2017/01/03

2016年の音楽活動のまとめ

2016.4.30 屋根裏セッション
【はじめに】    
 週末鍵盤弾きは平日の活動は不可なので、現在演奏回数はほぼ飽和状態である。そんな中で、2016年の演奏活動を分析し、2017年の対策を考える。あくまでも自分の記録を目的とし、5年後に参考となるように。

【対象と方法】
 演奏データベースを元に、対象期間、2016年1月~12月の演奏活動 ライブ、演奏、他を含む 後日閲覧した場合に参考となるようにできるだけ数字を記載する。傾向と反省と対策を考える。

【結果】  総公演数     62回
 レギュラーセッション                    34回
 イレギュラーセッション& 単発企画  16回
 クラシック関係                       3回
 セッション                                     9回

1)レギュラーセッション (合計34回)
 ◯ケイノート  K Note Jazz Project  (#130 - #141)  12回皆勤
  プロのゲストは犬塚悠太 清水賢二、浦上眞紀  ゲストは Sax 7名 Vocal  6名 Guitar 1名
  ドラマーは月変わりで金澤君3回、山上さん2回 豊田君、登坂君、吉原先生、大藤君、斎藤さん、井田君 田村さん 一づ 
  つ。ベースは9月の好造さんに依頼。  集客は8名ー23名 (平均14.3名 最高は7月の饗場君 23名)
  →まあよく続いている。「継続は力」となっているかどうかは疑問がある。山中氏が疲れないように配慮が必要。ヴォーカ 
  ル6名は意外。ドラマー月替り依頼が少々大変であるが、ドラマーが変わると音楽が変わるのが面白い。群馬は優秀なドラマ
  ーが多い。

 ◯くいものや亮 くいものや亮Musician`s Club (#99 - #110)  12回皆勤
  Saxは5名、Vocal3名、vib1名、Guitar1名 tb一名 cello&Violin 1名  プロのゲストは 佐藤達哉、堤智恵子、岡田嘉満
  伊藤君(Dr)が7月~12月まで休み 2017年1月から復帰予定 ドラムは斎藤さん2回、大藤君、金澤君、小川さん、久井君
  1回ずつ。集客は7-21名(平均16.3名  最高は4月の小林啓一さん21名)
  →1000円プレート月で投げ銭でやって来たが資金不足になり、来年から1500円プレート付きになる予定 山崎さんの負担は
  とても大きいが、リーダーセッションでないだけに私は楽をしている。月一回の前座トリオはとても楽しい

 ◯ピエロセッション(#201-210)   10回参加(7月10月は休み)
  フロントは小池さん7回、饗場君1回、小泉君2回
  →集客は7-11名 (平均8.2人 10名入ると一杯の店ではあるが。 最近やや少ない)
  →私も1992年以来お世話になっているが、マスターが疲れたのか来年から毎月定例でなくなる

<イレギュラーセッション, 単発イベント>    14回               
 ◯屋根裏セッションホスト(1/23、4/30、7/23)3回
 ◯Story of Songs (5/15上里  8.21 es cafe)    2回
 ◯音楽探検隊 (前橋かぜの街音楽祭 10/2) トリ前に出演。→音楽探検隊の活動が少ない。饗場君が抜けた影響は否定できない 
  が、誰がPromoterとなるかが問題

 □ジャズ聞こう会(3/13)前橋中央公民館 聴衆300名! 来年も依頼されている。
 □高梨水口片山トリオ+1(5/21) プロ三人との共演、自分の足りない所を実感。
 □J Coltrane追悼コンサート(7/16) 35名の大入り 渡辺好造(b)、手島健吾(dr)で近年では出来は良かったようだ。
 □香文木Fusion Session(7/30) 雅子さん企画 鴻巣でのセッション
 □群馬ジャズフェスティバル(9/4) Tomoko with K.T.Y.T  2012年以来の出演
 □小児科荒川教授招待演(10/7  高崎メトロポリタンホテル 甲賀山中豊田)
 □高崎ストリートライブ(10/10)
 □太田まちなかフェスティバル(10/30) 
 □本庄児玉医師会忘年会(12/16 埼玉グランドホテル本庄 レミンバンド
 □甘糟Kazuバンド (12/23 主音求Ⅱ)

<クラシック関係> 3回                      
  第二回Opus群馬(シティギャラリーコアホール)即興
  第三回Opus群馬(夢スタジオ) 甲賀久保園duo
  第八回年末ついぴ群馬(ピアノプラザ)
 ピアノ・ソロ即興は2回と少ない。久保園氏とのduoは画期的な企画。

<セッション>9回                                
 医学ジャムセッションは4月5月に参加以降サボっている。要努力
 出張@セッションがアコジャム(新規)だけでした。要努力

【考察】
 まずは全ての共演者に感謝します。さてピアノがうまくなるためには良い演奏を聴くこと、自分の演奏を客観的に(動画等で)聞いて反省することが大切。プロとの共演は8回あったが、プロのライブの鑑賞をほぼしていないという重大な問題
 題。折角の師匠のライブも行けていない。(最重要改善事項であろう) 高梨片山水口セッションはリズム感の悪さを露呈し
 た。レギュラーセッションではケイノートは141回まで終了。継続は力になっているかどうか疑問である。ベースに対する配慮
 と企画を考える必要がある。くいものやは値上げ、ピエロ不定期化と変化がある。vocalとの共演は16回 近年増加傾向。以前
 は歌伴に抵抗かつ苦手意識があったが、師匠のピアノを聞いてから考えが変わった。ドラマーと一緒に勉強が必要だろう
 群大医学部セッションが折角4月から始まったが6月以降参加できていない。出張@セッションも要努力。 と努力目標ばかり
 となってしまった。関口梨園ジャズ・フェスがなくて寂しかった。

<カウント番外>
 福田先生レッスン 結局8回受講 続けることが目標. これは間違いない。福田先生からはいつも〇〇と言われている。


        Summary of music activities in 2016 and reflection

        Hideaki Kohga, A Weekend Keyboard Player.



【Introduction】Activities on weekends are impossible on weekdays, so the number of performances is almost saturated now. Under such circumstances, analyze the performance activities of 2016, think about measures in 2017. To be a reference in 5 years.

【Target and method】Based on the performance database, describe the figures as much as possible to be helpful when browsing at a later date including live performances from January to December 2016, performances, and others. Think about trends, reflections and countermeasures.
【Result】 62 total performances
 Regular session 34 times
 Irregular session & single project 16 times
 Classical relationship 3 times
 Session 9 times

1) Regular session (total 34 times)
 ◯K Note Jazz Project (# 130 - # 141) 12 times annual month
Professional guests are Inuzuka Yuta,  Shimizu Kenji, Urakami Maki. Guests : Sax 7 people Vocal 6 people Guitar 1 name.   Drummer changed each months.  3 times Kanazawa, Mr. Yamagami 2 times Toyoda, Mr. Asuka, Mr. Yoshihara, Mr. Ofuji, Mr. Saito, Mr. Ida and Mrs. Tamura once.   One I asked Mr. Kozo for the base in September. The number of audiences  attracted 8 to 23 (average 14.3. highest is 23 Mr. Aiba in July)
→ It continues well. It is doubtful whether "continuation is power" or not. Consideration is necessary so that Mr. Yamanaka will not get tired. Voca 6The name is surprising. Request of drummer monthly change is a little hard, but when the drummer changes, music It is interesting to change. Gunma has many excellent drummers.

◯ Kuinonoya Ryo  Musician`s Club (# 99 - # 110) 12 times annual month
Tests : Sax is 5, Vocal 3, vib 1, Guitar 1 tb 1 cello & Violin 1 Professional guests are Tatsuya Sato, Chieko Tsutsumi, Yoshimizu Okada
Mr. Ito (Dr) is absent from July to December and is scheduled to return from January 2017. Mr. Saito twice, Mr. Ofuji, Mr. Kanazawa, Mr. Ogawa, Mr. Kui 1 By times. The number of audiences attracted 7-21 (average 16.3 highest is 21 people Keiichi Kobayashi in April)
→ 1000 yen It arrived at the plate month, but the funds are bottomed and planned to be with 1500 yen plate from next year The burden of Mr. Yamazaki is. The burden of the facilities is large, but this place is being made easy.

◯ Pierrot session (# 201-210) 10 times participation (July October are absent)
Mr. Koike 7 times, Mr. Aiba one time, Mr. Koizumi 2 times
→ 7 - 11 people attracting customers (average number of 8.2 people 10 people entered a shop, but somewhat less)
→ I have been indebted to since 1992, but my master got tired or not become regular monthly from next year

<Irregular session, single event> 14 times
◯ attic session host (1/23, 4/30, 7/23) 3 times
◯ Story of Songs (5/15 Kamisato 8.21 es cafe) 2 times
◯ Music Exploration Company  (Maebashi Kaze no Town Music Festival 10/2) 
→ There is little activity of music exploration Company. I can not deny the influence that Mr. Aiba passed.

□ Jazz listening party (3/13) Maebashi Central Public Hall 300 audiences I am also asked next year.
□ Takanashi Mizuguchi Katayama Trio + 1 (5/21) Co-star with three professionals, I realize that I am missing it.
□ J Coltrane Memorial Concert (7/16) Including 35 people Daichi Watanabe (b), Kengo Teshima (dr) Enrich the contents
□ Koubunboku Fusion Session (7/30)  Masako's planning
□ Gunma Jazz Festival (9/4) Tomoko with K.T.Y.T .  Appearance since 2012
□ Pediatrics Professor Arakawa Professor's invitation (10/7 Takasaki Metropolitan Hotel Koka Yamanaka Toyota)
□ Takasaki Street Live (10/10)
□ Ota Townscape Festival (10/30)
□ Honjo Kodama Medical Association Year-End Party (12/16 Saitama Grand Hotel Honjo Remingband
□ Sweet Kazu Band (12/23 Tonight Request Ⅱ)

<Classic relationship> 3 times
2nd Opus Gumma (City Gallery Core Hall) Improvisation
The 3 rd Opus Gumma (Yume Studio) Kohga-Kubosono duo
The 8 th year-end twitter piano meeting  (piano plaza)
Piano · solo improvisation is few as 2 times. Duo with Mr. Kubo is an epoch - making project.

<Session> 9 times
The medical jam session has been skipped since joining in April of May. Effort required
The business @ session was only Akjam (new). Effort required

【Discussion】
 First of all we must thank the co-star. Well, in order for the piano to become better you should listen to good performance, objectively perform your performance. It is important to listen and reflect. There were 8 collaborations with professionals, but a serious problem that he did not nearly see the professional live appreciation. Of I can not go to the teacher's live. (It will be the most important improvement item) 
 The Takanashi Katayama Mizuguchi session revealed bad rhythm.
In the regular session, Keynote ends up to 141 times. It is doubtful whether continuation is power. Consideration and planning for the base.  It is necessary to think about. There are variations and price changes for crocodiles, cheap irregularities and changes. Impression that co-star with vocal has increased 16 times in recent years. Studying is necessary with the drummer . The group large medical school session started from April, but I have not been able to participate since June. I also made efforts to make a business trip session. And it was only my effort goal.
I missed Sekiguchi Nash en Jazz Festival.

<Count out of order>
Mr. Fukuda Lesson Eventually I attended eight times
Lesson opportunity is ten times. Two goals off, the goal is to keep canceling once