2016/02/13

2016年2月〜3月のスケジュール


●2.13(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #131 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 犬塚清太(ts) 、金澤幸洋(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●2.27(土)2000 高崎/Pierrot Session小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2.28(日)1830 高崎/くものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #100
Special Guest 堤智恵子(as)、本間昌晃(ts) 
山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●3.12(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #132 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest zoo Yoshiko(vo) 、豊田勝巳(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●3.13(日)1330 前橋/中央公民館
ジャズ聴こう会 Jazz Live 
甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豐田勝己(d) Kazu Sekine(vo)

●3.13(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #101
Guest Kazu Sekine (vo) 
山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●3.26(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

2016/01/27

東日本大震災一週間前の 鍵盤とTablaのDuo Improvisation



March 04  2011  at Sangam Takasaki.
Hideaki Kohga (Keyboard, YAMAHA P-90)
Kazuki Osawa (Tabla)

It's difficult for Duo Improvisation. The work which makes mutual space and goes is an attraction.
This, interest was performed for St. Takasaki's gum on March 4, 2011 immediately. Of the keyboard and Tabla/Drums by which origin is about 23 minutes, immediately, interest, I fought two bottles.
Mr. Osawa (Sangam store manager) is the rare artist for which air is made with various rhythm in Tabla/Drums. I was also touched off here, and was the sense by which music is springing from a body, too. A performance source about 5 years before.A picture is making them overlap with a static image using rather long transition (crossdissolve). All origin pictures are original. The person who thinks of a small part dearly should need several pictures, too.

Jazz Pierrot (Takasaki)
Jazz house Augusta (Maebashi)
Yaneura (Ashikaga)
Cave Kannon (Takasaki)
Old Shinetsu-honsen, I miss it pass between the legs sixth number (Usui third bridge).
Karuizawa Oga hole
Piano plaza Gunma Schubert salon
Mt. Asama

Duo Improvisation は難しい。お互いの空間を作って行く作業が醍醐味である。
この即興は2011年 3月4日 高崎のサンガムで行われました。もとは約23分の鍵盤とTabla/Drumsの即興を二本勝負しました。
大沢君(Sangam店長)はTabla/Drumsで多種多様なリズムで空気を作ってしまう稀有なアーチスト。こちらも触発されて私も体から音楽が湧き出ている感覚になりました。
約5年前の演奏音源です。
画像は静止画像に長めのトランジション(クロスディソルブ)を使用してオーバーラップさせています。もと写真は全てオリジナル。
いくつかの写真はごく一部懐かしく思う人もいるはず。
Jazz Pierrot (高崎)
Jazz house Augusta (前橋)
屋根裏 (足利)
洞窟観音 (高崎)
旧信越本線第六号トンネル(碓氷第三橋梁)
軽井沢大賀ホール
ピアノプラザ群馬シューベルトサロン
浅間山

2016/01/09

2016年1月~2月のスケジュール

ステンドグラス(シューベルトサロン/ピアノプラザ群馬)

●2016.1.9 (土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #130
甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 阿久津安永(ts) 、山上信樹(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

◯1.19(火)前橋/夢スタジオ
 福田重男 Jazz Piano Clinic

●1.23(土)2000 足利/屋根裏
JamSession 渡辺好造(b) 甲賀英明(p) 山上信樹(dr)

●1.24(日)1830 高崎/くいものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #99
Special Guest 佐藤達哉(ts)
山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、伊藤勇輝(dr)
After Sessionあり

●1/30(土)2000 高崎/ピエロ
Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2.13(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project #131 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
Guest 犬塚清太(ts) 、金澤幸洋(d)
Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●2.27(土)2000 高崎/Pierrot Session
小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

●2.28(日)1830 高崎/くものや亮
Kuimonoya Ryo Musician`s Club #100
Special Guest 堤智恵子(as)、本間寛
山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

2016/01/03

Birdlandの調理法 Music Exploration Company Live at Es Cafe Nov. 21. 2015



About This Song
"Birdland" is a jazz-fusion instrumental composition written by keyboardist Joe Zawinul of Weather Report. The piece made its debut on Weather Report’s 1977 studio album, Heavy Weather. With Birdland at the helm of the album, the song received awards, as well as ranking high on Billboard charts. It became a jazz standard, and entered the set lists of other artists including Buddy Rich, Maynard Ferguson’s big band, The Manhattan Transfer (whose version added lyrics by Jon Hendricks), Quincy Jones, Niacin and The String Cheese Incident.

The first number of Heavy Weather where" Bird Rand" is written by keyboard player Joe Zawinul in Weather Report and is the 8th released album in 1977. This album gets album of the year of jazz in 1977. They're also a bassist and the 2nd album with which Jaco Pastrious participated. "Bird Rand" puts commercial success back and has the charm I don't have in a typical instrumental song.

This melody of Bird Rand was born taking the song recorded in 1 number of the album of an announcement "Zawinul" in 1971 and the part of the live performance as "Doctor Honoris Causa (intention of an honor doctorate)" as a start. Before Jacquot joined a band, live recording by a performance only by a pure keyboard was already recorded already, indeed the features of "Bird Rand" are picking "and" performance by harmonics with fret lessness by Jaco Pastors and a base for listening to a performance of an album and understanding.

Jazz Club Birdland
"Birdland" marked the peak of Weather Report's commercial career with the release of Heavy Weather. With the addition of Jaco Pastorius, the band was able to push its music to the “height of its popularity”, and with that came "Birdland." Weather Report's most commercially successful composition, "Birdland" served as a tribute to the New York jazz club on 52nd street that housed many famous jazz musicians. The song was also named in honor of the man after whom the club was named, Charlie Parker, the ‘Bird’ himself. It was this club, that he frequented almost daily, that inspired Zawinul to write the song. Looking back, Zawinul claimed, “The old Birdland was the most important place in my life.” (From Wikipedia Jan.03.2016)

How to play " Birdland"
Now, a base is a main song for this song. The first harmonics is beautiful. A pop theme can be written only in ZABINURU catchily. It's very difficult because of the height of its percentage of completion to break a song of Weather Report. Because a chord is complicated like a keyboard player, it's very fun. (Main theme of 1:54~) it's disturbing whether this part uses a song of strings ancestry strong in an attack or EREPI ancestry.

The start is obedient in a theme. It's to ad lib by a shuffle beat on the way. I don't like a shuffle so much. There is rarely a drummer good at a shuffle^. Whether a drum comes out at the front when why will it be a shuffle, chatters, ad lib will be, and the rhythm with the low very difficult degree of freedom.

Sound is buried, and a bad one will be the point that the sound I win becomes loud. Without burying sound in a drummer, I want you to consider the shuffle which doesn't go out to the front. They should be to which degree you do volume control of where to lay on the stress and the rhythm for which it's difficult for a drummer by its meaning where a gap is opened. A drummer is trying for various things, and is very good by this performance, but suppression will be a little more necessary to the whole.


Birdlandについて
"バードランド" はWeather Reportの鍵盤奏者Joe Zawinulにより作曲され、1977に発表された8枚目のアルバムであるHeavy Weatherの第一曲目 同アルバムは1977年のジャズの「アルバム・オヴ・ザ・イヤー」を獲得している。ベーシスト、ジャコ・パストリアスが参加した2枚目のアルバムでもある。「バードランド」は、商業的な成功を収めており、典型的なインストゥルメンタルの曲にはない魅力を持っている。

このバードランドのメロディは、1971年発表のアルバム「Zawinul」の1曲目に収録されている曲、
「Doctor Honoris Causa(名誉博士号の意)」というライヴ演奏の一部をきっかけにして生まれたものである。ジャコがバンドに加入する以前に、純粋なキーボードのみによる演奏でのライヴ録音がすでに録音済みではあったのだが、アルバムの演奏を一聴してわかるのは、「バードランド」の特徴とはまさに、ジャコ・パストリアスによるフレットレス・ベースを使用した「ピッキング・ハーモニクスによる演奏」である。

Jazz Club Birdland
バードランド(Birdland)は、ニューヨーク市マンハッタンにあった往年の名ジャズクラブ。1949年当時ジャズのメッカであった、ブロードウェイの52丁目にオープンし、ジャズの黄金時代を牽引した。名前は、チャーリー・パーカーのニックネーム「バード」にちなんでいる。1965年に閉店。その後20年の時を経て1986年にブロードウェイの106丁目で同名の店が営業を開始した。現在は44丁目に移転し営業している。
チャーリー・パーカー、レスター・ヤング、カウント・ベイシー、ジャンゴ・ラインハルト、バド・パウエル、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、アート・ブレイキー、バディ・リッチ、ダイナ・ワシントンなど、錚々たる大御所ジャズ・ミュージシャンが出演し、数多くのライヴ盤が残っている。現在でもパット・メセニー、ダイアナ・クラール、秋吉敏子、八代亜紀などが出演している。
(wikipediaより引用一部削除 2016年1月3日)

料理法
さて、この曲はベースがメインの曲である。最初のハーモニックスが美しい。キャッチーでポップなテーマはザビヌルにしか書けない。Weather Reportの曲を壊すのはその完成度の高さ故にとても困難である。鍵盤奏者的には和音の複雑さ故にとても楽しい。(1:54~のメインテーマ) この部分はアタックの強いstrings系か、エレピ系の曲を使用するか悩ましい。

スタートはテーマに従順に。途中でシャッフルビートでアドリブへ。私はシャッフルがあまり好きではない。シャッフルのうまいドラマー^は滅多にいない。どうしてシャッフルになると、ドラムが前に出てきてしまうのか、ガチガチとなってアドリブが飲み込まれてとてもやりにくい、自由度が低いリズムである。

いけないのは音が埋め尽くされてかつ音が大きくなる点であろう。ドラマーに音を埋め尽くさずに、前に出ないシャッフルを考えて欲しい。どこにアクセントを置くか、どの程度にボリュームコントロールするか、どこに隙間をあけるか、その意味で、ドラマーにとって難しいリズムのはずである。本演奏ではドラマーが色々なことをトライしていてとても良いが、全体にもう少しこらえが必要だろう。

LIVE DATA
Music Exploration COMPANY【音楽探検隊】
Tiger Kotetsu(g)@President. Hideaki Kohga(key)@Clerk, Takuya Aiba(sax & EWI)@Front Runner. Masayuki Doki(b) Hiroyuki Kanazawa (dr)@Girl Pop
November 21, 2015 at Es Cafe, Maenbashi,Mt.Akagi,Gunma.

Movie DATA
Movie : Sony HDR-PJ790V
Recording : Rolland R-26
Sound Edit : Sound Studio
Edit : Final Cut Pro X Version 10.2.2

2015/12/30

ベーゼンドルファーの黒鍵盤で爆撃中。Piano Solo Improvisation at 7th-Gunma Twitter Piano Meeting at Piano Plaza



Dec.29. 2015. 7th Gunma Twitter Piano - Meeting, Schubert-Salon, Piano-Plaza Gunma, Takasaki.

This Improvisation since then at Karuizawa Oga hole is an impromptu after seven months.
A confrontation on this day was a full concert grand piano of Bösendorfer with a black key boards.
To hear the tone of the black key boards in a just scream, not a low voice of a piano, whether it was a construction site over the unconsciousness was making a bombing sound. After a long time, a schedule is improvised and also ends whether a biological clock was wrong in 7 minutes for 10 minutes rare. There are construction and order of some level. I think some people could ask interestingly. I begin, and, it'll be that the person was marvelous.


軽井沢大賀ホールでの即興以来、七ヶ月ぶりの即興演奏。
この日の対戦相手は黒鍵盤付きのベーゼンドルファーのフルコンサートグランドピアノでした。
 困ったことに、黒鍵盤の音がピアノの低音ではなく単なる金属音に聞こえてしまう。無意識のうちに工事現場か、ゲームセンターで爆撃中のような音を出していました。
久しぶりの即興で体内時計が狂ったのか、珍しくも10分予定が7分で終了。
それなりの起承転結はついています。このピアノは始めてということと、久しぶりで傾向が少し変わったかもしれません。

何人か興味深く聞いていただけたように思います。

2015/11/30

2015年12月〜2016年1月のスケジュール

高崎ケイノートのサンタクロース
◯12.1 (火)前橋/げんき21
 Story of Songs リハーサル

◯12.8(火)前橋/げんき21
 Story of Songs リハーサル

●12.12(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #129
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 松井健(as)@店主、長井まどか(vo)  田村英里紗(dr)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●12.13(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #98
 Guest 木村レミン(vo)
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)
 After Sessionあり

●12.20(日)1930 前橋/es cafe
 Story of Songs Vol.3
 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)

●12.26(土)1930 前橋/es cafe
 木村レミン(vo)、小川由紀夫(dr)、甲賀英明(p) 宮川良好(b)

●12/29(火)高崎/ピアノプラザ群馬シューベルトサロン
 年末ついぴ群馬 即興ソロ参戦予定

--- 2016年 ------------------------------------------------------------------------------------------------


●1.9 (土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #130
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
 Guest 阿久津安永(ts) 、山上信樹(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●1.23(土)2000 足利/屋根裏
 JamSession 甲賀英明(p)  

●1.24(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #99
 Special Guest 佐藤達哉(ts)
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)
 After Sessionあり

●1/30「土)2000  高崎/ピエロ
 Pierrot Session
 小池俊明(ts)、甲賀英明(p)、天田隆(b)、富永究理(d)

2015/10/29

2015年11月〜12月のスケジュール


屋根裏/屋根
●11.7(土)前橋/Cento  (Closed)
 Kazu Sekine(vo)、Hideaki Kohga(p) Koichi Yamanaka(b)

●11.08(日)午後 高崎/さやもーる
 高崎ストリート・ライブ
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●11.08(日)高崎/さやもーる
 ジャムセッション
 ホスト 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●11.14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #128
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 小泉元樹(ts)、久井茂(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

◯11.16(月)2200 前橋/夢スタジオ
 福田重男Jazz Piano Clinic

●11.21(土)前橋/es cafe
 Music Exploration Company【音楽探検隊】
 タイガー小鉄(g),饗場拓也(as,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(dr)

●11.28(土)高崎/Jazz Pierrot
 天田隆(b)、小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、富永究理(d)


●11.29(日)前橋/柚子の家
 Kazu Sekine (vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)

----------------------------------------------------------------------------------------------


●12.12(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #129
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 松井健(as)@店主、長井まどか(vo)  田村英里紗(dr)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●12.13(日)1830 高崎/くいものや亮
 Kuimonoya Ryo Musician`s Club #98
 Guest 木村レミン(vo)
 山崎隆之(ts,ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)
 After Sessionあり

●12.20(日)1930 前橋/es cafe
 Story of Songs Vol.3
 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(dr)

●12.26(土)1930 前橋/es cafe
 木村レミン(vo)、小川由紀夫(dr)、甲賀英明(p) 宮川良好(b)

●12/29(火)
 年末ついぴ群馬 参戦予定

2015/10/28

4年目の Endangered Species / 絶滅危惧種 (Wayne Shorter) , Music Exploration Company 【音楽探検隊】



   The album, Wayne Shorter released in 1985 The first number of the " Atlantis ". Endangered Species For", intention of endangered species. There may be a lot of people who are confused at the point too different from the "Native dancer" which makes imagine the tropics in Shorter, too. This song is on the prolongation in Weather Report, and it seems to imagine the inorganic future. It's still unclear what endangered species pierces.

    The "lower line" set of the base and the guitar and the linear set on the incoherent sax and keyboard seemingly ignored counterpoint as Ana Liese of music, I interlock and go exquisitely. A liver is groove in difficult Shimogumi of a base and a guitar. It's unclear because whether the difficulty level as the performance technology of a base was high, first "Atlantis", then a baseline was driving. But this driving is far from groove sense clearly, and subtle laver has been lost. Shorter seems to have liked this song, and costarring with various artist is left for YouTube. Every time I run after a time, being intention makes it fast tempo little.

   I challenge by this band, and, the 4th year. The performance which has come here finally. A town music festival on October 4, 2015 a look/Maebashi  

October 4, 2015. Music Exploration Company at Kaze-no-Machi Music Festival, Maebashi, Gunma, Japan.
Tigar Kotetsu(g) Takuya Aiba (as), Hideaki Kohga (Key), Masayuki Doki (b), Hiroyuki Kanazawa (dr)

 1985年 Wayne ShorterがWeather Reportを脱退後に始めて発表したアルバム " Atlantis "の第一曲目。Endangered Species は"絶滅危惧種の意。Shorter の南国をイメージさせる "Native dancer"とはあまりにも違いすぎる点に戸惑う人も多いのではないか。この曲はWeather Reportの延長線上にあり、無機的な未来をイメージしているように思える。絶滅危惧種が何を指しているのかは未だに不明である。

 楽曲のアナリーゼとしては、ベースとギターの「下のライン」組と、一見脈絡のないサックスと鍵盤の上のライン組が対位法を無視したような絶妙にからみ合って行く。キモはベースとギターの難解な下組のgrooveである。ベースの演奏技術としての難度が高かったためかどうかは不明であるが、最初の「Atlantis」ではベースラインは打ち込みであった。しかしこの打ち込みは明らかにgroove感からは程遠く、微妙なノリを失してしまっている。Shorterはこの曲が気に入っていたらしく、YouTubeには様々なartistとの共演が残されている。 年代を追うごとにテンポがやや速くなってきているような気がする。

 このバンドで挑戦して4年目。ようやくここまできたという演奏。
2015年10月4日 風のまち音楽祭/前橋 
Members : Music Exploration Company 【音楽探検隊】タイガー小鉄(g)、饗場拓也(as)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(dr)

2015/09/29

2015年10月〜11月のスケジュール

無題

◯10.3(土) 1900-2200 夢スタジオ
 音楽探検隊 リハーサル

●10.4(日)16:30 (確認中)前橋/中央通り かぜの町音楽祭(メインステージ)
 Music Exploration Company【音楽探検隊】
 タイガー小鉄(g),饗場拓也(as,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(dr)

10.10(土)前橋/夢スタジオ
 MEC リハーサル

●10.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #127
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 熊川暢子(g)、豊田勝己(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession


●10.11(日)1830 高崎/くいものや亮
   Kuimonoya Ryo Musician`s Club
   Guest : 橋本潔(g)
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 終了後Session


●10.17(土)1930 榛東/主音求2 
 Kazu Sekine (vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(dr)

●10.18(日)1600 上里/ウニクス
 James K Band 
 James K (vo)、甲賀英明(p)、光田将也(b)

●10.24 (土)2000 足利/屋根裏
 JamSession
 ホスト 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)、山上信樹(d)

------------------------------------------------------------------------------------------------

●11.7(土)前橋/Cento 
 Kazu Sekine(vo)、Hideaki Kohga(p) Koichi Yamanaka(b)

●11.08(日)午後 高崎/さやもーる
 高崎ストリート・ライブ
 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●11.08(日)高崎/さやもーる
 ジャムセッション
 ホスト 山崎隆之(ts)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

●11.14(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #127
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 小泉元樹(ts)、久井茂(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

◯11.16(月)2200 前橋/夢スタジオ
 福田重男Jazz Piano Clinic

●11.21(土)前橋/es cafe
 Music Exploration Company【音楽探検隊】
 タイガー小鉄(g),饗場拓也(as,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(dr)

●11.28(土)高崎/Jazz Pierrot
 天田隆(b)、小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、富永究理(d)


●11.29(日)前橋/柚子の家
 Kazu Sekine (vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)

2015/09/19

Swan Lake / 白鳥の湖 , Tsutusmi Chieko 堤智恵子 + Kuimonoya Ryo Musician`s Club



September 6. 2015.  Takasaki Kuimonoya Ryo
Chieko Tsutsumi(as), Takayuki Yamazaki (ss), Hideaki Kohga (p)
Yasuo Sakai (b), Yuuki Ito (d)

First explanation of the original piece of music
 Three of written ballet music is called by Tchaikovsky a ballet with "Mori's beauty who can sleep" "nutcracker". The scene Moscow Bolshoi theater ballet company premieres a premiere on March 4, 1877, and by which this most famous theme is the second act.
 European Jazz Trio takes up Eugen Cicero already by jazz.

About an arrangement.
 As an unnecessary articulation wasn't put, a theme arranged not to damage beauty of the original piece of music by an obedient cord.
When it'll be ad lib, everyone undergoes a complete change, and he's a performance of laver laver in plenty. Last theme of two soprano saxophones is very beautiful.

まず原曲の解説
チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽、「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」とともに三台バレエと言われる。初演は1877年3月4日 モスクワ ボリショイ劇場バレエ団が初演、最も有名なこのテーマは第二幕の情景。
 ジャズではオイゲン・キケロ、European Jazz Trioが既に取り上げています。

アレンジについて
原曲の美しさを損なわないようにテーマは余計なアーティキュレーションをつけないようにして、素直なコードでアレンジしてみました。
アドリブになると一転して皆結構ノリノリの演奏です。二本のソプラノサックスのLast theme がとても美しい。一発リハでの演奏ですが堤さんさすがです。

2015/08/30

2015年 9月〜10月のスケジュール

2015.7.20 第20回上州音楽会 前橋夢スタジオ

●9.6(土) 1830 高崎/くいものや亮
   Kuimonoya Ryo Musician`s Club
   Guest : 堤千恵子(as)
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、

 坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 終了後Session

◯9.12(土)1200 
 Music Exploration Company リハーサル

●9.12(土)1930 高崎/ケイノート

 K Note Jazz Project #126
 Guest 樫山英人(g)、村松廣(d)
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) 
 Part 1 Geust Session 

 Part 2 JamSession

●9.13(日)1400頃〜 北本 / ヘイワールド
 荒井雅子(ds)、甲賀英明(p)、中村真理子(vo)、風早幸夫(sax)、小川秀樹(b)、加藤茂貴(per)


◯9.15 1900 前橋/げんき21
 Story of Songs リハーサル
●9.20(日)1930〜 前橋 / Es Cafe  

 Story of Songs vol.2
 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(d)

◯9.21(月)2150 前橋 / 夢スタジオ

 福田重男クリニック

●9.26(土)前橋 / 一花くらぶ
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)

●9.26(土)高崎/Jazz Pierrot
 天田隆(b)、小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、富永究理(d)


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●10.4(日)17時頃(確認中)前橋/中央通り かぜの町音楽祭(メインステージ)
 音楽探検隊
 タイガー小鉄(g),饗場拓也(as,ss)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(dr)

10.10(土)前橋/夢スタジオ
 MEC リハーサル

●10.10(土)1930 高崎/ケイノート
 K Note Jazz Project  #127
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 熊川暢子(g)、豊田勝己(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession


●10.11(日)1830 高崎/くいものや亮
   Kuimonoya Ryo Musician`s Club
   Guest : 橋本潔(g)
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 終了後Session


●10.17(土)1930 榛東/主音求2 
 Kazu Sekine (vo)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、豊田勝己(dr)
 
●10.24 (土)2000 足利/屋根裏
 JamSession
 ホスト 渡辺好造(b)、甲賀英明(p)、山上信樹(d)

●10.31(土)高崎/Jazz Pierrot
 天田隆(b)、小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、富永究理(d)
 

2015/08/03

2015年8月〜9月のスケジュール

沼田まつりにて
●8.8(土)1930 高崎/ケイノート
K Note Jazz Project  #125 @浴衣でセッション
 甲賀英明(p)、山中幸一(b)
 Guest 小林里枝(as)、金澤洋幸(dr)
 Part 1 Geust Session
 Part 2 JamSession

●8.9(日)1830 高崎/くいものや亮
   山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Guest : 小林啓一 (vib)  終了Session。

◯8.17(月) 2200 前橋 / 夢スタジオ
 福田重男piano clinic

●9.6(土) 1830 高崎/くいものや亮
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d)
 Guest : 堤千恵子(as) 終了後Session

◯9.12(土)1200 
 Music Exploration Company リハーサル

●9.12(土)1930 高崎/ケイノート
 甲賀英明(p)、山中幸一(b) Guest 樫山英人(g)、村松廣(d)
 Part 1 Geust Session Part 2 JamSession

●9.13(日) 北本 / ヘイワールド (確認中)
 荒井雅子(ds)、甲賀英明(p)、

●9.20(日)前橋 / Es Cafe  Story of Songs
 西澤雅枝(vo)、甲賀英明(p)、渡辺好造(b)、金澤洋幸(d)

●9.26(土)前橋 / 一花くらぶ
 山崎隆之(ts ss)、甲賀英明(p)、坂井康良(b)

●9.26(土)高崎/Jazz Pierrot
 天田隆(b)、小池俊明(ts,ss)、甲賀英明(p)、富永究理(d)
 

2015/07/31

Dolphin Dance ( Herbie Hancock ) : Jazz Piano Duo with Bösendorfer vs Bechstein



Dolphin danece
 Historical album of Herbie Hancock released in 1965  The fifth song of " Maden Voyage ".
This album is the album which made the" sea" which starts with" maiden voyage" a concept.

Bösendorfer vs Bechstein
 Played one is a classic meeting. It was said that they could use two pianos, and it was played by two full full concert gland pianos  with Bösendorfer vs Bechstein
 A preliminary meeting was 2 hours for once. I don't hope that you practice that time's impression too much. I meet by the policy against which an idea is bumped by site processing at the moment.
 The idea which makes a mutual image conflict is made important. Rhythm is changed. A fact gives priority. By all means continuation of the moment performance. The intention separation put together using the energy. The result collides and is a very rough performance of rolling. Oh, we'll assume that that is also good. Rhythm of a foot and a block signature of the way seem to have been fresh for a classic person. It was fascinating by various idea filling.

reflection point  
1) a chord of middle-pitch range conflicts.
2) the tempo is kept finally, but a point is TSUKKOMI a touch and the location I'm chasing from the back fairly for Toru. The cause of the difference in chords
3) it's also important not to make a sound.  It's buried badly by sound.

(The 20th time  Joshu concert  Maebashi dream studio)

■Dolphin danece
1965年にリリースされた Herbie Hancockの歴史的アルバム " Maden Voyage "の第五曲。
このアルバムは  "処女航海 " に始まる"海"をコンセプトとしたアルバムである。
 
■ベーゼンドルファーとベヒシュタインのフルコンサートグランドで...
 演奏したのはクラシックの会。二台ピアノが使えるということで ベーゼンドルファーとベヒシュタインのフルコン二台で演奏してみました。
 事前の打合せは一回2時間。この時の印象は練習しすぎると良くない。瞬間現場処理でアイデアをぶつける方針で臨む。
 お互いのイメージを衝突させる、アイデアを大切にする。リズムを変化させる。ことが優先。どうしても瞬間芸の連続。エネルギーを使い、合わせるつもりはなし。
 その結果は 衝突しまくりのとても荒っぽい演奏になっています。まあそれも良しとしましょう。足のリズムと途中のブロックサインがクラシックの人には新鮮だったようです。ただ、色々なアイデア満載で面白かった。
 
■反省点としては 
1) 中音域の和音が衝突
2) 最終的にテンポは保たれていますが、徹君はポイントがツッコミ気味、私はかなり後ろのほうから追いかけている位置となっています。和音のズレの原因
3) 音を出さないことも大切.....  音で埋め尽くされすぎ。

(第20回 上州音楽会 前橋夢スタジオ)
 

Piano Duoにまつわる2つの事件



This video recorded the performance that I and my daughter performed a piano duet in parents section of the piano society on March, 2002. "Someday my prince will come" and " When You Wish upon a Star" were arranged like " In concert style of chick Corea and Herbie Hancock". 
Parents section has disappeared for some reason from this next year.(woo!)Because I thought it to be prescription, I carry it. 
Data March, 2002 Maebashi dream studio 2F hall

親子部門消滅事件
2000年3月、娘(当時小6)のピアノ発表会の親子部門です。Disneyで有名な「いつか王子様が­」と「星に願い」をchick CoreaとHerbie HancockのIn concert風にアレンジしました。完全にジャズです。
その結果かどうか不明ですが、この翌年から親子部門が何故­か消滅。(苦笑)
時効と思いましたので掲載します。

Spain コラ事件  (Office Competition )
2007.5.19 前橋オーガスタでのジャムセッションの最後
尊敬する鍵盤弾きのcherry(Kozakura Project)さんに3年ぶりに勝負を挑みましたが、今回もあっさりノックアウト負­け。敗因は....「ビールを飲み過ぎたから」でもなく、「ピアノを選択したから」でもな­く、Cherryさん凄すぎ。



The last of the jam session in 19th May,2007 at Maebashi Jazz House Augusta 
Cherry (a keyboard player to respect from Kozakura Project) to a game after an interval of three years, but I lose by a knockout plainly this time.) of 
The cause of defeat.... The reason "is not because I drank beer too much", and the reason "is not because I chose a piano", and Cherry is too terrible.



しかし、このビデオがアメリカのMusic Video Makeovers社のMusicProducer9氏の創作意欲を刺激してしまったようです。作者からの事前の承諾確認はなく、「やられた」というのが第一印象。 脇が甘かったですね。 怖いな。それにしてもここまで凝った編集に敬服。いったい何考えてんだろ。 

cherryさんが私の秘書?。(私は上司か...) 
しかし何でゴジラが出てくるの。(苦笑) 
Fatal errorを犯したようです。 ちょっと間違えただけじゃない....(苦笑) illegal Chord used って。



YouTube投稿動画からの二次創作を防ぐ方法はあるのでしょうか?