2012/01/02

Takasaki Piano Plaza Improvisation Dec.29, 2011

What I need to improvise, good temperament and good piano, fingers half an hour break, and health management (my job difficult) is. Landscape, color, conversation and piano motif feelings freely. I often stall, instead of thinking in good condition with head, fingers remembers the feeling begins to move freely. Debussy is garbled ending drunken Richard Tee.

Splendour in concert on the 9th December 2011 29
Schubert Piano Salon Plaza in Takasaki, Gunma Gunma
Steinway piano-type D (274cm) made ​​in 1989, signed by Ashkenazi parents
H. Kohga play





即興に必要なものは、良いピアノと良い調律、一時間半の指慣らし、そして体調管理(仕事柄なかなか難しい)です。風景、色、感情をモチーフとしてピアノと自由に会話をしま­す。­失速することも多いのですが、調子が良いと頭で考えるのではなく、指が勝手に動き出す感覚を覚えます。酔っぱらったドビュッシーがリチャードティーに化けて終了。

2011年12月29日 第9回 華麗なる上州音楽会 
群馬県高崎市 ピアノプラザ群馬 シューベルトサロン 
ピアノスタインウェイD型(274cm)1989年製、アシュケナージ親子のサイン入り
演奏 甲賀英明


<追加>滅多に聞きにこないカミさんの感想。(この会はクラシック系のピアノサークル、娘のカプースチンを聞きにきたついでに...)
「昔よりちょっとうまくなったけど、相変わらずクラシックの人と比べるとタッチが汚くてうるさい」


・・・ごもっともで。
私がこの会に参加している目的はずばり「タッチ」をなんとかしたいということです。