2013/05/26

Candy, Jazz Guitar Quartet / K Note Jazz Project 100回記念

2004年9月にスタートした K Note Jazz Project 記念すべき第100回目のゲストは樫山英人氏@佐久でした。このゲストセッションを通じて音楽仲間が広がっていくことはとても楽しい。また古くからの音楽仲間である山中氏(b)、最近結婚した神山君(d)の素晴らしいサポートに支えられて続いている。
実は私が企画するという意味でのリーダーセッションはこのprojectだけである。(他はサポートが多い)ゲストの手配、二部のセッションの進行など他のライブより数倍負担は重いが、鍛えられた部分は計り知れない。写真はpart 2のJamSessionのものです。
CandyはMark David,Joan Whitney,Alex Kramerの競作で1945年に書かれ、同年にNat King Coleが最初に録音しています。このアレンジは宮之上バージョンです。
ピアノがテーマのユニゾンのブロックコードについていけず、醜態をさらしていますが、後半の勢いに免じてアップしました。この動画画像は Fujifilum X10 HDモードで撮像しています。いつもはピアノの近くに置いたRolland R-26の音声を処理してFinal Cut Xで合成処理をするのですが、録音に失敗したためこれはデジカメX10での音声のままです。
2013年5月11日 高崎ケイノート 樫山英人(g)、甲賀英明(p)、山中幸一(b)、神山昌美(d)


 The 100th guest with memorable K Note Jazz Project started in September, 2004 was Hideto Kashiyama Mr. @ Saku. It is very pleasant that a music friend spreads through this guest session. Moreover, wonderful support of Mr. Yamanaka (b) who is a longtime music friend, and Mr. Kamiyama (d) who got married recently is supported and followed. The leader session in the meaning that I plan in fact is only this project. (Others have much support)
The portion trained in the leader session although the several time burden was heavier than other live, such as a guest's arrangements and advance of the session of two copies, is unfathomable. photograph is a thing of JamSession of part 2.
 Candy is written by competitive production of Mark David, Joan Whitney, and Alex Kramer in 1945, and Nat King Cole is recording it first in the same year.
 This animation picture is picturized in Fujifilum X10 HD mode. Although the sound of Rolland R-26 always placed near the piano is processed and a compositing process is carried out by Final Cut X, since recording went wrong, this is still a sound in the digital camera X10.
May 11. 2013 Takasaki K Note , Hideto Kshiyama(g) Hideaki Kohga(p), Koichi Yamanaka(b), Masami kamiyama(d)