2013/07/17

不幸せにさようなら! Bye Bye Blackbird Jazz Piano Trio

"Bye, Bye, Blackbird" is a song published in 1926 by the American composer Ray Henderson and lyricist Mort Dixon. It is considered a popular standard and was first recorded by Gene Austin in 1926. 

There is much speculation about the meaning of the song. At least two commentators (using the same source) attribute the song to a prostitute's leaving the business and going home to her mother. As such, it is the opposite of "House of the Rising Sun," where the prostitute returns to the business.The reason for the song's apparent ambiguity is that the opening verse and the verses about the bluebird are rarely sung.      from Wikipedia

          幸せの「青い鳥」に対して、不幸せの「黒い鳥」。「僕はこれから彼女のもとに行って幸せになるんだ。だからもう、君とはお別れだね、黒い鳥」と、一見、不幸せにバイバイする曲なのですが、さて、そんな甘いラブソングなのだろうか。

 1926年、最初にレコーディングしたのはジーン・オースティン。でも、コメディアンで映画俳優エディ・カンターが歌いポピュラーになり(同年『Kid Boots』という映画に出演しているので、これと関連あるのだろうか)、1954年のカンターの伝記映画にも使われた。カーメン・マクレエやサミー・デイビス Jr.の名唱でも知られる。1999年度トニー賞で3部門を受賞したミュージカル「フォッシー」でも歌われた。だからラブソングではあるのだけど、Blackbirdは「黒人」の隠喩でもあり、それを「不幸の権化」みたいに歌われるのはマイルスの好みではないはず(エディ・カンター自身、黒人芸人バート・ウイリアムズの息子役として黒人に扮するブラックフェースが持ちネタだった。差別的な意図はないと思われる)。 from  W& R Jazz と読書の日々 http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20060819                                                                                   


ドラムの水野君とはセッションで何度かご一緒しましたが、ライブでは初めて、殆ど打ち合わせの時間もとれずぶっつけ本番でしたが、クレバーなピアノトリオ向きのドラムでしたね。
2013年7月6日 前橋テルサロビー かぜのまち音楽祭プレイベント
甲賀英明3、甲賀英明(p)、坂井康良(b)、水野伸一(d)