2011/12/23

ASAYAKEの料理法




原曲のリズムパターン、リフの完成度が高いほどアレンジするのは難しい。これほど料理しにくい曲はない、と思われるASAYAKEをなんとかならないものか、とない知恵をひねってみる。

問題は例のギターのカッティングのフレーズ=ASAYAKE であること。
あれがないとASAYAKEにならないし….。
鍵盤でそれをやりたくなかったので中盤は中途半端。後半でテーマが鍵盤に移ったあとのサビのところを思い切って4ビートにしたのが精一杯。試行錯誤中です。
もう二息ですな。まだまだ。ラテンにしちゃうか。
Music Exploration Company 
タイガー小鉄(g)、甲賀英明(key)、道木正之(b)、金澤洋幸(d)
場所 : 前橋 / Jazz House Augusta
録音 : Roland R-09 44kHz
ASAYAKE
カシオペアの、というよりジャパニーズ・フュージョンの代名詞的な曲である。タイトルどおり「朝焼け」を連想させる曲。初収録は2枚目のアルバム『SUPER FLIGHT』。その後『EYES OF THE MIND』『MINT JAMS』にもアレンジを変え収録。このMINT JAMSバージョンはこの曲の人気を不動のものとし、今日のライブでも必ず演奏される代表曲となった。ラスト・ナンバーまたはアンコール・ナンバーとして演奏されることが多く、サビでリズムに合わせ聴衆が拳を上げるのが習慣。曲のイントロのギターカッティングのフレーズは、楽器店でギター小僧が試奏する定番でもあった。1995年にはKey of Life(クレジットは「Key of Life + YUKI MORI & GAKU」)が「ASAYAKEの中で」の題名でカバーしている。 by Wikipeda