2018/10/28

2018年11月〜12月のスケジュール

11.3(土)2000  (変更)高崎/ケイノート  おすすめ◆
 甲賀英明トリオ+小林啓一(vib)
 甲賀英明(p)、小林啓一(vib)、
 江森正敏(b)、斉藤忠男(ds)
 クラシックから童謡まで何でもアレンジ   after Sessionあります

11.10(土)1930 高崎/ケイノート  
 K Note Jazz Project #162 
 Guest : 小泉元樹 (ts)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、大藤将人(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみ

11.13(火)2000 (変更)高崎/ケイノート ◆おすすめ◆
 Jaka Kopach Takasaki Quartet
 Jaka Kopach (as) 
ニューヨーク・ユーロで活躍する主流派アルト奏者 ヤカ・コパックが初来日 スタンダードとコンテンポラリーを織り交ぜて熱いライブをお届けします。
甲賀英明(p) 山中幸一(b) 富永究理 ds
 After Sessionあり

Profile
ヤカ・コパックは、スロベニアにおいて最も注目されている若手サクソフォン奏者であり、力強く暖かな音色と豊かな音楽的表現力が特徴です。グラーツ・ジャズユニバーシティにて、カールハインツ・ミクリンに師事、2009年にはシベリウス音楽院で修士号を取得 フィンランド在住時にファースト・アルバムを録音、2016年にはニューヨークで新作を録音した。現在はニューヨークとヨーロッパで演奏活動をしている 過去 ヨーロピアンムーブメント・オーケストラ ヨーロピアン・ジャズ・オーケストラ、ニュースクール・ジャズ・オーケストラ、ウモ・ビックバンドに参加 共演ミュージシャンはジョナサン・ブレイク、ジミーオーエンス、ダスコ・ゴイコビック、ジョージ・ガゾーン、レニーピケットなど。https://www.youtube.com/watch?v=aXTYudQYuRw


11.23(金祭)1500-1800 高崎/ケイノート 
 Holiday Afternoon Session #5
 host : 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)
11.24(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Jazz Session
 小泉元樹(ts)、甲賀英明(p) 天田隆(b) 富永究理(ds)

11.25(日)1830 高崎/くいものや亮  
 くいものや亮Music`s Club #133  
 Guest 堤智恵子(as)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p)
  坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)
 After Session あります 
-------------------------------------------------------------------------------
12.2(日)1500  榛東村/主音求Ⅱ
 Jam Session   Host : 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

12.8(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz project #163  毎年12月は店主松井さん登場
 Guest : 松井健(as)、長井まどか(vo)、小島初雄(ds)
 甲賀英明(p) 山中幸一(b)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみ

12.21(金)1900 埼玉グランドホテル本庄
 本庄児玉医師会忘年会 (closed)
 Kazu Sekine(vo)、小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(ds)
12.22(土)2000 足利/屋根裏
 Night Jam Session  Host : 宮嶋孝夫(b)、甲賀英明(p)

12.23(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮musicians club #134
 ゲスト: 高沢綾(tp)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p)
  坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)
 After Session あります 

12.29(土)時刻未定 高崎/ピアノプラザ群馬
 年末ついぴ群馬(Twitter Pianoの会)
 本年最後の即興予定

12.29(日)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Jazz Session
 天田隆(b)、甲賀英明(p)、小池俊明(ts)、富永究理(ds)
----------------------------------------------------------------------------------------
◆Recommended Sessions (English)

11.3(Sat) 20:00  Takasaki / Kei-Note   
Hideaki Kohga Trio + Keiichi Kobayashi (vibes)
Hideaki Kohga (p), Keiichi Kobayashi (vibes)
Masatoshi Emori(p)、Tadao Saito(ds)
Classic Jazz, Japanese Children's Songs

11.13(Tue) 20:00 Takasaki / Kei-Note
Jaka Kopac Takasaki Quartet
Jaka Kopac (as)
Hideaki Kohga (p)、Koichi Yamanaka (b)、Satoshi Tominaga(ds)

 Jaka Kopach (Slovenian spelling:Kopač) is recognized as one of the leading jazz alto saxophonists of the younger generation of musicians in Slovenia. He is mostly known for his musical expression, which he compliments with a warm sound and a lot of energy. His playing also reflects in his compositions that are musically both challenging and simple, and carry a certain depth, which he fully establishes in improvisation. 

 Jaka received his bachelor’s degree from Jazz University in Graz mentored by Karlheinz Miklin in 2006 and master’s degree from the world-renowned Sibelius Academy in 2009.

 While living in Finland he released his first album with his compositions called Almost There. In the past Jaka has worked in several European and Worldwide projects, such as European Movement Jazz Orcestra, European Jazz Orcestra, New School Jazz Orcestra, Umo Big band and played with musicians, including Jonathan Blake, Jimmy Owens, Doug Hammond, Danny Grissett, Vicente Archer, Benito Gonzales, Dusko Gojkovic, Bosko Petrovic, George Garzone and Lennie Pickett. In 2016 he released his second album called Present Thoughts, which he recorded in New York and features Orrin Evans, Willie Jones III and Vicente Archer.

2018/10/14

幽体離脱に失敗?

この即興演奏は、私にとって苦手意識のあるベーゼンドルファーによるものです。10年ほど前の自分で弾いたモチーフから入ろうとしたが、うまくいきませんでした。あとは上昇と失速を繰り返す。  即興演奏中調子が良いと、手が勝手にピアノを弾く感覚となる。そして1mぐらい後上方から俯瞰してみている感覚になり。幽体離脱しているようになるのですが、この日は残念ながらそうはならなかった。 2018年10月7日 高崎シティギャラリーコアホール 第7回Opusぐんま コンサート

Oct. 07 , 2018 7th Opus Gunma Concert, Takasaki City Gallery Core hall This piano Solo Improvisation is due to Besendorfer who is not good at me. I tried to enter from the motif I played about 10 years ago, but it did not work. Afterwards it repeats rising and stalling. If you are feeling well during improvisation, your hands will feel like playing the piano without permission. And it became a sense that I was watching from the top after about 1 m. Like being out of the body. Unfortunately this day did not happen. Piano : Hideaki Kohga

2018/09/30

2018年10月〜11月のスケジュール

屋根裏のカウンター
10.6(土)1730(変更がありご注意) 高崎/葉山一色亭  ◆おすすめ◆ 
 西直樹Clinic and Session 
 西直樹(p) 小池俊明(ts) 山中幸一(b) 斉藤忠男(ds)
 Organizer : 甲賀英明
 ジャズピアノの第一人者 西直樹と地元ミュージシャンとのセッションが実現します。西の絶妙なミュージッククリニックも併せてお楽しみください 単純に楽しむためのライブです。是非ご参加ください
 charge ¥4,000 (パーティプレート,飲み放題を含む)

10.7(日)1130〜1640 高崎/シティギャラリーコアホール  ◆おすすめ◆
 第七回Opusぐんま/みんなでつくる大人のコンサート
 Opusぐんまとは... ピアノ 弦楽器 管楽器による大人の音楽発表会です
 群馬県内のホールなどで年二回開催しています
 * 今回ジャズ屋が三人参加します。私は中程で即興演奏予定
 入場無料

10.8(月祭) 1200-1600(予定)高崎/さやモール
 高崎ストリートライブJazz部門
 豊田悦見(tb) 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)

10.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #161 Guest : Kazu Sekine (vo)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、富永究理(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみ

10.21(日)1900- 熊谷/Space1497
 Jam Session
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

10.27(土)2000- 足利屋根裏
 Night Jam Session
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

10.28(日)1830- 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Music`s Club #132 Guest 木村レミン(vo)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)
 After Session あります

------------------------------------------------------------------------------

11.3(土)2000 高崎/ケイノート  ◆おすすめ◆
 甲賀英明トリオ+小林啓一(vib)
 甲賀英明(p)、小林啓一(vib)、江森正敏(b)、斉藤忠男(ds)
 クラシックから童謡まで何でもアレンジ
 after Sessionあります

11.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #162 Guest : 小泉元樹 (ts)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、大藤将人(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみ

11.13(火)2000 高崎/ケイノート        ◆おすすめ◆
 Jaka Kopach Takasaki Quartet
 Jaka Kopach (as) 甲賀英明(p) 山中幸一(b) 富永究理 ds
  After Sessionあり

Jaka Kopac プロフィール
ヤカ・コパックは、スロベニアにおいて最も注目されている若手サキソフォン奏者であり、力強く暖かな音色と豊かな音楽的表現力が特徴です。グラーツ・ジャズユニバーシティにて、カールハインツ・ミクリンに師事、2009年にはシベリウス音楽院で修士号を取得している。フィンランド在住時にファーストアルバムを録音、2016年には、ニューヨークで新作を録音した。現在は、ニューヨークとヨーロッパにて演奏活動をしている。
https://www.youtube.com/watch?v=aXTYudQYuRw

11.23(金祭)1500-1800 高崎/ケイノート 
 Holiday Afternoon Session #5
 host : 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

11.24(土)2000 高崎/ピエロ
 Pierrot Jazz Session
 甲賀英明(p) 天田隆(b) 富永究理(ds) フロント確認中

11.25(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Music`s Club #133 Guest 堤智恵子(as)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)
 After Session あります 

2018/09/24

6年ぶりの「夕焼け小焼け」

久しぶりに「夕焼け小焼け」を取り上げてみた。3拍子(というか6拍子)でのアドリブが窮屈で、テーマ3拍子のあと、即2拍3連の4ビートに逃げる。セッションなのでこのあたりがやや不明確   4beatと3beatが入り交ざった感じが目標
テーマは好造氏のBassのイメージでお願いした。

2018年9月22日 足利屋根裏night jam session
甲賀英明(p), 渡辺好造(b), 中村海斗(ds)


身近な曲をジャズの題材として取り上げることはとても楽しい。童謡やクラシックは優れた素材が多いのでとても面白い。以下は以前のブログ(2012年2月)の自己引用になる。

夕焼け 小焼けで 日が暮れて
山のお寺の 鐘がなる
おててつないで みなかえろう
からすと いっしょに かえりましょ
子供が かえった あとからは
まるい大きな お月さま
小鳥が夢を 見るころは
空には きらきら 金の星

夕焼小焼(ゆうやけこやけ、夕焼け小焼け)は、1919年(大正8年)に発表された中村雨紅の詞に、草川信が1923年(大正12年)に曲をつけた童謡である。1923年に『文化楽譜 あたらしい童謡・その一』に発表され、童謡としては最も広く親しまれている作品の一つである。

美しいけれどもちょっぴり寂しい、田舎の夕暮れを唄った叙情的な歌詞と、ゆったりとして歌いやすいヨナ抜き音階の曲がよくマッチした、日本の代表的な抒情歌である。関東大震災によってこの作品に関連するものはほぼ焼失してしまったが、残った13部の楽譜がもとで世間に広まった[1]。


作詞者の中村雨紅が残した数多くの作品の中で、最も広く知られているのがこの作品である。作曲者の草川信は童謡運動の旗手として活躍した人物で、後に音羽ゆりかご会を創設し、川田正子・孝子姉妹を育てた「最後の童謡作曲家」海沼實の師匠に当たる。著名な作品には、「揺籃のうた」「汽車ポッポ」「どこかで春が」「緑のそよ風」などがある。

2007年(平成19年)に日本の歌百選に選出されている。     (From Wikipedia)


It took up "sunset small burn" for the first time in a while.
The ad-lib in three beats (or six beat) is cramped, after the theme 3 beat, it immediately escapes to four beats of two beats and three consecutive races.
Slightly unclear as this is a session
I want to make 4 beat and 3 beat intersect.

The theme asked Mr. Kozo's image of Bass.

September 22, 2018 Ashikaga attic night jam session
Hideaki Kohga (p), Kozo Watanabe (b), Kaito Nakamura (ds)

    It is very pleasant to take up familiar music as a subject matter of jazz. Since there are many outstanding materials among a children's song or classics, they are very interesting. evening glow smallness glow) is the children's song announced in 1919 (Taisho 8) in 1923 (Taisho 12). it is one of the works as which it was announced by "the children's song appropriate for cultural score , and its 1" in 1923 and which are loved most widely as a children's song. The music of the Jonah omission scale which is calmly made into the lyrical words which sang just a little bit lonely country twilight although it was beautiful, and is easy to sing is the typical lyricism song of Japan which matched well. Although the thing relevant to this work had been mostly burned down by the Great Kanto Earthquake, the remaining score of 13 copies spread in the world by the basis [1]. This work is known most widely in many works which the songwriter's Nakamura 雨 red left. Shin Kusakawa, a composer, is the person who played an active part as a standard-bearer of children's song movement, and he founds the Otowa cradle meeting behind and asks the teacher of "last children's song composer" Minoru Kainuma who brought up Masako Kawada and the Takako sister. a prominent work -- "cradle -- having obtained -- " -- "-- there are choochoo", "it being spring at somewhere", "green breeze", etc. It is elected as the 100th elections of the song of Japan in 2007 (Heisei 19). (From Wikipedia) 

September , 22, 2018 Ashikaga Night Jam Session. 
Hideaki Kohga (p), Kozo Watanabe (b), Kaito Nakamura (ds) 

2018/09/02

2018年9月〜10月のスケジュール

伝説の橘レコード vol.1 
9.1(日)1715 高崎城山地区夏祭り
くいものや亮Musicians Club
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、小川由紀夫(ds) ゲスト山崎花音

9.8(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #160 
 Guest : 阿久津安永(ts)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみでOK

9.17(月祭)1500 高崎/ケイノート 
 Holiday Afternoon Session #4
 host : 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)

9.22(土)2000 足利/屋根裏
 Night JamSession
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

9.23(日)1830 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Musicians Club #131
 Request特集 リクエストから演奏します
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(ds)、小川由紀夫(ds)
 終了後Sessionあり

9.30(日)15時ごろ 前橋/中央通り  ◆おすすめ◆
 前橋/風のまち音楽祭
 小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、井田晃(ds)
 オリジナルアレンジを中心に演奏します
-------------------------------------------------------------------------
10.6(土)1900 高崎/葉山一色亭  ◆おすすめ◆ 
 西直樹Clinic and Session 
 西直樹(p) 小池俊明(ts) 山中幸一(b) 斉藤忠男(ds)
 Organizer : 甲賀英明
 ジャズピアノの第一人者 西直樹と地元ミュージシャンとのセッションが実現します。西の絶妙なミュージッククリニックも併せてお楽しみください 単純に楽しむためのライブです。是非ご参加ください
 charge ¥4,000 (パーティプレート,飲み放題を含む)

10.7(日)1130〜1640 高崎/シティギャラリーコアホール  ◆おすすめ◆
 第七回Opusぐんま/みんなでつくる大人のコンサート
 Opusぐんまとは... ピアノ 弦楽器 管楽器による大人の音楽発表会です
 群馬県内のホールなどで年二回開催しています
 * 今回ジャズ屋が三人参加します。私は中程で即興演奏予定
 入場無料

10.8(月祭) 1200-1600(予定)高崎/さやモール
 高崎ストリートライブJazz部門
 豊田悦見(tb) 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)

10.13(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project #161 Guest : Kazu Sekine (vo)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)、富永究理(ds)
 Part 1 : Guest Session
 Part 2 : Jam Session です。大学生以下ドリンク代のみ

10.21(日)1900- 熊谷/Space1497
 Jam Session
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

10.27(土)2000- 足利屋根裏
 Night Jam Session
 host : 渡辺好造(b) 甲賀英明(p)

10.28(日)1830- 高崎/くいものや亮
 くいものや亮Music`s Club #132 Guest 木村レミン(vo)
 山崎隆之(ts) 甲賀英明(p) 坂井康良(b) 小川由紀夫(ds)
 After Session あります

2018/08/04

Chopin Prelude C minor Op.28 - No.20 Jazz Piano Trio くいものや亮トリオ

 ショパンの前奏曲集は 24曲がすべて異なる調性で書かれていますが、これはJ.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集に敬意を表したものといわれています。 ただし曲の配列は異なっており、ハ長調 - イ短調 - ト長調 - ホ短調 …と平行短調を間に挟みながら5度ずつ上がっていくという順序になっています。
 作品28-第20番 ラルゴ、4分の4拍子。コルトーに「葬送」と評されている。単純なコラールの中にショパンらしい半音階的和声の進行があって、興味を惹く作品である。後に、これに基づいて、フェルッチョ・ブゾーニが「ショパンの前奏曲第20番による変奏曲とフーガ」を、セルゲイ・ラフマニノフが「ショパンの主題による変奏曲」を作曲しています。 by Wikipedia 2018-07-31


 この曲のジャズ化を研究中。今回はリハーサル有で更に手を加える。リハで私が出した指示は........ bassへ。テーマはbassでとるととても印象的になる。ピアノアドリブ1-2コーラスは4ビートで刻まないで、上の方で遊んでいてください。ピアノと対等に遊んでいる感じ。 dsへ イントロは苦肉の末。ドラムソロ16小節で 最初はブラシで、途中からガンガンの4beatで。8バース、4バース、2バースまで入ります。むしろ元曲を知らないほうが良いでしょう。最後はritのみ。 
 Pianoの反省 アドリブコードのつながりに難渋しギクシャクしてている。ドラムがステイックに持ち替えてから持ち直す。でも面白かった。  
 平成30年7月8日 高崎/くいものや亮 甲賀英明(p)、坂井康良(b)、小川由紀夫(ds)  
 
 Chopin's prelude collection contains 24 songs with different tonality, but this is said to pay tribute to JS Bach's average class Clavier collection. However, the arrangement of the songs is different, and it is in the order that it goes up by 5 degrees while sandwiching C major minus a minor g major minus h major ... and so on.  
 Op 28 - No. 20 Largo, four quarters of a beat. It is described as "funeral" in Colto. In the simple chorale, Chopin's prominent chromatic harmony progresses, and it is an interesting work. Later on, based on this, Ferrucio Buzoni composes "Chopin's Prelude 20th Variation with Fugue", Sergei Rachmaninoff "Composition Variations by Chopin's Theme". by Wikipedia 2018-07-39 I'm getting into trouble with the connection of this song, ad lib code which is studying jazz here.

 I am studying jazz conversion of this song. This time with rehearsal, we will make more work. Instructions I issued at rehears ........ to bass. The theme is very impressive when taken with bass. Piano ad lib 1-2 Do not carve the chorus with 4 beats, please play on the upper side. Feeling playing equal with the piano. The introduction to ds is the end of the meat. In 16 bars of drum solo, with a brush at the beginning, with 4 beat of gangan from the middle. We will enter 8 berths, 4 berths and 2 bars. Rather it is better not to know the original song. The last is rit only. Piano's reflections It is difficult to connect with the ad lib code, and it is tough. Recover from the drum after switching to the stick. But it was fun.

 July 8, 2018. Takasaki / Kuimonoya  Ryo   Hideaki Kohga (p), Yasuo Sakai (b), Yukio Ogawa (ds)

2018/07/29

A Love Supreme Part 1〜4 全楽章演奏 森村恭一郎カルテット

■アルバム 至上の愛について     
 J Coltraneは1926年生まれ、Miles Davisと同年生まれである。(ちなみに私の父も大正元年生まれで同級であるが)要するに私の親父世代。
 人の3倍ぐらいで疾走し、1967年7月17日に肝臓癌で40歳の若さで亡くなった。本年で没後51年になる。
 至上の愛は1964年12月9日の録音、リリースは1965年である。以下Wikipediaから引用する。

 コルトレーンが神に捧げた、全4パート構成による組曲のアルバム。作曲に当たって、カバラの書物の影響を受けたという。異なるリズムを並走させるポリリズムはメロディーと和音、音階を軸とする西洋音楽ではなく、インドやアフリカといった地域の他にはないリズムから大きく影響を受けたと言われている。レギュラー・カルテットの渾身の演奏が高く評価された。本作でひとつの境地に達したコルトレーンは、その後より先鋭的でアバンギャルドなフリー・ジャズの領域に挑戦することとなる。 by Wikipedia 2018.07.29


■初体験


時は今から41年前 私は大学1年生に入ってジャズをやりたい思っていた矢先、赤城山のPEPEというレストランに森村恭一郎カルテットの演奏を聞きに行った。
演奏は森村恭一郎先生(ts)、森村哲也(ds)、牧野元昭(g) 渡辺好造(b)

https://ja.wikipedia.org/wiki/牧野元昭
この時に10年に一度レベルの音楽的ショックを受けた 以来「いつかこのバンドでやりたい」が私の一つの目標となった。
同じ大学の先輩で主席卒業という相澤さんの存在を知ったのもこの時である。
ジャズも勉強も頑張らねば、と10代の私は純粋に思いました。

■至上の愛

今回は12回目の参加となる。それなり「理解は進む」はずなのであるが、かえって遠ざかる不思議な曲
森村先生がいつも渾身の集客で当日41名の入りでした。
始まる前から呪いがかかったような異様な雰囲気。

最近は他Musicianの演奏は皆なぜか気に入らない。本家のみを聞いている。

明るいというか雰囲気が違いすぎる。

至上の愛を第四楽章まで全曲は大変にきつい。 

個人的に大尊敬している森村大先生と演奏する僥倖。 
音楽的に尊敬する仲間と共演できる喜び。 

林氏の素晴らしいドラミングでまた解釈が変わってくる。演奏はマッコイが酔っぱらっていましたが。 

しかし、もう少しピアノがうまくなりたい。 頭を冷やして反省。

師匠のレッスンに持って行き復習した。
ちょっとアドバイスをもらって反省。来年忘れないように。
次の本番は一年後のはず。
現在の心境は、一週間の試験が終わって、夏休みになって気抜け(苦笑)。 

About " A Love Supreme "

 J Coltrane was born in 1926, born the same year as Miles Davis. (By the way my father was also the same class as I was born in Taisho Era in the first year.) In short it is my father generation.
He sprinted about three times as many people as he died, and on July 17, 1967 he died of liver cancer at the age of 40. It is 51 years after death this year.The supreme love is the recording release on December 9, 1964 is 1965. Below is quoted from Wikipedia.
 An album of suite for all four parts composed by Coltrane dedicated to God. It was said that he was influenced by Kabbala's books when composing. It is said that poly rhythms that run different rhythms in parallel are influenced largely by rhythms other than melody, chords, Western music centered on the scale, other than in regions such as India and Africa. The performance of the whole body of the regular quartet was highly appreciated. Coltrane who reached one point in this work will challenge the area of ​​more acute and avant-garde free jazz afterwards. By Wikipedia 2018.07.29

First experience
 Sometimes 41 years ago I went to a university first grader and I wanted to do jazz and I went to ask the play of Morimura Kyoichiro Quartet in a restaurant named PEPE at Akagiyama.
Mr. Kyoichiro Morimura (ts), Tetsuya Morimura (ds), Masaaki Makino (g) Kazuzo Watanabe (b)
https://en.wikipedia.org/wiki/Makino Motohisa
Ever since I received a level musical shock every ten years at this time "I want to do it in this band someday" became one of my goals.
It was also this time that I learned that Aizawa-san was a senior at the same university and graduated from the main level.
I purely thought that jazz and study should do their best.

The supreme love
 This time will be the 12th participation. As it is, "understanding is going forward" should be, but it is rather a mysterious song that goes away
Professor Morimura was always attracted by the whole body and 41 people came on the day.
An unusual atmosphere like a curse that started before it started.
 Recently other musician 's performance somehow does not like somehow. I heard only the original family.It is bright or the atmosphere is too different.The supreme love to the fourth movement All songs are very tight.
Mr. Morimura, who is highly respected personally, is a cheerleader who plays music.
A pleasure to play with musically respected fellows.
Mr. Hayashi 's wonderful drumming also changes interpretation.
McCoy was drunk in the performance.
 However, I want to improve the piano a little more. I chill down my head and reflect on.
I brought it to the teacher 's lesson and reviewed.
I got a little advice and reflected. Do not forget next year.
The next production should be after one year.
The current feeling is endless after the exam of one week is over, summer holidays are coming up