2012/07/28

至上の愛2012 Part 2 " Resolution " 森村恭一郎カルテット

A Love Supreme is a studio album recorded by John Coltrane's quartet in December 1964 and released by Impulse! Records (catalogue number AS-77) in February 1965. It is generally considered to be among Coltrane's greatest works, as it melded the hard bop sensibilities of his early career with the free jazz style he adopted later.
 The album is a four-part suite, broken up into tracks: "Acknowledgement" (which contains the mantra that gave the suite its name), "Resolution", "Pursuance", and "Psalm." It is intended to be a spiritual album, broadly representative of a personal struggle for purity, and expresses the artist's deep gratitude as he admits to his talent and instrument as being owned not by him but by a spiritual higher power.

July 17, 2012 A Love Supreme Part 2 " Resolution "
Kyoichiro Mromura Quartet
Kyoichiro Morimura (Ts)、Hideaki Kohga (p)、Koichi Yamanaka (b)、Yukio Ogawa(d)
至上の愛 全曲演奏 (2012) 高崎ケイノート 森村恭一郎カルテット

 至上の愛 全曲演奏も6回目の参加 今回が最後と言いつつ今年も参加。

タイムマシンで遡ると...1977年の秋、ワタクシが大学に入ってジャズをやりたいけど何やっていいのか全然わからん時代。赤城山の店で森村恭一郎カルテットのライブがありました。

メンバーは 
 森村恭一郎ts ss、牧野元昭g、森村哲也ds、渡辺好造b 

 私の人生の転落を決定づけたライブでした。いつかこのバンドでやりたい!と学生時代はいつも意識していました。 
森村兄弟は1975年に伝説の橘レコード「相澤徹カルテット」をレコーディング直後の全盛時代。(写真参照 kozoさんがいる!) 

 ちなみに相澤さんは私の大学の大先輩でウチの大学の1975年主席卒業 ピアノも本業もずっと目標にして来ました。(第二内科の教授選に落ちたのは正直残念..) ピアノが壊れんばかりの極めてパワフルなピアノでした。 
 このレコードのプロデューサーの橘氏(赤谷湖ドライブインのオーナーであった)は数奇な運命を辿り、その後猟銃自殺を遂げたとのこと。 
  
いわゆる人格形成期とでもいうのかなあ。 

 1992年1月25日 高崎ピエロの入り口のドアを開けると、そこはサンバのリズムで聴衆が踊り狂っていた。ワタクシは圧倒されて、一緒に踊ってしまった(笑)。 

 その日の演奏は森村恭一郎Quartet (森村恭一郎ts、ss、森村哲也ds、天田隆b、ピアノは確かカセ○さん)、そのまま、私は森村カルテットのピアノの座を奪い取り(大袈裟だけど)以後1999年1月23日まで記録上70回のライブに参加した。 

 とにかく鍛えられました。realbookを順番にやるバンドはそうそうざらにはない。このバンドの共演者は相当みんなボロボロに言われる。    
                                                                            ( mixiの日記 2005年11月28日 より、転載一部改変)