2014/07/22

Acknowledgement, A Love Supreme Part 1. July 17, 2014 , Kyoichiro Morimura Quartet




リーダーの森村先生(ts) の口癖  ”我々は毎年7月17日は Coltraneの追悼コンサートをやらなければならない”という言葉で最初に始まったのは 2006年7月17日でした。
今回は8回目の演奏になります(一回休)。drummerは4人目になりますが、Sax,  Piano、Bassは固定したメンバーでの演奏です。森村先生の危機感迫る、緊張感溢れる演奏は35年前と全く変わらない。

ピアノは相変わらず酔っぱらったマッコイタイナーのようですが、最初のイントロのところで私は既に指がつっておりました。イントロが予想外に長かった。それにしても難しい曲です。

Mr. Morimura, the leader said in this way. " We have to do the mourning concert of John Coltrane on July 17 every year. " It is that I performed " A Love Supreme " first as a mourning concert of John Coltrane on July 17, 2006.  It becomes the 8th trial this time. Mr. Morimura's performance is filled to the urgent feeling of tension.  Although it was a piano like " drunken McCoy"  the finger had already allured me in the place of the first intro. The cause is because the intro was performed for a long time unexpectedly. Even so, it is difficult music. 

July 17, 2014  Takasaki K Note. Gunma, Japan
Kyoichiro Morimura (ts)、Hideaki Kohga (p)、Koichi Yamanaka (b)
Kengo Teshima (dr)