2013/04/20

Rachmaninov Piano Concerto No.2 3rd movement , Jazz Piano Trio

Rachmaninov Piano Concerto No.2 3rd movement , Jazz Piano
Music, such as a classic and a children's song, has very many outstanding materials, and it is very pleasant work to jazz-ize these. When I always consider the piano trio dealing with non-jazz music arrangement, a near motif is decided and acting before the audience is faced one music in the rehearsal for about 10 minutes. A problem in case Jazz carries out the material of the classic music has the serious trap where a code does not advance per 4 vibrant tunes and which is a code per 4-8 vibrant tune of not carrying out introduction development turn and conclusion. Although this performance created the code musical score, it has sense of incongruity strong against a code advancing per 3 vibrant tunes, and became the last arrangement of deleting 1 vibrant-tune insertion and a certain portion into the portion in a musical score original without a method. I fell into "the spatial perception obstacle of jazz" in this performance, and have lost the current position. I am very ashamed.
April 14 2013 Hideaki Kohga(p)、Yasuo Sakai(b)、Yuuki Ito (d) Kui,monoya Ryo Takasaki

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番 第三楽章 ジャズピアノトリオ
クラシックや童謡といった曲は優れた素材がとても多く、これらをジャズ化することはとても楽しい作業です。いつも非ジャズ曲を題材としたピアノトリオのアレンジを考える場合、おおよそのモチーフを決め、凝ったアレンジを避け、一曲10分程度のリハーサルでのぶっつけ本番に望みます。
クラシックの曲をJazzの素材する場合の、4小節単位でコードが進行しない、4-8小節単位でコードの起承転結しないという重大な落とし穴があります。この曲はコード譜面を作成したあと、3小節単位でコードが進行することに強い違和感があり、仕方なしにオリジナルの譜面にある部分に一小節挿入、ある部分を削るという苦肉のアレンジとなりましたが、「ジャズの空間認知障害」で見事にロストしました。とてもお恥ずかしい限りです。
ちなみの28小節単位。小節を修正しても 8小節+16小節+4小節(合計28小節)というトリッキーな小節の構成でした。
2013年4月14日 甲賀英明(p)、坂井康良(b)、伊藤勇輝(d) くいものや亮 / 高崎市