2013/08/21

Gospel-Like " Let it be " Jazz Piano Trio August 14. 2013

Gospel-Like " Let it be "  Jazz Piano Trio, August 14 2013.


Pual McCartneyの名曲。原曲の完成度が高いので、この手の曲のアレンジ極めて難しい。もともとゴスペルをイメージしている曲ですが、ここではさらにキース風のゴスペルっぽくしてみました。本番前の一発打ち合わせの注文は「ゴスペルっぽく、ベース、ドラムに自由にやってください。途中ノリノリで.....」いつも通り完成度低いものの、色々なアイデアで出て面白い。もう少し、自由に飛んで行きたかったけど......

「レット・イット・ビー」(Let It Be)は、1970年3月にビートルズが発表した22枚目のオリジナル・シングル曲であり、同バンド活動中の最後のシングル盤となった。実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。
ポールは、当初からこの曲をゴスペル風に仕上げることを考えていたようで、実際にビリー・プレストンに「ゴスペルっぽくするにはどうしたらいい?」と質問して来た、とビリー本人が語っていた。そして、ビリーのアイデアを基にゴスペル風のオルガンとコーラスを取り入れたという。ビートルズのラスト・アルバムとなった映画『レット・イット・ビー』のサウンド・トラック盤『レット・イット・ビーに収録された曲である。
ポールは、1969年のゲット・バック・セッションでビートルズが分裂状態になりつつあるのを悲観していた頃、亡き母メアリー・マッカートニーが降りてきて「あるがままを あるがままに(全てを)受け入れるのです」と囁いた。そのことにインスピレイションを受けて書いた、と言われている。      ( By Wiki )

"Let It Be" is the original single music of the 22nd sheet which the Beatles announced in March, 1970, and became a single of the last under the band activity. Lennon = McCartney's work. It is the musical piece which McCartney made substantially. The lead vocal is Paul McCartney. Billy himself was saying that seemingly it was "gospel and had actually asked it to Billy Preston ?" that it should do what for carrying out as the pole considered finishing this music in the style of gospel from the beginning. And it is said that the organ and chorus of the gospel style were taken in based on Billy's idea. It is the music recorded on sound track board "Let It Be of the movie "Let It Be" used as the Beatles' last album. When the Paul was pessimistic of the Beatles being in a division state in the get back session in 1969, deceased mother Mary McCartney got down and it whispered "  Let It Be,   Be about as, but accept in as (all)."It is said that it wrote to that in response to the inspiration.  ( by Wiki )


Hideaki Kohga (p)、Yasuo Sakai (b)、Yuuki Ito (d)
Kuimonoya Ryo , Takasaki . Gunma, Japan.