楽祭 10/2) トリ前に出演。→音楽探検隊の活動が少ない。饗場君が抜けた影響は否定できない 
  が、誰がPromoterとなるかが問題

 □ジャズ聞こう会(3/13)前橋中央公民館 聴衆300名! 来年も依頼されている。
 □高梨水口片山トリオ+1(5/21) プロ三人との共演、自分の足りない所を実感。
 □J Coltrane追悼コンサート(7/16) 35名の大入り 渡辺好造(b)、手島健吾(dr)で近年では出来は良かったようだ。
 □香文木Fusion Session(7/30) 雅子さん企画 鴻巣でのセッション
 □群馬ジャズフェスティバル(9/4) Tomoko with K.T.Y.T  2012年以来の出演
 □小児科荒川教授招待演(10/7  高崎メトロポリタンホテル 甲賀山中豊田)
 □高崎ストリートライブ(10/10)
 □太田まちなかフェスティバル(10/30) 
 □本庄児玉医師会忘年会(12/16 埼玉グランドホテル本庄 レミンバンド
 □甘糟Kazuバンド (12/23 主音求Ⅱ)

<クラシック関係> 3回                      
  第二回Opus群馬(シティギャラリーコアホール)即興
  第三回Opus群馬(夢スタジオ) 甲賀久保園duo
  第八回年末ついぴ群馬(ピアノプラザ)
 ピアノ・ソロ即興は2回と少ない。久保園氏とのduoは画期的な企画。

<セッション>9回                                
 医学ジャムセッションは4月5月に参加以降サボっている。要努力
 出張@セッションがアコジャム(新規)だけでした。要努力

【考察】
 まずは全ての共演者に感謝します。さてピアノがうまくなるためには良い演奏を聴くこと、自分の演奏を客観的に(動画等で)聞いて反省することが大切。プロとの共演は8回あったが、プロのライブの鑑賞をほぼしていないという重大な問題
 題。折角の師匠のライブも行けていない。(最重要改善事項であろう) 高梨片山水口セッションはリズム感の悪さを露呈し
 た。レギュラーセッションではケイノートは141回まで終了。継続は力になっているかどうか疑問である。ベースに対する配慮
 と企画を考える必要がある。くいものやは値上げ、ピエロ不定期化と変化がある。vocalとの共演は16回 近年増加傾向。以前
 は歌伴に抵抗かつ苦手意識があったが、師匠のピアノを聞いてから考えが変わった。ドラマーと一緒に勉強が必要だろう
 群大医学部セッションが折角4月から始まったが6月以降参加できていない。出張@セッションも要努力。 と努力目標ばかり
 となってしまった。関口梨園ジャズ・フェスがなくて寂しかった。

<カウント番外>
 福田先生レッスン 結局8回受講 続けることが目標. これは間違いない。福田先生からはいつも〇〇と言われている。


        Summary of music activities in 2016 and reflection

        Hideaki Kohga, A Weekend Keyboard Player.



【Introduction】Activities on weekends are impossible on weekdays, so the number of performances is almost saturated now. Under such circumstances, analyze the performance activities of 2016, think about measures in 2017. To be a reference in 5 years.

【Target and method】Based on the performance database, describe the figures as much as possible to be helpful when browsing at a later date including live performances from January to December 2016, performances, and others. Think about trends, reflections and countermeasures.
【Result】 62 total performances
 Regular session 34 times
 Irregular session & single project 16 times
 Classical relationship 3 times
 Session 9 times

1) Regular session (total 34 times)
 ◯K Note Jazz Project (# 130 - # 141) 12 times annual month
Professional guests are Inuzuka Yuta,  Shimizu Kenji, Urakami Maki. Guests : Sax 7 people Vocal 6 people Guitar 1 name.   Drummer changed each months.  3 times Kanazawa, Mr. Yamagami 2 times Toyoda, Mr. Asuka, Mr. Yoshihara, Mr. Ofuji, Mr. Saito, Mr. Ida and Mrs. Tamura once.   One I asked Mr. Kozo for the base in September. The number of audiences  attracted 8 to 23 (average 14.3. highest is 23 Mr. Aiba in July)
→ It continues well. It is doubtful whether "continuation is power" or not. Consideration is necessary so that Mr. Yamanaka will not get tired. Voca 6The name is surprising. Request of drummer monthly change is a little hard, but when the drummer changes, music It is interesting to change. Gunma has many excellent drummers.

◯ Kuinonoya Ryo  Musician`s Club (# 99 - # 110) 12 times annual month
Tests : Sax is 5, Vocal 3, vib 1, Guitar 1 tb 1 cello & Violin 1 Professional guests are Tatsuya Sato, Chieko Tsutsumi, Yoshimizu Okada
Mr. Ito (Dr) is absent from July to December and is scheduled to return from January 2017. Mr. Saito twice, Mr. Ofuji, Mr. Kanazawa, Mr. Ogawa, Mr. Kui 1 By times. The number of audiences attracted 7-21 (average 16.3 highest is 21 people Keiichi Kobayashi in April)
→ 1000 yen It arrived at the plate month, but the funds are bottomed and planned to be with 1500 yen plate from next year The burden of Mr. Yamazaki is. The burden of the facilities is large, but this place is being made easy.

◯ Pierrot session (# 201-210) 10 times participation (July October are absent)
Mr. Koike 7 times, Mr. Aiba one time, Mr. Koizumi 2 times
→ 7 - 11 people attracting customers (average number of 8.2 people 10 people entered a shop, but somewhat less)
→ I have been indebted to since 1992, but my master got tired or not become regular monthly from next year

<Irregular session, single event> 14 times
◯ attic session host (1/23, 4/30, 7/23) 3 times
◯ Story of Songs (5/15 Kamisato 8.21 es cafe) 2 times
◯ Music Exploration Company  (Maebashi Kaze no Town Music Festival 10/2) 
→ There is little activity of music exploration Company. I can not deny the influence that Mr. Aiba passed.

□ Jazz listening party (3/13) Maebashi Central Public Hall 300 audiences I am also asked next year.
□ Takanashi Mizuguchi Katayama Trio + 1 (5/21) Co-star with three professionals, I realize that I am missing it.
□ J Coltrane Memorial Concert (7/16) Including 35 people Daichi Watanabe (b), Kengo Teshima (dr) Enrich the contents
□ Koubunboku Fusion Session (7/30)  Masako's planning
□ Gunma Jazz Festival (9/4) Tomoko with K.T.Y.T .  Appearance since 2012
□ Pediatrics Professor Arakawa Professor's invitation (10/7 Takasaki Metropolitan Hotel Koka Yamanaka Toyota)
□ Takasaki Street Live (10/10)
□ Ota Townscape Festival (10/30)
□ Honjo Kodama Medical Association Year-End Party (12/16 Saitama Grand Hotel Honjo Remingband
□ Sweet Kazu Band (12/23 Tonight Request Ⅱ)

<Classic relationship> 3 times
2nd Opus Gumma (City Gallery Core Hall) Improvisation
The 3 rd Opus Gumma (Yume Studio) Kohga-Kubosono duo
The 8 th year-end twitter piano meeting  (piano plaza)
Piano · solo improvisation is few as 2 times. Duo with Mr. Kubo is an epoch - making project.

<Session> 9 times
The medical jam session has been skipped since joining in April of May. Effort required
The business @ session was only Akjam (new). Effort required

【Discussion】
 First of all we must thank the co-star. Well, in order for the piano to become better you should listen to good performance, objectively perform your performance. It is important to listen and reflect. There were 8 collaborations with professionals, but a serious problem that he did not nearly see the professional live appreciation. Of I can not go to the teacher's live. (It will be the most important improvement item) 
 The Takanashi Katayama Mizuguchi session revealed bad rhythm.
In the regular session, Keynote ends up to 141 times. It is doubtful whether continuation is power. Consideration and planning for the base.  It is necessary to think about. There are variations and price changes for crocodiles, cheap irregularities and changes. Impression that co-star with vocal has increased 16 times in recent years. Studying is necessary with the drummer . The group large medical school session started from April, but I have not been able to participate since June. I also made efforts to make a business trip session. And it was only my effort goal.
I missed Sekiguchi Nash en Jazz Festival.

<Count out of order>
Mr. Fukuda Lesson Eventually I attended eight times
Lesson opportunity is ten times. Two goals off, the goal is to keep canceling once

2017/01/01

2017年1月〜2月のスケジュール

ピエロセッション
1.8(日)1830〜 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #112
 ゲスト 本間昌晃(ts)@金沢
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b)  伊藤勇輝(d)

1.14(土)1930〜 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #142
 ゲスト 洋志(vo) 
 甲賀英明(p) 山中幸一(b)  豊田勝巳(d)

1.29(日)大宮/Sako`s Bar (予定)
 Tomoko with K.T.Y.T
 安孫子智子(vo) 饗場拓也(as) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b) 小川由紀夫(d)


2.11(土)1930〜 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #143
 ゲスト 安孫子智子(vo)
   甲賀英明(p) 山中幸一(b)  井田聡明 (d)

2.12(日)1830〜 高崎/くいものや亮
くいものや亮Musician`s Club #113
 ゲスト 西沢雅枝(vo&p)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b)  伊藤勇輝(d)

2.25(土)2000〜 高崎/ピエロセッション?


2016/12/23

ベーゼンとベヒシュタインの二台のフルコンによる " Bluesette "



This light Samba's Bluesette hint is derived from Bubbi Chen 's performance in Indonesia.
I do not believe it, he is doing, to raise back at high speed (delaying the timing a bit).
It is a song that has been warming up from the past, but it is difficult if you play it.
I asked Mr.Kubosono living in Kumagaya to play with duo

BlueSette /
October 22,2016 Opus Gunma Maebashi/Yume Studio
Eiichi Kubosono (Bösendorfer) Hideaki Kohga (Bechstein)

このライトサンバのBluesetteのヒントはインドネシアのBubbi Chenの演奏から得ています。
高速でレイド・バックをかけるなんて(タイミングを少し遅らせる)、信じられないのですが、彼はやっていました。
以前から暖めていた曲ですが、いざ演奏してきると難しい。熊谷の名手久保園君にお願いして演奏しました。

2016年10月22日 第三回Opusぐんま 前橋夢スタジオ
久保園栄一 (Bösendorfer) 甲賀英明(Bechstein)

2016/12/02

機械翻訳は進化したのか 〜機械翻訳遊び2016〜

またまた機械翻訳遊びをしてみました。
前回の評価は http://choro2648.blogspot.jp/2012/12/blog-post_29.htmlでした。(2012年12月)
◯及第点は2サイト
 Exicite翻訳 翻訳エンジンはAMIKAI
 @nifty翻訳
△もう一息
 Yahoo翻訳 
 infoseek翻訳、so-net翻訳、weblio、livedoor翻訳は全て同じ結果(同じエンジン)
■笑った
 babylon翻訳 
×支離滅裂

 Google翻訳

×意味不明
 SYSTRANet
 でした。

今回のネタは Jazz Standardのタイトルから
-----------------------------------------------------------------------
It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
 これは ThingとSwingの英語掛詞ですが、そこに気づかないと支離滅裂になって難しいと思います。期待通りにかなりの翻訳サイトが引っ掛かっています。ちなみに日本語タイトルは「スイングしなけりゃ意味がない」 引っかからなかったのは2サイトありました。
-----------------------------------------------------------------------

××まずは支離滅裂なダメ翻訳から
×× babylon翻訳 → それに # 039 Don & ; t を意味する事(アイン & # 039 ; t スイングを手に入れました。 )
 :全く意味不明、支離滅裂 どうしたんでしょう? 
×× SYSTRANet→ それその振動得なかったら意味しない :swingを振動と訳してはだめ。
×× Yandex Translate → でいるつもりではないんですけれどもふもふをご堪能ください(い曲しかスイング)   :どうしたら「もふもふ」になるのか不明。笑いをとっているしか思えないレベル
×× LEC Translation それ1つのこと(もしそれが手に入れられないならその変動)を意味する  : Swingが変動ですか....
×× FRENGLY.comそれ しない 意味する  もの ( それ 空気ではなく チャート あの スイング) : :だ、大丈夫?

×やっぱり不合格
×Exicite翻訳 それは物を意味していない(もしそれのためにそのスイングを取ってこないならば): 前回高評価でしたが、今回は不合格。

次の5つの翻訳サービスは全て同じ結果で同じ検索エンジン(CROSS LANGUAGE)と思われます
 Thingをもの、Swingを揺れと訳して、英語の掛詞に気づいていません。
× Yahoo翻訳 それは、もの(その揺れを得られないならば)を意味しません
× infoseek翻訳 それものその揺れ得られないならば意味しません
× so-net翻訳 それは、もの(その揺れを得られないならば)を意味しません
× weblio   それは、もの(その揺れを得られないならば)を意味しません
× Alcom World →  それは、もの(それがその揺れを得られないならば)を意味しません

合格は2サイトでした
△Google翻訳 → それは何も意味しない(もしそれがスイングを得ていないなら)
 これは素晴らしい。gotの訳だけ惜しい。前回の汚名を挽回しています。
◎Dictionary.Com → (それはスイングがなけりゃ) がなければ意味がないです。
 完璧です。素晴らしい。驚きのレベル。

サービス不可
コンニャク翻訳 翻訳ボタンが見つからず翻訳できず 
 livedoor翻訳 → サービス終了していました。×
@nifty翻訳 のキーワードでExcite翻訳が表示されます。前回 (2012年12月)には違った結果だったので、nifty翻訳としてはみつかりませんでした。

Dictionary.Comが突出して完璧な翻訳をしていました。ついで前回の汚名を挽回したGoogle翻訳でした。Googleは以前はかなり楽しませていただきましたが、最近は翻訳エンジンがおバカを脱出した模様です。


Google翻訳の精度がニューラル・ネットワーク導入で劇的に向上!

Google翻訳がAIで進化!?2015年と2016年の翻訳結果を比べてみた


でも、まだまだですね。






2016/12/01

2016年12月〜2017年1月のスケジュール

 2016.10.22 第三回Opusぐんま@夢スタジオ
12.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #141 Guest : 松井健(dr)@店主  長井まどか(vo)
 甲賀英明(p) 山中幸一(b) 田村英里紗(dr) 

12.11(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #111
 木村レミン(vo) 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 斎藤忠男(dr)


12.16(金)1900 本庄/埼玉グランドホテル本庄 (Closed)
 本庄児玉医師会 忘年会 
 木村レミン(vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(dr)

12.23(金祭)1930 榛東村/主音求Ⅱ
 Kazu Sekine(vo) 甘糟はるみ(b) 甲賀英明(p) 斎藤忠男(dr)

12.24(土)2000 高崎/Pierrot
 Pierrot Jazz Session 天田隆(b) 甲賀英明(p)、小池俊明(ts)、富永究理(d)

12/30(金休)1300 ピアノプラザ群馬 シューベルトサロン
 第8回ついぴ群馬(ねんまついぴ) 即興ソロ予定

-------------------------------------------------------------------------------------------------
1.8(日)1830〜 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musician`s Club #112
 ゲスト 本間昌晃(ts)@金沢
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b)  伊藤勇輝(d)

1.14(土)1930〜 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #142
 ゲスト 洋志(vo) 
 甲賀英明(p) 山中幸一(b)  豊田勝巳(d)

1.29(日)大宮/Sako`s Bar (予定)
 Tomoko with K.T.Y.T
 安孫子智子(vo) 饗場拓也(as) 甲賀英明(p) 渡辺好造(b) 小川由紀夫(d)