2016/03/22

熱く激しい " Feelings " Jazz Piano Trio


「愛のフィーリング」(原題は、Feelings)は、ブラジルのシンガーソングライター・モーリス・アルバート(Morris Albert)が1975年にリリースしたシングル。
作詞および作曲は、モーリス・アルバート。ビルボード(Billboard)誌では、1975年10月25日に、週間ランキング最高位の6位を獲得しています。ビルボード誌1975年度年間チャートでは4位。ビルボード誌の集計では、モーリス・アルバート最大のヒット曲となった。ブラジル、ベネズエラ、チリ、メキシコで、週間チャート1位を獲得した。また、ビルボード誌の集計では、ロック時代(1955年7月9日以降)のブラジル人アーティストの曲としては、最高位を記録した。 (ウイキペディアより引用)

この演奏ではピアノのテーマはシンプルに演奏を心がけました。コードの細かいニュアンスをつけるの難しい。ピアノ・トリオを構成するためには、ベースのパターンとドラムパターンのアイデアを話し合うことから始める必要があります。ベースとドラムのイメージができたところにちょこっと乗っかる位がバランス的には良さそうです。
私のアドリブは熱く、激しくなってしまいましたが、ドラムとベースは冷静でした。非定型のリズムですが、ドラムのアイデアとピアノのアドリブに対する反応が素晴らしい。

2016年3月13日 くいものや亮  高崎
甲賀英明 (p),  坂井康良(b)、伊藤勇輝(dr)

"Feelings" is a 1974 song with lyrics written by Brazilian singer Morris Albert, set to the tune of "Pour Toi," separately composed by Louis “Loulou” Gasté in 1957. Albert recorded "Feelings" as a single and later included it as the title track of his 1975 debut album. The song's lyrics, recognizable by their "whoa whoa whoa" chorus, concern the singer's inability to "forget my feelings of love". Albert's original recording of the song was very successful, performing well internationally. "Feelings" peaked at #6 on the pop and #2 on the Adult Contemporary charts in America.
                         by Wikipedia 2016.3.21
A theme of a piano provided for a performance simply by this performance. Because an idea with the drum pattern is discussed with the pattern of the base, it's necessary to begin to compose a piano trio. I take the place where you could have a base at an image of a drum a little, to the extent, it seems good in balancing way.My ad lib had become intense hot, but the drum and the base were still. It was difficult to put the small hue of the cord.

March 13,  2016.
Kuimonoya Ryo Takasaki,
Kuimonoya Ryo Musician`s Club, Opening Performance
Hideaki Kohga(p), Sakai Yasuo (b) Yuuki Ito (d)