2013/05/02

年の差なんて..... Not a problem in the difference of age ?

It is not a problem in the difference of age.
The guest of the Takasaki K Note Jazz Place on April 14, 2013 was Mr. Hosoya of the Gunma University Aramaki jazz group of 20 years old.
Jazz is completely wonderful music.
If it is performing together, he will not be conscious at all in the difference of age.
honest -- his age is younger than two children of mine.
I am merely surprised by the powerful language nature of music called jazz.
Even so, I think that a piano wants to become skillful to a slight degree.
I am dissatisfied to my piano performance as ever.
If the standard of jazz is flipped repeatedly, it will run against a wall.
Music called this Green Dolphin Street is disagreeable music weak for me at the point that an idea does not come out easily.
It is difficult to convert the way of thinking very much. Does it say also by a standard spell?



"年齢の差なんて問題ではない" ようです。
2013年4月14日の高崎ケイノートのゲストは20歳の群馬大学荒牧ジャズ研究会の細谷君でした。
まったくジャズというのは不思議な音楽です。
一緒に演奏していると年齢の差なんて全く意識されない。
正直彼の年齢は私の二人の子供よりも若いのであるが。
私はジャズという音楽の強力な言語性にただただ驚かされます。
それにしても私はもう少しピアノが上手くなりたいものです。相変わらずぎくしゃくとしていて、私は私のピアノ演奏に不満足。
ジャズのスタンダードは何度も繰り返し弾いていると壁に突き当たってしまうことが多いものです。
このGreen Dolphin Streetという曲はなかなかアイデアがでてこないという点で私にとって苦手な、嫌いな曲です。
なかなか発想を転換するのは難しいものです。スタンダードの呪縛とでも言うのでしょうか?