2013/05/05

Huge Earthquarke Ⅱ、被災ピアノ復活コンサート piano improvisation


This piano solo improvisatorial is the Takasaki synthesis welfare center on August 2, 2011.   It is performed in the disaster piano revival concert held in the egg hole. (However, it edited for the first time in May, 2013.) Improvisatorial of the theme of a great earthquake is at the beginning of this blog.   There is a performance in the Maebashi dream studio (April 17, 2011). Piano solo improvisatorial is hardly performed in the same motif, and if it compares, it will be based on the difference in the used piano. Thinking, when performing piano solo improvisatorial is only the following two.
1.  Image of the First Scenery
2.  Image of Scene Conversion Three - 4 Times
All are dialogs with the piano after a performance starts.
It was the Bösendorfer fur by which the first performance was soaked in 1923 make Bechstein in a dream studio, and the latter was soaked in sea water. Both were "the feelings used as the piano in the cartridge" sensuously. It seemed that it was rather crying although Mr. Bechstein refused me and the Bösendorfer fur was sensuously correct.


このピアノソロ即興は2011年8月2日に高崎総合福祉センター たまごホールで開催された、被災ピアノ復活コンサートで演奏されたものです。(ただし、2013年5月に初めて編集しました。)
大震災をテーマとした即興はこのブログの冒頭で 前橋夢スタジオ(2011年4月17日)での演奏があります。 http://choro2648.blogspot.jp/2011/10/huge-earthquake-tsumami-and-prayer.html
同じモチーフでピアノソロ即興を行うことは殆どなく、比較してみると、使用したピアノの違いが大きい。瞬間瞬間で指先とピアノとの会話から成り立つものなので脳で考えている暇はありません。
ピアノソロ即興を行う場合に考えることは次の二つだけです。
1. 最初の風景のイメージ
2. 場面転換のイメージ 3回-4回
全ては演奏が始まってからのピアノとの対話です。
最初の演奏は夢スタジオでの 1923年製ベヒシュタイン、後者は海水に浸かったベーゼンドルファーでした。どちらも感覚的には「ピアノに弾かされている感覚」でした。どちらかと言うと、ベヒシュタイン婆さんは私を拒絶し、ベーゼンドルファーは感覚的には合っていましたが、恐怖と怒りを私の指を使ってピアノが訴えてました。